公務員試験tips

【経験談】地方上級の難易度は?←実は大して難しくない【元県庁職員が解説】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

県庁を受けようと思っているけど、地方上級の公務員試験ってどれくらい難しいんだろう?
実際に合格した人の経験から話が聞きたい
政令市や都道府県庁などの地方上級試験は、かなり難しいってよく聞く。
このクラスの公務員になりたいけど、やっぱり市役所とかに比べると厳しいのかな…

 

地方上級とは、都道府県庁・政令市・特別区などの大卒程度の公務員試験の総称です。

狙う人たちも多く、また一般的には難易度も相応に高いと言われています。

 

しかし、僕自身の経験から言うと、地方上級の難易度にビビる必要は全くなく、むしろ結構簡単です。

 

本記事の内容

  • 地方上級試験のリアルな難易度・難しさ
  • 地方上級に合格するための勉強法

この記事を書いている僕は、地方上級の公務員試験を受け、県庁に首席入庁した経歴を持つ元公務員です。

経験をもとに、より実りのある話ができると思うので、ぜひ最後までお付き合いください。

【地方上級の難易度】難しすぎる?←実は結構簡単です

【地方上級の難易度】難しすぎる?←実は結構簡単です

地方上級の公務員試験は、よく「難易度が高い」「難しい」と言われます。

しかし僕の経験から言うと、別に難しくないです。

なんなら、結構簡単で受かりやすい部類だと思います。

 

その理由は以下の2つです。

  • 科目や問題のレベル
  • 試験の方式

①:科目・問題レベル【6割でOK】

1つ目が問題のレベルと科目。

教養試験・専門試験の両方とも基本的な問題が大半ですし、ほぼ全ての試験で選択式です。

過去問の焼き増し的な問題も多く、対策も比較的容易なので、別に難しくありません

各試験の科目について、以下で詳しく見てみます。

教養試験の科目

文章理解 現代文や英語の読解問題
数的処理 数的推理・判断推理・資料解釈
社会科学 政治経済・時事
人文科学 日本史・世界史・地理・思想等
自然科学 生物・物理・化学等

※文章理解と数的処理の配点が高めになっています。

教養試験の科目は上記のとおり。

「高校レベルの英国数社理の知識が問われる」認識でOKですね。

Hiroshi
Hiroshi
問題は大体センター試験レベルなので、そこまで難しくありません。

センターレベルの問題で6割取れればOKなので、ちゃんと勉強すれば難しくありませんね。

 

専門試験の科目

行政系科目 政治学・行政学・国際関係・社会政策など
法律系科目 憲法・民法・行政法・労働法など
経済系科目 ミクロ経済学・マクロ経済学・財政学等

専門試験の科目は上記のとおり。

大学レベルの知識が出ますが、正直基本的なことしか問われません

Hiroshi
Hiroshi
過去問と似たような問題がバンバン出ます。過去問を解いておけば十分対応できます。

こちらも6割程度がボーダーなので、別に合格はそこまで難しくありません。

 

つまり地方上級試験は、基本的な問題の中で6割取れればOKなんです。

科目数が多い等はありますが、得意不得意や配点に応じて捨て科目を作ることもできます。

ちゃんと勉強すれば、別にビビる必要は全くありませんよ。

地方上級試験の中でも、「関東型」や「全国型」などに分かれます。

出題数・配点や科目が若干違うので戦略は一部異なるので要注意。

しかし、問題や科目などは基本的同じなので、とりあえずは気にしなくてOKです。

②:試験の方式

もう1つの理由が試験の方式です。

地方上級の試験方式は、基本的に以下のとおり。

  1. 1次試験(筆記)
  2. 2次試験(論文・面接)

この2つに通れば合格。そしてほとんどの場合で合格=内定です。

Hiroshi
Hiroshi
2次試験は集団面接や集団討論がある自治体もありますが、2次試験の面接自体は2回くらいしか行わないのが普通です。

 

また、地方上級は筆記で受験生を結構落とす分、2次の倍率は低め(平均して2倍前後)。

つまり、ちゃんと勉強を頑張れば、あとは数回の面接で内定が取れるわけです。

 

一方で、他の公務員試験は違います。

  • 国家一般職:筆記→面接で最終合格後、官庁訪問で内定を取る
  • 特別区:筆記→面接で最終合格後、区面接で内定を取る
  • 一部の市役所:筆記は教養のみだが、面接回数がやたら多い

※特別区は厳密には地方上級ですが、便宜上こちらに記載

上記をみると分かるとおり、内定までに面接がかなり多いんですよね。

また、上に書いた試験は、面接の倍率が高いこともしばしば。

Hiroshi
Hiroshi
特に人気省庁や人気区は、最終合格後の競争がかなり激しいと聞きます。

 

つまり、地方上級の方が明らかに「楽」なんです。

地方上級は2次試験の倍率も2倍前後が平均で、正直失敗のない面接で十分受かります

筆記さえ頑張れば大体イケるので、難易度的に大したことはないですよ。

参考:地方上級合格者の出身大学・学歴

参考として、地方上級合格者の出身大学・学歴を載せておきます。

(ソースは僕のいた県庁の同期・先輩・後輩などの知り合いです)

  • 東大・京大・一橋:少ない
  • 旧帝大などの難関国立大:結構多い
  • 中堅クラスの地方国公立大学:最も多い(地元の大学中心)
  • 早慶上智:結構多い
  • MARCH:結構多い(早慶と同じくらい)
  • その他:少ない

 

総じて高学歴が多いですが、これは単純に「高学歴の人は勉強が得意」だからに過ぎません。

地方上級はしっかり勉強すれば、学歴に関係なく誰でも受かる試験です。

問題も基本的で、かつほとんど暗記で対応できますし。

 

(学歴に関しては、以下で詳しく書いています)

なぜ公務員には高学歴が多いのか【公務員試験と学歴の関係】本記事は「なぜ公務員には高学歴が多いのか」というテーマで、公務員試験と学歴の関係を紐解いています。元県庁職員である筆者の知り合いの公務員の学歴や、民間と公務員の「フィルター」の掛け方にも言及しているので、公務員試験と学歴について知りたい方は必見です。...

地方上級は上位だけど…公務員試験の難易度ランキングを鵜呑みにするな

地方上級は上位だけど…公務員試験の難易度ランキングを鵜呑みにするな

「公務員試験の難易度ランキング」的な記事では、以下のような難易度ランキングが記載されています。

国家総合職 > 地方上級 ≧ 国家一般職 > 市役所

上記のランキング的なものを見ると、「地方上級難しすぎ…」と思いがちです。

 

しかし、この類のものは「難易度」と言ってはいるものの、 あくまで筆記対策の勉強量の負担でしかありません。

  • 国家総合職:教養+専門試験。問題のレベルも明らかに高い
  • 地方上級:教養+専門試験。問題は基礎的なものが多い
  • 国家一般職:教養+専門試験。問題レベルは地方上級と同じくらい
  • 市役所:教養のみ

 

しかし、難易度をトータルで見ると「人による」部分が非常に大きいです。

 

僕は勉強は得意だけど、面接はあまり自信がないな…

こんな人にとっては、内定までのステップが単純な地方上級の難易度は低くなります。

逆に、面接の負担が大きい市役所の試験は、より難しく感じるはずです。

 

僕は正直勉強はあまり好きじゃないけど、面接は得意だよ。

上のような人にとっては、筆記の割合が軽い&面接重視の市役所試験の方が受かりやすいです。

逆に専門試験までガッツリ課される地方上級試験だと、難易度が高くなるでしょう。

 

つまり、難易度はあくまで相対的なものであって、一概には言えないんです。

(国家総合職が難易度No.1は揺るがないですが)

 

ただ前述のとおり、地方上級は筆記試験の負担が大きく、内定までがシンプルな試験。

筆記という「勉強面での判断」が大きな試験なので、かなり取り組みやすい&受かりやすいとは思います。




難易度から考える、地方上級に合格するための勉強法

難易度から考える、地方上級に合格するための勉強法

これまでは、「地方上級の難易度はそこまで高くないよ」という話。

以下では、地方上級に合格するための勉強法・対策法について書いていきます。

勉強時間の目安:1,500時間

トータルの勉強時間の目安は、1,500時間になります。

1,500時間=1日4時間の勉強を1年間毎日継続に相当します

地方上級は専門試験があるので、やはり負担としては大きいですね。

Hiroshi
Hiroshi
ちなみに僕は、1,700時間ほど勉強しました。

 

僕が思うに、地方上級が難しいと言われるのは「学習負担の大きさ」にあります。

1,500時間もの勉強をするのは、やはり相応の覚悟や学習習慣が必要になるので。

 

とはいえ、量をこなすことができれば、合格にグッと近づけるのも事実。

地方上級試験は勉強での判断が大きいので、ある意味で再現性が高いです。

勉強の本質:問題集をくり返し解くこと

勉強法としても非常にシンプル。

過去問を何周も解くことだけです。

 

前述のとおり、公務員試験は過去問の焼き増し的な問題が多数出題されます。

なので、過去問が載った問題集を1冊決めて何周もくり返し解き、知識を頭に叩き込むことが最重要です。

 

もちろん科目数が多い分、配点や得意不得意に応じて捨て科目を作ったり、科目によって勉強量を調整すること(=戦略)も非常に重要です。

ただ、勉強の本質としては超シンプルなので、覚えておいてください。

Hiroshi
Hiroshi
僕は地方上級(県庁)の筆記で9割取りましたが、特別な勉強はしていません。
とにかく問題集をくり返し解いていただけです。

独学or予備校を決める【ツールとして考えるべき】

地方上級試験を含め、公務員試験の勉強では、独学と予備校から選ぶことになります。

どちらでも合格は可能ですが、いずれにせよ「合格のツール」として決めるのがおすすめ。

 

予備校のメリット

  • 参考書や問題集などを選ぶ手間が省ける
  • カリキュラム・学習スケジュールは予備校に従えばOK
  • 試験に関する情報がすぐに手に入る
  • 勉強に行き詰まった時・内容が理解できない時にすぐ質問ができる
  • 自習室や講義などの「学習環境」が手に入る

つまり、予備校に行けばシンプルに勉強だけに集中できるんです。

 

一方で独学の場合、これらのメリットは当然すべてナシ。

参考書選び・スケジュール決めなどを全て自分でやる必要があるので、勉強以外に時間を費やすことになります。

しかし逆に、自分で全て決められるので、より自由に勉強ができるメリットも。

 

予備校にしても独学にしても、人によって合うor合わないが大きい部分です。

できればお金ではなく、合格にはどっちが自分に合っているかで決めるのがおすすめ。

Hiroshi
Hiroshi
僕は自分で戦略を立てながら勉強するのが好きで、かつ学習習慣にも自信があったので、独学を選びました。
僕にとっては独学というツールが合っていたので、独学にした感じです。

 

地方上級は決して難しくはないですが、学習負担が大きくて、相応に大変ではあります。

1,500時間もの勉強は挫折もしやすいので、予備校というツールに投資するのは十分アリかと。

 

※予備校については、公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!にて詳しく紹介しています。

【まとめ】地方上級の難易度にビビる必要なし

【まとめ】地方上級の難易度にビビる必要なし

地方上級の難易度について書きました。

記事の中でも何度も言っているとおり、地方上級の難易度にビビる必要は一切ありません

 

確かに勉強の負担は大きいですが、1つ1つがそこまで難しいわけでもありません。

また、実質的に合格=内定で、かつ試験方式としてもシンプルなので、比較的受かりやすいです。

 

地方上級の試験に合格するには、まずはとにかく「しっかり勉強すること」が必須です。

正しいやり方で、適切な量の努力ができれば、間違いなく合格できます。

 

ぜひご自身に合ったやり方で、地道に努力を継続していってください。

あわせて読みたい

ここまで読んで「地方上級の公務員になりたい」と思った方は、合格するために動きましょう。

以下の記事を参考に、ぜひ情報収集や勉強を始めてください。

 

公務員試験の予備校比較

以下の記事にて大手の予備校について、元県庁職員の視点からまとめています。

【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

 

公務員試験の独学対策

独学で県庁に首席入庁した僕の勉強法などを以下の記事でまとめています。

公務員試験は独学で合格できる!【勉強法・スケジュールを解説】公務員試験は独学じゃ無理?いいえ、公務員試験は独学で合格可能です。本記事では、独学で県庁に首席入庁した経歴を持つ筆者が、公務員試験の独学勉強法や独学に際する注意事項などを書いています。独学で挑戦しようと思っている方、予備校と独学で迷っている方は必見です。...

 

社会人に超おすすめの無料ガイドブック

社会人から公務員に転職したい方は、以下の記事で紹介している無料ガイドブックが必見です。

【必見】公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変です←無料ガイドブックで解決本記事では、中途で公務員になりたい社会人の方が知っておくべきことを解説しています。情報がないと失敗する可能性が高くなるので、後悔しないためにも情報収集は必須。その知っておくべきことは、すべて無料のガイドブックで解決できます。そのガイドブックのメリットや手に入れる方法の紹介もしているので、必見の内容となっています。...