公務員の退職・転職

【要注意】民間から公務員に転職!後悔する人の特徴は?【失敗を避けよう】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

民間から公務員への転職を考えているけど、失敗しないか心配。
実際に公務員に転職して後悔することってどういうことだろう?
どんな人が民間から公務員に転職したのか、また転職にあたってやるべきこと等も知りたい。

公務員は転職先としても人気ですが、人によっては転職を後悔する可能性もあります

上記のように公務員への転職を考えている方は、本記事を1つの参考として活用してください。

 

本記事の内容

  • 【要注意】民間から公務員に転職して後悔する人の特徴
  • 【ご安心を】民間から公務員に転職した人の大半が後悔していなかった!?
  • 公務員への転職を考えている方がやるべきこと←3分で終わる

この記事を書いている僕は新卒入庁の元県庁職員ですが、上司・先輩・同期・後輩の中に数多くの転職組がいました

転職組の方々と関わった経験をふまえて、本記事を書いていきます。

3分ほどで読めますので、ぜひ最後までお付き合いください。

【要注意】リスク?民間から公務員に転職して後悔をする理由【失敗する人の特徴】

【要注意】リスク?民間から公務員に転職して後悔をする理由【失敗する人の特徴】

まずは、民間から公務員に転職をして後悔する要素について書いていきます。

こちらの内容を見て「まじかよ…」となったら、公務員へ転職しても後悔・失敗する可能性が高いです。

①:給料ダウン(大手の場合)

一般的な公務員(行政職など)の場合、給料はそこまで高くありません。

自治体にもよりますが、目安的には30歳500万円・40歳650万円といったところ。

(以下の記事でくわしくまとめています)

公務員の年齢別年収・給料・ボーナスまとめ。行政職の年収を完全網羅【国家・地方】本記事は、行政職公務員の年収・給料・ボーナスのまとめ記事です。国家公務員・地方公務員はもちろんのこと、国家総合職・国家一般職・都道府県庁・政令市・特別区・市役所・町村役場の年収事情がわかるようになっています。行政職公務員の年収データとして非常に詳しいものになっているので、必見です。...

 

もしもあなたが大手企業やベンチャー企業にお勤めの場合、給料的には結構ダウンする可能性もあります。

実際、僕の先輩でメガバンク出身者がいましたが、「給料めっちゃ減ったわ」と笑っていましたね。

Hiroshi
Hiroshi
税金や社会保険料は前年度の年収で決まるので、現在の年収が高い方は、転職1年目は手取りがかなり低くなる可能性もあります。

 

給料・年収はいまの職場次第で大きく異なる部分ではありますが、人によっては大幅減を覚悟しないといけません。。

②:年功序列。頑張っても給料が上がらない

公務員の給与体系は、基本的に年功序列です。

いくら仕事ができる人で、どんなに頑張って成果を残しても、それが給料に反映されることはほぼありません。

(ボーナスが3万円くらい増える程度です)

 

「しっかりと成果で評価して欲しい」と思っている人にとってはミスマッチとなり、転職を後悔する原因になり得ます

Hiroshi
Hiroshi
役職が上がれば給料・ボーナスはグッと増えますが、昇進にも年齢や勤続年数の要件があるので、頑張ったからといって給料アップには結びつきません。

 

自分は頑張っても給料が増えず、逆に何もしていないように見えるおじさんが、自分の倍以上の給料をもらっているなんてことも。

確かに公務員の仕事は、数字で評価できないものも結構あるので仕方ない部分はあります。

しかし、給与体系に納得できない人は、転職しても失敗するかもしれません。

③:無駄が多く、仕事がつまらない

断言できますが、公務員の仕事はつまらないです。

何も価値を生まないような不毛な業務が多く、また一人一人に裁量がないため、どんなに小さなことでも起案→決裁。

スピード感がなく、「無駄だなぁ」と思っている仕事に取り組まないといけません。

 

具体的な仕事の中身としては、大半が「調整」「上への説明」

文章の体裁や言い回しの確認に何時間もかけたりするので、面白いわけがありませんね(笑)。

 

僕はこれがダメだったのですが、僕と同様に割り切って仕事ができない人は、正直公務員に転職しても後悔する可能性があるかと。

Hiroshi
Hiroshi
「この仕事は意味があるのかな?」と考え始めたら止まらなくなりますよ(笑)

④:残業が意外と多い

「公務員=暇で定時帰り」のイメージがある方も多いと思いますが、残念ながらそこまで暇ではないですね…

 

もちろん、部署や個人によっては定時帰りの場合もあります。

しかし、本庁舎の職員は毎日数時間残業をしている人が圧倒的多数です。

Hiroshi
Hiroshi
僕は本庁の産業振興系部署にいて、平均して7時くらいに帰っていました(2時間程度の残業)。
それでも、課の中では最速クラスでしたね。。

そして、残業代も予算の範囲でしか出ないので、部署や残業時間次第では満額出ません。

公務員の残業代はちゃんと出るの?データとリアルな実情を解説公務員の残業代ってしっかり出るの?気になる方も多いこのテーマについて、元県庁職員の筆者がデータと実態をもとに解説していきます。公務員になりたい、公務員の残業事情が知りたい方は必見です。...

 

ただ、公務員の仕事量には波があるので、比較的早めに帰ることができる時期もあります

まぁ逆に繁忙期(議会会期や予算編成期)は、連日深夜残業の可能性もありますが…

 

いずれにせよ、「定時帰りで楽だから公務員になる」という考えは辞めた方がいいですね。

⑤:人間関係が閉鎖的である

行政組織は、基本的に閉鎖的です。

公務員は外部との関わりが少ない部署も多いですからね。

 

もちろん異動はあります。

しかし、公務員は離職率が非常に低く、同じ人間がグルグル回っているだけなので、知り合い率がかなり高めです。

 

組織が閉鎖的だと、シンプルに息苦しさを覚える人もいます。

また、会話も他の職員の噂話ばかりになり、生産性のなさに辛くなることも。

人間関係は仕事をする上で重要な要素なので、転職を後悔しないためにも頭に入れておいてください。

【ご安心を】民間から公務員に転職して、後悔している人はマジで少ない

【ご安心を】民間から公務員に転職をしても、後悔している人はマジで少ない

上記のとおり、民間から公務員に転職して後悔する要素を書きました。

前述の5つに「マジかよ…」となったものがあった人は、公務員への転職を後悔することになる可能性が十分にあります。

 

とはいえ現実には、民間から公務員に転職をして後悔している人はマジで少ないです。

Hiroshi
Hiroshi
僕の知っている中では、みんな「転職してよかった」的な感じで、転職したことを悔いている人はいませんでした。

その理由について、考察していきます。

理由①:転勤がない

官僚(国家総合職)とかは別として、地方公務員は基本的に転居を伴うような転勤がありません

公務員の場合、異動といっても自治体の中なので、当たり前といえば当たり前ですが。

(大きな県の場合だと可能性はゼロではないですが、普通は人事の側で配慮してもらえます)

 

特に大手企業出身の方にとって、転勤がないことはかなり大きいようでしたね。

大手企業だと全国に支社や営業所があり、数年おきに全国転勤をすることも珍しくありません。

縁もゆかりもない土地に行くのはキツいので、その点同じ場所に居続けられる公務員は魅力に感じる部分が多いと聞きました。

理由②:仕事のプレッシャーが少ない

公務員は、客観的に考えて仕事のプレッシャーはかなり少なめです。

ノルマもないですし、仕事で大きなミスをしても昇給&ボーナス満額支給なので。

 

確かに残業などで仕事がキツいこともありますが、ガムシャラに時間をかけて頑張ればどうにでもなります。

その意味で、公務員の仕事は精神的に楽です。

 

前職で精神的にハードな仕事をしていた方にとって、この点はかなり魅力的に感じるようですね。

僕の県庁時代の知り合いで、銀行出身者や前職で営業をやっていた方は…

どの人も口を揃えて「前の仕事よりも圧倒的に楽だ」と言っていました。

 

民間だとノルマもキツく、結果を出さないといけないプレッシャーが半端ないとのこと。

結果が出ないと上司からも厳しく言われますし、自分の給料にも跳ね返ります。

 

一方で公務員は基本的にゆるふわ系です(財政課とかは厳しいですが)。

給料的には高くなくても、プレッシャーから解放されて仕事ができるのは、民間でキツい経験をした方にはかなり魅力的なんだと思います。

理由③:ゆとりのある生活ができる

①と②も含めますが、公務員はゆとりのある生活ができるのは間違いありません。

  • 転勤なし
  • 仕事のプレッシャー少なめ
  • 土日祝日休み&有給がとりやすい
  • 子育ても非常にしやすい

仕事は確かに大変な部分もありますが、精神的にはかなり楽。

 

休日も十分にありますし、子育ても超しやすいので、私生活を充実させることは十分に可能です。

多くはない給料・不毛な仕事などのマイナス要素を考えても、大半の方にとっては魅力的に映る仕事だと言えます。




補足:どんな人が民間から公務員に転職している?

補足:どんな人が民間から公務員に転職している?

行政職の場合、銀行などの金融関係の人が多いですね。

Hiroshi
Hiroshi
メガバンク、地銀を問わず、金融関係から公務員になる人はかなり多いです。

あとは不動産やメーカーで営業の仕事をしていた方も結構いました。

 

共通して言えるのが、「前職のキツい仕事に疲弊して公務員になった」という感じの理由。

金融にしても営業にしても、公務員よりも圧倒的にキツいですからね。。

 

なお技術系では、同じ分野の中小企業からの転職者も多数いた印象です。

たとえば、「土木系の企業→土木・建築職の公務員」など。

この場合は、公務員になることで待遇的にも良くなるので、転職した方も非常に満足している感じでしたね。

公務員への転職を考えている人が、今すぐ行うべきこと【3分で終わる】

公務員への転職を考えている人が、今すぐ行うべきこと【3分で終わる】
公務員への転職したいな。ゆとりを持って生活したいし。
公務員になるのも良いかも。自分にとってメリットが多そうだ。

ここまで読んで上のように感じた方は、とにかく「情報取集」から始めましょう。

ただ漠然と「公務員になりたい」と思っても、思っているだけでは何も始まりません。

試験や勉強に関する情報収集をして、自分なりに努力をすることが必須です。

 

とはいえ、「どうやって情報収集をするのか」と疑問に感じる方も多いと思います。

そもそも必要な情報が分からないと、何を調べるべきか分かりませんからね。

 

そんな方におすすめなのが、社会人のための公務員転職ハンドブックです。

社会人のための公務員転職ハンドブック

こちらは大手予備校のクレアールが発行している冊子です。

これ1冊を読めば、公務員に転職をする際の全体像が一発で分かります。

 

採用までの流れ・試験情報・行うべき勉強などを網羅的に扱っており、内容がめちゃくちゃ充実しています。

Hiroshi
Hiroshi
情報収集はネットで行うこともできますが、ネットは自分で必要な情報を探すのが手間ですし、情報自体も断片的で分かりづらいのでおすすめしません。

 

そして、このガイドブックは無料です。

(紙の質や内容をふまえると、1,000円くらいしても妥当な感じですが)

こちらから請求できますが、電話番号の入力が任意であり、しつこい勧誘は一切来ません

 

なお、こちらは数量限定でいつ無くなるか分からないので、ぜひお早めに手に入れてください。

もらおうか迷っている時間は何も生みません。

無料ですし、入力は3分で終わるので、今すぐガイドブックを手に入れて公務員試験の準備を早く始めてください。

【無料】公務員転職ハンドブックはこちら

※電話番号の入力は任意。しつこい勧誘なし

※ガイドブックの内容についてもう少し知りたい方は、以下の記事をどうぞ。

【必見】公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変です←無料ガイドブックで解決本記事では、中途で公務員になりたい社会人の方が知っておくべきことを解説しています。情報がないと失敗する可能性が高くなるので、後悔しないためにも情報収集は必須。その知っておくべきことは、すべて無料のガイドブックで解決できます。そのガイドブックのメリットや手に入れる方法の紹介もしているので、必見の内容となっています。...

 

クレアールはWeb通信に特化しており、受講費用が他の予備校の半額程度です。

また手頃なだけでなく、通信なら忙しい社会人でも効率的に学べます。

転職を目指す方には、間違いなく良い選択肢になるはず。

ガイドブックを読んで公務員になりたいと思ったら、実際の受講もぜひ検討してみてください。

 参考:公務員予備校クレアールを元公務員が徹底解説