公務員の仕事のリアル

【経験談】公務員は確実に「ホワイト」です【ブラックだと感じる人は?】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

公務員って本当にホワイトなのかな?
ホワイトなところに就職したい。
公務員はホワイトって言われたり、逆にブラックとも聞く。
どっちなのか、本当のところを知りたい。

 

公務員はホワイトのイメージが強い一方、ネット等ではブラックと言われることもある職業です。

多くの大学生や社会人は、ホワイトな企業や省庁で働きたいと思うはず。

Hiroshi
Hiroshi
両極端なことを言われると、なかなか迷ってしまいますよね。

そこで今回は公務員はホワイトかについて取り上げます。

 

本記事の内容

  • 公務員はホワイトなのか?
  • 公務員のホワイトな部分
  • 公務員のブラックな部分

この記事を書いている僕は、県庁に勤めた経験を持つ元公務員。

本記事は僕自身の実体験をふまえつつ、本音を書いていきます。

 

この記事を読むことで、将来的な職業選択をする際の1つの参考になるはず。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

※動画でも話しているので、文字を読むのが面倒な方はぜひどうぞ。

公務員はホワイトなのか?

公務員はホワイト?ーA.「ホワイト」の定義によって変わる

まずは単刀直入に「公務員はホワイトなのか」から。

これは「ホワイト」をどう定義するかによって異なります

基本的に公務員はホワイト

一般的な「ホワイト」のイメージで考えると、公務員は十分ホワイトです。

  • 安定した給料がもらえる
  • しっかり休める
  • 職員・社員を守る制度が整っている
  • ゆとりを持って働ける

上記はいずれも「ホワイト企業」をイメージした時に出る要素かと。

詳しくは後述しますが、この全てを公務員は満たしています。

 

給料は年功序列で上がり、ボーナスも1年に給料の4ヶ月分ほどが支給されます。

また、土日祝日が休みなのに加えて、有給休暇の取得数も民間よりも多いです。

関連記事:【経験から語る】公務員は有給休暇が取りやすい!

 

職員を守る体制も整っている上、公務員の仕事は数字に追われることもありません。

総じて、私生活の充実と精神的なゆとりを考えると、公務員は確実にホワイトです。

公務員をブラックだと感じる人もいる

ホワイトの条件は、適正に評価してもらえること!
頑張ったら頑張った分だけ給料に反映してくれるのがホワイトだと思う!

しかし、ホワイト=適正な評価と考える人には、公務員はブラックだと感じるはず。

前述のとおり、公務員は給料が年功序列で上がっていきます。

つまり、頑張っても頑張らなくても給料は横並びです。

 

出世や給料に差がつき始めるのは40代頃から。

しかし、それでも特筆するほど大きな差にはなりません。

部長まで出世しても最終的に年収1,000万円程度なのに対し、まったりして出世しない人も、最終的に年収700〜800万円はもらえます

 

数字として実績が残るような仕事も少なく、評価の仕方も曖昧です。

結局は「上司に気に入られるかどうか」が出世の基準。

つまり「仕事を適正に評価し、給料に反映してもらう」意味では、公務員はブラックと言えます。

公務員のホワイトな部分

公務員のホワイトな部分

公務員のホワイトな部分を深掘りして説明していきます。

①:安定した収入

言うまでもなく、公務員は収入面で安定しています

  • 平均以上の水準の、生活に困らない給料が毎月振り込まれる
  • ボーナスは年2回・給料の4ヶ月分ほど支給される

加えて、公務員は年功序列ゆえに毎年昇給していきます。

基本的に、下がることはあり得ません。

Hiroshi
Hiroshi
このご時世にボーナスが確実に出て、かつ給料が年々上がるのはすごいこと。

間違いなく、給与面の安定性は抜群と言えます。

関連記事:公務員の年齢別年収・給料・ボーナスまとめ

②:リストラ・クビがない

公務員は法律(国家公務員法・地方公務員法)で守られている身分です。

法を犯すような不祥事(薬物とか横領)を起こさない限り、クビにはなりません

Hiroshi
Hiroshi
リストラももちろんなし。

 

極端な話、全く仕事をしないでダラダラと定時まで過ごしていてもいいんです。

加えて、前述のように給料も上がっていくので、雇用の安定性は抜群かと。

③:充実した福利厚生

  • 各種手当(地域手当・扶養手当など)
  • 土日祝日が休み
  • 5日間の夏季休暇
  • 結婚休暇
  • 産休・育休
  • 男性の育児参加休暇
  • 介護休暇
  • 90日間の病気休暇(療養休暇)
  • 最大3年間も休職できる

公務員の福利厚生を思いつく感じでザッと挙げてみました。

Hiroshi
Hiroshi
充実した私生活を過ごすための福利厚生はかなり整っていますよね。

 

特に休暇面・子育て面・休職に関しては抜群に整っています。

私生活を充実させられる上、育児も非常にしやすいです。
休職中もお金をもらいながら休めるので、本当に守られています。

正直給料はそこまで高くはないですが、それを補って余りあるレベルの福利厚生かと。

Hiroshi
Hiroshi
僕は3ヶ月間の療養休暇をとった経験がありますが、その間は給料が満額出ました。
「本当に守られているな…」と感じましたね。

福利厚生の手厚さは、公務員がホワイトと言われる大きな要因かと思われます。

④:社会的な信頼が高い

公務員は社会的な信頼が高いため、高額なローンでもすぐに通ります。

住宅や車を購入するときには、非常にありがたいはず。

 

また、公務員は世間のイメージが本当に良いです。

Hiroshi
Hiroshi
ぶっちゃけ「公務員です」と言えば、初対面の人からも良い印象を持たれやすいですね。。

(少なくても悪い印象は持たれることはないはず)

 

公務員は社会的な地位がかなり高い職業。

普段の生活の中でもメリットがあり、それもホワイト要素の1つです。

⑤:仕事の中でのプレッシャーが少ない

公務員は、仕事をする上での心理的プレッシャーが少ない職業です。

なぜなら、数字に追われるような職業ではないから。

 

公務員の業務はそもそも数字で測れない類のものが多いです。

また正直、仕事ができない・結果を出さなくても勝手に給料が上がっていきます。

一方、特に民間の営業系の仕事だと、結果が給料にも反映されやすいはず。
確実に公務員よりシビアですし、数字に対するプレッシャーも大きいでしょう

必然的に、公務員の方が精神的にゆとりを持って働けると思われます。

 

もちろん、公務員の仕事も決して楽なわけではありません。

残業もありますし、大変な業務を担当になると帰る時間も遅くなります。

しかし、それでも数字に追われないので、心理的には確実に余裕を持てるはず。

 

実際、民間で消耗して公務員に転職する人は結構多いです。

給料は下がっても、休暇面・数字に追われない面で満足されている方が非常に多かった印象ですね。

関連記事:【要注意】民間から公務員に転職!後悔する人の特徴は?

公務員のブラックな部分

次に、公務員のブラックな部分を深掘りしていきます。

①:人事評価が曖昧

公務員は人事評価が曖昧で、頑張ってもそれが評価に反映されない場合が多いです。

なぜなら、公務員にはノルマのような客観的に評価できる基準がないから。

 

一応「業務目標」は立てますが、目標はあくまで自分で設定するもの。

そして、公務員は「数字」で評価できる仕事が非常に少ないです。

Hiroshi
Hiroshi
目標を立てるのも一苦労ですし、割と軽めの目標を立てがち。
必然的に、業務目標・業績評価自体が形骸化します。

 

結局のところ「上司に気に入られるかどうか」が出世の基準になります。

評価基準が属人的かつ非常に曖昧なので、頑張った分が適正に評価されません。

その意味で「公務員はブラック」だと考えられます。

②:頑張っても給料が横並び

公務員の給与体系は年功序列。

ある一定の時期までは、同期みんなが横並びで上がっていきます。

 

頑張っている人も頑張っていない人も、給料に大きな差はつきません。

もちろん頑張れば出世できる可能性は広がるものの、差がつくのは40代に入ってから。

Hiroshi
Hiroshi
頑張った人とそうでない人で、給料面で本当に明確な差が出るのは、課長くらい(50代)になってからです。

 

また、年齢・勤務年数が給料を決める最大の要因である以上、仕事と給料の水準が全然見合っていません。

特に何もしない50代の職員が、圧倒的にがんばって成果を出している20代の倍以上の給料をもらっているのも普通です。

「頑張りを給料に反映させてほしい」と考えている方には、公務員は確実にブラックに映るでしょう。。

③:残業が多い&残業代が出ない

「公務員=定時帰り」のイメージはまだまだ根強いです。

しかし、部署や個人によっては残業が非常に多い場合もあります

Hiroshi
Hiroshi
霞ヶ関が不夜城なのは有名ですし、地方公務員でも部署によっては月に100時間以上の残業をこなしています

 

また、予算や管理体制の関係で、残業代は満額出ないことが多いです

残業した分のお金がもらえない意味で、公務員はブラックだとも言えます。

関連記事:【経験談】公務員はサービス残業が当たり前。残業代は満額出ない

 

仕事はできる人のところに集まるもの。

できない人・やる気がない人は定時帰りの場合も少なくありません。

Hiroshi
Hiroshi
役所に限った話ではありませんが、個人によって仕事の負担が全然違います。

 

仕事の負担が重いのに、定時に帰っている人ともらえる給料は大差なし(残業代が出ない場合もあるので)。

正直やってられないと思う方もいるでしょう…

【まとめ】公務員をブラックだと感じる人もいる。しかし、総じて間違いなくホワイト

公務員は客観的に考えるとホワイト。だがブラックだと感じる人もいる

「公務員はホワイトかブラックか」について書きました。

適正な評価・結果に見合った給料を重視する人には、公務員はブラックだと思います。

Hiroshi
Hiroshi
確実に向きません。

 

しかし客観的に考えれば、公務員は間違いなくホワイトです。

とにかく守られていますし、私生活の充実も叶えられます。

給料は高くはありませんが、決して悪くない水準です。

Hiroshi
Hiroshi
僕は公務員時代に、自分の給料を不満に思ったことはありません。
また、毎年昇給&ボーナスが確実に出るのは、このご時世でかなり大きいですね。

 

残業面は確かにブラック要素ですが、それを超えるメリットがあると思います。

(どの業界・職種でも多少の残業はつきものですし、残業=ブラックは短絡的すぎるかと)

また残業に関しても、近年はかなり改善傾向にあります。

残業時間の制限もできた上、残業代をしっかり支給する流れ・動きが活発化しています

残業面のブラックさは解消に向かっている印象です。

Hiroshi
Hiroshi
収入・福利厚生・業務のトータルで、公務員よりもホワイトな企業の方が客観的に考えて圧倒的に少ないかなと。

 

公務員はホワイト・ブラックの両方の意見がある職業。

しかし、すべてあなたの価値観次第なので、冷静な視点で考えることをおすすめします。

公務員になりたい方へ

ここまで読んで「公務員になりたい」と思った方もいるはず。

ぜひ以下の記事を参考に、公務員になるための準備をしましょう。

 

勉強を始める前に行うべきこと

「最初に必ず行うべきこと」を詳しく解説しています。

(紹介している無料ガイドブックは社会人向けですが、学生にもかなり参考になるはず)

【必見】公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変です←無料ガイドブックで解決本記事では、中途で公務員になりたい社会人の方が知っておくべきことを解説しています。情報がないと失敗する可能性が高くなるので、後悔しないためにも情報収集は必須。その知っておくべきことは、すべて無料のガイドブックで解決できます。そのガイドブックのメリットや手に入れる方法の紹介もしているので、必見の内容となっています。...

 

公務員試験の予備校比較

大手の予備校について、元県庁職員の視点からまとめています。

【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

 

公務員試験の独学対策

独学で県庁に首席入庁した僕の勉強法などを以下の記事でまとめています。

【保存版】独学で公務員試験に合格した、対策法のすべて【スケジュール・勉強法】公務員試験は独学じゃ無理?いいえ、公務員試験は独学で合格可能です。本記事では、独学で県庁に首席入庁した経歴を持つ筆者が、公務員試験の独学勉強法・参考書・スケジュール・独学に際する注意事項などを書いています。独学で挑戦しようと思っている、予備校と独学で迷っている大学生や社会人は必見です。...