予備校比較

公務員予備校ヒューマンアカデミーを元公務員が分析!【価格・評判・口コミ】

公務員予備校ヒューマンアカデミー

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

公務員予備校のヒューマンアカデミーってどうなんだろう?オンラインで受講できて便利そうだけど、詳しい特徴が知りたい

公務員の予備校選びって迷ってしまいますよね。

数十万円の出費ですから、自分が納得した予備校を選びたいもの。

 

そこで本記事では、公務員予備校「ヒューマンアカデミー」について、

  • カリキュラム・価格
  • ヒューマンアカデミーのメリット・デメリット(口コミをふまえて)
  • ヒューマンアカデミーがおすすめなのはどんな人か

というテーマで書いていきます。

県庁に首席入庁した経歴を持つ元公務員の目線で徹底解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

公務員予備校ヒューマンアカデミーの開講コース・価格

公務員予備校ヒューマンアカデミーの開講コース・価格

まずはヒューマンアカデミーが開講しているコース・価格について見ていきます。

地方上級行政職 286,200円
特別区Ⅰ類事務 280,800円
市役所A・B日程 259,200円

※いずれも専門・教養・面接・論文が総合的に対策できるコース

上の表を見るとわかるとおり、20万円代後半で受講することができます。

LECやTAC等の有名な予備校は、30万円〜40万円ほどかかりますので、それに比べると手頃感のある価格です。

 

なお、上記のフルに対策ができるコースのほか、個別講義がついたコースや専門科目の問題演習(アウトプット)に特化したコース等も用意されています。

くわしくは無料の資料に記載されているので、気になる方はぜひ資料請求をしてみてください。

【無料】ヒューマンアカデミーを資料請求

公務員予備校ヒューマンアカデミーの特徴・メリット【口コミ・評判】

公務員予備校ヒューマンアカデミーの特徴・メリット【口コミをふまえて】

ヒューマンアカデミーはオンラインで学習できる公務員予備校。

その特徴や、ほかの予備校と比べたときのメリットについて詳しく解説していきます。

Web上でいつでもどこでも学習できる

ヒューマンアカデミーのオンライン講義はインターネット環境があれば受講できるので、いつでもどこでも学習ができます。

自宅やカフェ、大学の図書館なんかでサクッと勉強ができるのはうれしいですよね。

時間に縛られないので、社会人の方でも仕事と勉強を両立させることができます。

ひとりひとりに合わせて学習のサポートをしてくれる

オンライン型の予備校はサポートが微妙だったり、自分から動ける人じゃないとサポートの恩恵を受けられなかったりします。

しかし、ヒューマンアカデミーのサポート体制は非常にしっかりしている印象ですね。

  1. Webのビデオ通話による、1対1の学習相談ができる
  2. 質問サポートが無制限&即日回答だから、講義での疑問点をすぐに解決できる
  3. 長期間学習していない(受講していない)受講生には、メールを定期的に送って学習状況を確認する

 

ビデオ通話による学習相談

オンライン型の予備校は基本的に一人で勉強をするので、勉強のやり方につまづいたり、モチベーションが上がらないことも当然あります。

そんなときに、メンターに気軽に相談できるのはかなり大きいかと。

 

質問サポート

また、講義の中でつまづいた点や学習の疑問点については、メールで質問をすると即日で回答してもらえるので、学習がスムーズに進められます。

分からないものを考えるのは非常に重要ですが、考えても分からないものは人に聞いた方が手っ取り早いですからね。

回数制限も一切ないので、これをどんどん利用することで、効率的に学習が進められるでしょう。

 

サボっている人でも見捨てない

さらに、勉強をサボっている人を見捨てないのもポイント。

オンライン型の予備校は、「やる気のある人はしっかりサポートするけれど、やる気をなくした人は特に何も声をかけたりしない」というスタンスのところが多いんですよね。

 

しかし1年も勉強をするとなると、どうしてもモチベーションが出ない時期があるものです。

そんな時に予備校側からなにも声をかけてもらえないとなると、さらにモチベーションがなくなる可能性も。

せっかく高い予備校代をかけたのに、公務員試験をあきらめることもあり得ます。

 

公務員試験をあきらめることを防ぐために、ヒューマンアカデミーではやる気をなくした=講義を受けていない受講生にもメールで声をかけてくれます。

勉強するのは自分ですが、ちょっとした声掛けでやる気が出てくることもありますからね。

モチベーションの維持という面で、オンラインでの学習に不安がある方でも安心して受講できる内容になっているかと!

講義&テキストの質が高い

公務員予備校ヒューマンアカデミーの特徴・メリット【口コミをふまえて】

ヒューマンアカデミーの授業はクオリティが高いと評判です。

授業が非常にわかりやすかった

このような口コミが多かったですね。

 

というのも、ヒューマンアカデミーは講師の質が高いから。

公務員試験の業界でかなりキャリアのある&参考書も多数出版されている実力派講師の方が、ヒューマンアカデミーの授業を担当されています。

こちらにいる寺本康之先生は、公務員試験の業界では特に有名ですね。

寺本先生もヒューマンアカデミーの講師として授業を担当していますよ。

 

また、ヒューマンアカデミーのテキストは数的処理の畑中敦子さんで有名な、「ザ・ベスト」シリーズを使っています。

テキストの解説がわかりやすく、またレイアウトも見やすかった

テキストに関しても高評価の口コミが多かったですね。

 

講師・テキストの質を考えても、全体的に講義のクオリティはかなり高いと言えるでしょう。

校舎で受講できる=学習する環境が手に入る

ヒューマンアカデミーは全国に30校舎あるので、その舎のPCブースで授業を受講することができます

これはめちゃくちゃ大きいですね。

勉強せざるを得ない場所に身を置くことで、勉強をする以外の選択肢を消すことができるので。

 

通信の大きなデメリットの1つが、学習する環境が手に入らないこと。

予備校などの勉強をする場に行けば、強制的に勉強をする環境に身を置くことになりますが、通信だと場所を選ばない分、どうしてもサボりがちです。

しかしヒューマンアカデミーならば、他の通学型の予備校と同じように教室が用意されているので、このデメリットがなくなります。

校舎にて模擬面接が受けられる

ヒューマンアカデミーは、通信でありながらも校舎にて模擬面接を受けることができます。

校舎は全国に30校あるので、ご自宅に近い校舎に行けば何度でも模擬面接が受けられますよ。

さらに模擬面接のみならず、自己分析や志望動機に関するワークで総合的な人物試験対策ができるカリキュラムになっています。

不合格だったとき、翌年の受講料が無料

ヒューマンアカデミーの公務員講座には合格保証がついているので、もし不合格だった場合でも翌年の受講料が無料になります。

それには「90%以上受講した方」という条件つきですが、「しっかり勉強した人が落ちたのは自分たちの責任」という気持ちが感じられて好感が持てます。

【無料】ヒューマンアカデミーを資料請求

公務員予備校ヒューマンアカデミーのデメリット【口コミ・評判】

公務員予備校ヒューマンアカデミーのデメリット

ぶっちゃけデメリットはあまりないのですが、強いていうなら下の2つがデメリットかなと思います。

同じオンライン公務員予備校のクレアールよりも価格が高い

オンライン(通信制)の公務員予備校だと、クレアールが最も有名ですよね。

そのクレアールに比べると、ヒューマンアカデミーの方が価格が高めです。

 

同じ地方上級公務員コースで比較すると…

  • クレアール:25万5,000円
  • ヒューマンアカデミー:286,200円

という感じです。

また、クレアールはいつも何かしらの割引をしていて、実質20万ちょっとで受講できると考えると、価格にはそれなりの差が出てきますね。

 

とはいえ、クレアールの方がまさっているかと言われると、そうとは言い切れません。

  • クレアールは校舎で講義を受講できない(PCブースがない)
  • クレアールの模擬面接は水道橋校のみ

という2つのポイントがあるので。

 

模擬面接を考えると、東京圏外の方にはヒューマンアカデミーの方が使い勝手が良いと言えます。

また、勉強する環境を手に入れることを重視する方も、ヒューマンアカデミーの方が向いているでしょうね。

【無料】ヒューマンアカデミーを資料請求

※クレアールについては以下の記事に詳しく書いているので、あわせてご覧ください。

公務員予備校クレアールの資料
公務員予備校クレアールを元公務員が徹底解説【料金・評判・口コミ】公務員予備校クレアールに評判ついて知りたいですか?本記事では、クレアールの料金や口コミをふまえたメリット・デメリットについて、首席入庁で県庁に入庁した実績がある元公務員が解説しました。クレアールがおすすめの人についても触れていますので、予備校選びに悩んでいる方は必見です。...

国家公務員に対応したコースがない

ヒューマンアカデミーでは国家公務員向けのコースがないので、国家公務員を第一志望に考えている方には向きません。

試験の科目・難易度から、国家一般職ならば地方上級コースで対応できるかと思われますが、国家総合職志望の方はヒューマンアカデミーを選ばない方がよいでしょう。

ヒューマンアカデミーと他の大手公務員予備校を比較

ヒューマンアカデミーの公務員予備校を考えている人の多くは、どの予備校に入るか迷っているはず。

なので、他の大手公務員予備校と費用や特徴をざっくり比較しておきます。

費用面の比較

費用面の比較は上記のとおり。

同じWeb通信に特化したクレアールよりは高いですが、TACやLECといった学習環境が手に入る講義型の予備校に比べると安いです。

 

なお、講義型の予備校でもWeb通信コースは設けられていますが、価格的には講義と変わりません。

なので、Web通信で勉強しようと考えている人にとっては、ヒューマンアカデミーは良い選択肢かと。

特徴面の比較

  • LEC:筆記・面接・個別サポートなど、あらゆる面でレベルが高い。コースも豊富なので、あらゆる試験種に対応できる
  • TAC:LEC同様、全体的に充実している。予備校の中でも圧倒的な合格実績
  • 大栄:2次試験対策が抜群に手厚い。コースが1つしかなく価格は高いが、あらゆる試験種に対応する汎用性がある
  • クレアール:Web通信に特化しており、価格が圧倒的に安い。水道橋校でも模擬面接が無制限
  • ヒューマンアカデミー:通信に特化して費用を抑えつつ、学習環境も手に入る。

ヒューマンアカデミーは、手頃な価格ながらも学習環境を含めたトータルサポートが受けられるのがメリット。

 

都内にお住まいで、かつ自分で主体的に勉強できる方はクレアールの方が合っている気がします。

しかし、地方の方・学習習慣がない方はヒューマンアカデミーの方が挫折しづらいのは間違いありません。

 

LECやTACはバランスも良いのですが、地方だと本校舎がなく、授業や模擬面接が受けられないのがデメリットですしね。

【無料】ヒューマンアカデミーを資料請求

(以下の記事にて予備校を詳しく比較しているので、気になる方はどうぞ)

【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

公務員予備校ヒューマンアカデミーの資料請求の手順

詳しくは後述しますが、予備校選びは資料請求をして、ご自身との相性を見極めることが非常に重要です。

Hiroshi
Hiroshi
直感的に気に入らないと、やる気も出てきませんからね。
直感的にどう思うかを見極める手段として、資料が最もお手軽かつ効果的です。

ヒューマンアカデミーの資料請求のやり方について解説していきます。

といっても、めちゃ簡単です。

①:公式HPにアクセス

まずはこちらから、ヒューマンアカデミーの公式HPにアクセス。

そして上にある「無料資料請求はこちら」をクリックしてください。

 

※スマホ版だと、トップページに資料請求のボタンがないので、まずはアイコンをクリック。

すると、資料請求ボタンが出るページに移ります。

そこをクリックすれば、あとはPC版と同じです。

②:講座の選択

「無料資料請求はこちら」をクリックすると、資料請求する講座を選択するページに移ります。

下にスクロールすると、公務員講座があります。

「公務員」のところをクリックして、チェックマークを入れてください。

そしてさらにスクロールすると、「次へ」があります。

「次へ」をクリックして次の段階です。

③:必要事項の入力

続いて、お名前やメールアドレス等の必要事項の入力です。

特に変わった入力欄・注意が必要なこともありません。

Hiroshi
Hiroshi
入力は2分くらいで終わると思いますよ。

 

各事項を順々に入力していき、最後に申し込みボタンをクリックすれば終了です。

申し込みから2〜3日後には、資料が到着しますよ。

【無料】ヒューマンアカデミーを資料請求

まとめ ー 公務員予備校としてヒューマンアカデミーがおすすめなのはこんな人!

  • 自分のペースで勉強を進めながらも、学習する環境がほしい人
  • 通信講座で価格を抑えつつも、模擬面接をしっかり行いたい人(特に東京以外にお住まいの方)
  • 働きながら勉強をする社会人の方

ヒューマンアカデミーがおすすめなのは、以上の3つに該当するような方です。

ヒューマンアカデミーの最大のメリットは、通信講座で価格が抑えられるのに、校舎という学習環境が与えられること

さらに面接対策もしっかりしているので、通信型の予備校に対して不安のある方でも安心して受講できるでしょう。

 

自分のペースで場所・時間を選ばずに学習できるので、忙しい社会人の方にもぴったりですよ!

【無料】ヒューマンアカデミーを資料請求

公務員試験の予備校選びはとりあえず資料請求をしよう

公務員の予備校選びは、とりあえず資料請求をしてみることをおすすめします。

Webページでも情報は載っていますが、資料の方がより見やすく、端的にまとまっているので、予備校の雰囲気がつかみやすいですよ。

資料の方がくわしく情報が載っていますし、自分の目で資料を見ないと分からないこともありますからね。

 

資料請求はもちろん無料で、公式ホームページから簡単に申し込めますし、しつこい勧誘もありません。

ヒューマンアカデミーの資料をサクッと請求して、予備校選びに役立てましょう!

みなさまの予備校選びがうまくいくことを願っています。

【無料】ヒューマンアカデミーを資料請求

あわせて読みたい

公務員試験の予備校においては、いろいろな予備校の特徴や資料を比較しつつ、あなたに合ったところを選ぶのがおすすめ。

以下の記事にて、大手の公務員予備校5社をメリット・デメリット・特徴の観点から徹底比較しています。

【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

 

なお、「公務員に転職したい!」という社会人の方は、まずは以下の記事でご紹介している無料パンフレットを取り寄せてみましょう。

【必見】公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変です←無料ガイドブックで解決本記事では、中途で公務員になりたい社会人の方が知っておくべきことを解説しています。情報がないと失敗する可能性が高くなるので、後悔しないためにも情報収集は必須。その知っておくべきことは、すべて無料のガイドブックで解決できます。そのガイドブックのメリットや手に入れる方法の紹介もしているので、必見の内容となっています。...