公務員の仕事のリアル

【断言】公務員は残業なしで楽すぎって本当?←人による【総じてホワイト】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

公務員が残業なしで楽って本当かな?
もしも本当なら公務員を目指そうかな
公務員は残業がないイメージがある一方で、ネットを見ると「ブラック」という声もある。本当のところが知りたい。

 

公務員の仕事については「残業なしで定時帰り」や、逆に「残業だらけでブラック」など、様々な声が飛び交っています。

公務員になろうと思っている方は、「本当はどっちなのか?」と疑問に思いますよね。

Hiroshi
Hiroshi
僕も大学生のころは、ネットで記事を見て「残業だらけってマジなの…?」と少し怯えていました(笑)

 

そこで今回は、「公務員は残業なしで定時帰り」が本当かについて、元県庁職員の経験からお話していきます。

 

この記事を読むことで、公務員の残業事情のリアルな部分がわかります。

公務員を考えている学生・社会人の方にとって、将来を決める上での1つの参考になるはずです。

 

なお先に少し結論をいうと、「残業なし」は難しいかもしれませんが、公務員は総じてホワイトです。

公務員は残業なしで楽すぎ?←人と時期による

公務員は残業なしで楽すぎ?←人と時期による

まず「公務員は残業なし&定時帰りで楽すぎなのか」から。

これは「人」と「時期」によるので一概には言えません

 

つまり、同じ自治体・職種の「公務員」と言っても、残業事情は大きく違うんです。

毎日定時帰りだよ。仕事は結構暇だから楽といえば楽だね。
クソ忙しい…毎日深夜まで残業だ…

リアルにこんな感じ。

 

残業を左右する「人」と「時期」によって詳しく見ていきます。

①:「人」による部分

まずは「人」による部分から。

  • 部署:忙しい部署から暇な部署まで様々
  • 個人の担当業務:同じ課・同じ係でも、人によって残業事情が様々

 

部署は分かりやすいですよね。

部署によって忙しさが全然違うので、忙しい部署は残業が多くなり、逆に暇な部署は残業なしで帰れます。

 

ただ、同じ部署でも個人によって残業事情が異なります。

公務員は、同じ部署・同じ係でも個人によって担当業務・事業がバラバラです。

担当業務・事業が違えば、事業の進捗やトラブル発生の有無によって忙しさなども当然変わってきます。

となると、「隣の席の人と残業時間が全然違う」なんてことも起こり得るんですよね。

Hiroshi
Hiroshi
僕が1年目にいた課では、毎日残業なしで定時帰りの人がいる一方、毎日日付が変わるまで残っている人もいました

②:「時期」による部分

続いて「時期」について。

これは簡単に言うと「繁忙期」と「閑散期」です。

 

公務員の仕事は、時期によって忙しさに結構波があります。

業務が落ち着いている時期には、残業なしで定時帰りできることが多いですが、繁忙期は残業が増えますね。

 

ちなみに、繁忙期の例は以下です。

  • 議会会期中:自分の担当業務に関する質問があると、答弁書や資料の作成で忙しくなる
  • 予算編成期:上への説明・財政課とのバトルで忙しくなる
  • その他:業務で突発的なトラブルが行った時→対応で忙しくなる

特に議会と予算の時期は、残業をする職員が増えます。

 

さらに時期に関連しますが、「年」によっても残業時間は変わりますね。

たとえ前年まで暇な場合でも、突発的なトラブルや災害によって一気に残業が増えることも。

 

分かりやすい例が「新型コロナウィルス」です。

コロナ対応で保健所が疲弊しているニュースをよく耳にしますが、本来保健所はそこまで忙しいわけではないんですよね。

Hiroshi
Hiroshi
保健所にいた先輩の方は、「当時はマジで暇だった」と言っていました。

 

ここまで見た通り、公務員の残業事情は様々な事情に左右されます。

なので、残業なしで定時帰りができるかどうかは、運による部分がかなり大きいですね。

補足:ノー残業デーもある

補足として、公務員には「ノー残業デー」があります。

毎週水曜日か金曜日、またはその両方がノー残業デーに設定され、定時退庁するように促されます。

 

このノー残業デーは、残業代の申請が普段より面倒だったりするので、多くの方が早めに帰っていました。

Hiroshi
Hiroshi
ノー残業デーだからといって、別に業務が減るわけではありませんが、ある程度割り切っていた感じですね。

公務員の詳しい残業事情について【残業なしはどこ?】

公務員の詳しい残業事情について【残業なしはどこ?】

前述のとおり、公務員の残業については一概に言えない部分がかなり多いです。

ただ、職種や部署ごとの傾向を伝えることはできるので、以下でより詳しく見ていきます。

本府省勤務の国家公務員は超忙しい…

よく言われる通り、本府省勤務の国家公務員は激務です。

公務員の中で、残業は間違いなくトップクラスに多いですね。

Hiroshi
Hiroshi
霞ヶ関に出向していた人の話では、深夜にタクシー帰りが普通だったとのこと…

 

僕は地方公務員だったので、正直くわしいことは分かりません。

でも、やはり絶対的な業務量も多いでしょうし、年間を通して国会対応があるので、大変なのは容易に想像できます。

Hiroshi
Hiroshi
霞ヶ関の方とメールで連絡したことが何度もありますが、送信時間が2時とか3時でした(笑)

地方公務員も本庁は総じて忙しめ

地方公務員も「本庁」は総じて忙しいところが多いですね。

基本的には定時帰りできる人は少なく、多くの方が多少なりとも残業している印象です。

 

ただ、本庁の中でも残業時間にはかなり差があります

  • 激務部署:10時過ぎまで残業が普通。繁忙期は朝まで(休日出勤も)
  • 普通の部署:7〜8時くらいが平均退庁時間(あくまで体感ですが)
  • 暇な部署:ほぼ毎日定時帰り

前述のとおり、時期や個人によっても差は出ますが、目安は上記のとおり。

 

ちなみに、「激務部署」は財政課・人事課・秘書課など、中枢に近い部署が該当するケースが多いです。

中枢を経験せずに出世することはあり得ないので、出世したい方は必然的に残業が必要になりますね。。

Hiroshi
Hiroshi
ちなみに、優秀な人は中枢に近い部署に異動になったり、霞ヶ関に出向になったりします。

 

また、本庁にも暇な部署が一定数あるのも事実です。

本庁でも、6時過ぎにはほぼ全員帰っているような部署もありますね。

Hiroshi
Hiroshi
そういう課には、小さなお子さんのいる女性職員が多かったりします(子どもがいる人はかなり配慮してもらえるので)。

出先は暇なところが多い

一方で、出先機関は暇なところが多いです(あくまで行政職の場合ですが)。

ちなみに、本庁と出先の違いは以下のイメージ。

  • 本庁:全体の管理・連絡調整など
  • 出先:現場仕事

 

出先は仕事の量も少なめですし、ある程度ルーチンワークなので楽とよく言われます。

実際、出先にいた同期の多くが「暇で毎日定時帰り」と言っていましたね(笑)。

 

そして、出先の業務量が少ない=残業が少ないのは、以下の要因が大きいです。

  • トラブルが起きても、解決策を考えるのは本庁
    →管理は本庁側なので、出先はある程度丸投げできる
  • 議会対応がない
    →出先は本庁側に頼まれた資料を用意する程度
  • 予算編成もない
    →出先は本庁側に頼まれた資料を用意する程度

本庁の忙しさを構成しているものが出先にはない分、必然的に残業は少なくなりますね。

もちろん出先でも忙しい時はありますが、相対的に「残業なしの定時帰り」を実現できる可能性が高そうです。




公務員は残業代はきちんと出るのか【サービス残業?】

残業時間に関連して、残業代の話です。

残業が多少あるのは仕方ないとしても、残業代がきちんと出なかったらキツいですよね。

実情をお伝えします。

 

※残業代については、公務員の残業代はちゃんと出るの?データとリアルな実情を解説で詳しく書いています。

残業代は予算の上限まで←サービス残業も

公務員の残業代は、各課に予算が割り振られていて、その予算内で支給されます。

つまり、予算の上限を超えてしまったら残業代は出ず、必然的にサービス残業になります。。

 

なお、公務員の残業は自己申告制(申請をして上に承認をもらう)なのですが、予算の上限があるため、以下が起こることも。

  • 残業代の申請をしない
  • 残業申請を承認してもらえない
    (→上司によってはあるみたいです)

公務員は労基が入ることもないので、サービス残業が生じやすいのは否めませんね。。

※お金のある自治体では、PCの電源やセキュリティゲートで残業を管理している場合もあります(特別区職員の友人が言っていました)

地方公務員給与実態調査によると、地方公務員の残業代は以下になっています。

  • 都道府県:30,753円
  • 政令指定都市:40,325円

基本給や残業代から月の平均残業時間を計算すると、およそ12時間(1日30分ちょっと)。

全職員が平均して6時に帰っているのは少し考えられないので、多少なりともサービス残業があるのだと推測できます。

でも近年は改善傾向にある

公務員もサービス残業があるのか…意外とブラックなんだな…

こんな不安を持った方もいると思いますが、近年は働き方改革の影響で大幅に改善傾向にあります。

 

そもそもの残業時間を減らそうという風潮もありますし、残業代をきちんと支給する動きも。

Hiroshi
Hiroshi
僕のいた県でも、「予算が足りなくなったら財政課に相談するように」という通知がきていました。

僕自身も、残業代を申請して通らなかったことは一度もありませんね。

 

昔は残業事情が厳しかったみたいですが、今はかなり良くなっています。

上司や自治体によるところもありますが、これから公務員になる人は、そこまで心配しなくて大丈夫だと思いますよ。

(全体として残業自体を減らす傾向が強いので、残業代で稼ぎたい人にとっては逆に厳しいかもです笑)




【まとめ】公務員は残業なしで楽すぎ?←人によるけど総じてホワイト

【まとめ】公務員は残業なしで楽すぎ?←人によるけど総じてホワイト

「公務員は残業なしで楽すぎなのか」について書きました。

本記事で見たとおり、公務員といっても残業時間はかなり個人差がありますね。

そしてトータルで見ても、「残業が全くナシ・毎日定時帰り」は少し厳しいかなと思います。

 

とはいえ、そこまでブラックではないので安心して大丈夫ですよ。

もちろん激務部署もありますが、公務員は異動が多いので、別にずっと激務なわけではありません。

残業代は予算の制約がありますが、激務部署は残業代の予算をたくさん持っています

 

また、最近は残業事情も改善傾向。

残業を減らす風潮もありますし、残業代も申請すればしっかり出る可能性が高いです。

Hiroshi
Hiroshi
仕事が決して楽なわけじゃないですが、他の福利厚生面なども踏まえると、十分ホワイトだと断言できます。

 

よく「公務員はサービス残業ばかりでブラック」との文言も見るかもですが、あまり間に受けない方が良いですよ。笑

本記事が、将来的に公務員を考えている方の参考になれば幸いです!

あわせて読みたい

ここまで読んで「公務員になりたい」と思った方は、合格するために動きましょう。

以下の記事を参考に、ぜひ情報収集や勉強を始めてください。

 

公務員試験の予備校比較

公務員は予備校に行く人が多数派です。

以下の記事にて大手の予備校について、元県庁職員の視点からまとめています。

【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

 

公務員試験の独学対策

独学で県庁に首席入庁した僕の勉強法などを以下の記事でまとめています。

公務員試験は独学で合格できる!【勉強法・スケジュールを解説】公務員試験は独学じゃ無理?いいえ、公務員試験は独学で合格可能です。本記事では、独学で県庁に首席入庁した経歴を持つ筆者が、公務員試験の独学勉強法や独学に際する注意事項などを書いています。独学で挑戦しようと思っている方、予備校と独学で迷っている方は必見です。...

 

社会人に超おすすめの無料ガイドブック

社会人から公務員に転職したい方は、以下の記事で紹介している無料ガイドブックが必見です。

【必見】公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変です←無料ガイドブックで解決本記事では、中途で公務員になりたい社会人の方が知っておくべきことを解説しています。情報がないと失敗する可能性が高くなるので、後悔しないためにも情報収集は必須。その知っておくべきことは、すべて無料のガイドブックで解決できます。そのガイドブックのメリットや手に入れる方法の紹介もしているので、必見の内容となっています。...