公務員の退職・転職

【注意点あり】公務員を辞めてはいけない、なんて嘘です【退職した経験から】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

「公務員は辞めてはいけない」って言われるのはなんで?
激務だし人間関係も良くないから公務員を辞めたい。
でも「辞めてはいけない」って言われるから踏ん切りがつかない…

 

安定職の公務員は、よく「辞めてはいけない」と言われます。

具体的に「なぜ辞めてはいけないのか」と不思議に感じる方もいるはず。

 

また、公務員の仕事が嫌だ・新しい挑戦がしたいと思っても、その風潮に縛られてしまうこともあります。

Hiroshi
Hiroshi
モヤモヤを抱えてしまうので苦しいですよね。
僕も公務員時代には「辞めたいけど辞めてはいけないって言われるし…」と悩んでいました。

しかし断言しますが公務員=辞めてはいけない」なんて嘘ですよ。

 

本記事の内容

  • 「公務員を辞めてはいけない」と言われている理由
  • 公務員を辞めてはいけない、なんて嘘です【実体験から語る】
  • 【注意点】公務員をいきなり辞めるのはNG

この記事を書いている僕は、20代で県庁を退職しました。

実際に公務員を退職した人間ですので、退職を考えている方にとって参考になる話ができるはず。

3分ほどで読めますので、ぜひ最後までお付き合いください。

「公務員を辞めてはいけない」と言われている理由

「公務員を辞めてはいけない」と言われている理由

そもそも世の中にはいろいろな職業があります。

その中で、なぜ「公務員を辞めてはいけない」と言われるのか。

 

実際に僕も仕事で開催したイベントの際に、イベント参加者のおばさんから…

23歳!お若い職員さんね〜
絶対公務員を辞めちゃダメだよ!!これから頑張りな!!

と言われました。

 

僕が考察するに、その理由は以下の3つです。

  1. 民間よりも楽で待遇が良い
  2. 年功序列。年を重ねるごとにおいしい職業である
  3. 転職が難しい

なお、一般的なイメージも含んでいますのでご了承ください。

理由①:民間よりも楽で待遇が良い

1つ目の理由が民間よりも楽で、かつ待遇が良いことです。

  • 公務員はノルマがないからゆとりを持って仕事ができる
  • その上、給料も良くて休みもしっかり取れる。潰れることもない
  • 民間は成果主義。ノルマもあるし、激務でツラい
  • 給料も良くなく、潰れる可能性もある

一般的なイメージとしてはこんなところでしょう。

公務員は別に給料的にそこまで良いわけではありませんが、中の上くらいはもらえます。

公務員の年齢別年収・給料・ボーナスまとめ。行政職の年収を完全網羅【国家・地方】本記事は、行政職公務員の年収・給料・ボーナスのまとめ記事です。国家公務員・地方公務員はもちろんのこと、国家総合職・国家一般職・都道府県庁・政令市・特別区・市役所・町村役場の年収事情がわかるようになっています。行政職公務員の年収データとして非常に詳しいものになっているので、必見です。...

 

部署によっては残業は多いですが、ノルマはありません。

客観的に見れば、精神的にはゆとりを持って仕事ができるかと。

以上をふまえると、「わざわざ待遇も環境も悪い世界に行くのはアホ」という理屈ですね。

理由②:年功序列。年を重ねてからがおいしい職業である

2つ目の理由が「年功序列」。

若いうちは給料的に安めですが、毎年確実に昇給するので、収入は右肩上がり。

また、定年まで勤めれば退職金も2,000万円以上もらえます。

 

つまり、理屈としては以下です。

将来的に収入が増えていく保証があるんだから、辞めてはいけない・もったいない

若いうちの給料が安いのもあって、理解できる部分もあります。

Hiroshi
Hiroshi
もっとも、将来的には人口減少による税収減や、AI化による業務効率化などが起きるので、どうなるかは分かりませんが。

理由③:転職が難しい

3つ目の理由は、転職が難しいこと。

公務員は利益を追求する姿勢が乏しい上、仕事の中でスキルは身につきません。

転職市場での評価は高くなく、転職できる業界が限られたり、転職先での待遇が下がる可能性があります。

特に年齢が上がってくると、より顕著になるでしょう。

 

簡単に言えば「転職先には恵まれていないのだから、公務員のままの方が良い」という理屈です。

Hiroshi
Hiroshi
「公務員を辞めてはいけない」につながるのも納得です

公務員を辞めてはいけない、なんて嘘です【実体験から語る】

「公務員を辞めてはいけない」と言われる理由について見ていきました。

要するに「公務員でいれば、将来的にも安泰と考えられているのでしょう。

 

しかし、辞めた僕は「公務員を辞めてはいけない、なんて嘘」だと感じます。

激務や人間関係など、辞めたいと思う理由は人それぞれでしょう。

いずれにせよ辞めちゃダメだ」と思い悩む必要はないです。

Hiroshi
Hiroshi
「公務員なんて辞めるべき!」と言う気はさらさらありません笑。
辞めたからこそ「公務員って恵まれた仕事だな」と強く感じますので。

公務員を辞めることは単なるジョブチェンジ。全て自分次第

確かに公務員は恵まれた仕事です。

しかし、公務員を辞めたからって人生が終わるわけではありません

 

というより、別に単なるジョブチェンジなので、普通に会社を辞めるのと同じですよ。

転職なんて普通の時代ですよね。
公務員を辞めるのも別に大したことではありません。

特に20代のうちなら尚更。

転職市場でも評価がそこまで低くないので、早めに見切りをつけて転職も大いにありかと。

 関連記事:公務員から民間の転職におすすめの転職サイト3選【徹底比較】

 

そして、全て自分次第でなんとでもなります

僕は24歳で公務員を辞めました。

退職後は「自分で頑張りたい」と思い、フリーでIT系の仕事をしています。

 

辞めてから地道にコツコツ挑戦を続けた結果、1年後には県庁時代を超える月収に到達しました。

Hiroshi
Hiroshi
僕はそんなに有能ではないので、結果が出なくて悩んだこともありました。
それでも1年くらい努力を続けたら、それなりの成果は出せました(まだまだ雑魚ですが)。

 

辞めたい気持ちはあるけど、周りに「辞めてはいけない」って言われたから…

こんな方もいると思います。

しかし、自分次第でどうにでもなるのに、嫌な仕事を続けるのはマジでもったいないです。

少しだけ、自分に期待をしてみても良いのではないでしょうか?

公務員以上の安定を得ることだってできる

「公務員でいれば安定」という思考の方も多いと思います。

しかし、公務員を辞めたとしても、公務員以上の安定を得ることも可能です。

 

その安定とは価値です。

自分でスキルを身につけて、市場価値の高い人材になっておけば、仕事には困りません。

仕事がなくなったり、会社が潰れても、すぐに次が見つかります。

そして当然、市場で重宝されるスキルがあれば収入も上がります

 

実際に僕も、公務員を辞めてから行動・挑戦をして、以下のスキルが身につきました。

  • Webマーケティングスキル
  • Webライティングスキル
  • 動画編集スキル

いまの収入も公務員時代より全然多いです。

 

また、結構な頻度でライティングの仕事や動画編集の依頼が届きます。

(いまはブログとYouTubeにコミットしているので、基本はお断りしていますが)

もちろん、今後収入が激減する可能性もあります。

しかし、今の収入がなくなっても、就職なりクライアントワークなりすれば良いかなと。

Hiroshi
Hiroshi
自分ではまだまだ雑魚だと思っていますが、日々スキルアップに励んでいますし、公務員時代よりも確実に市場価値は上がったと思います。

 

公務員の安定性は…

一方、公務員の安定は「身分」によるもので、辞めた瞬間にすべて消え去ります

僕は辞めた時にこのことを強く実感しました

もちろん「身分による安定」を特に否定はしません。

しかし、やはり窮屈に感じますし、その思考にとらわれると自分の首を締めます。

 

安定志向で公務員を辞められない方は「公務員を辞めても安定は得られる」ことを覚えておいてください。




【事実】辞めてはいけないと言うのは、公務員以外の人たち

そもそも「公務員を辞めてはいけない」と言うのって、公務員以外の人なんですよね。

公務員以外の人は、公務員の辛いことや内情を知りません。

良い部分ばかりにスポットを当てたり、イメージで語りがちです。

Hiroshi
Hiroshi
そんな方の声を気にする必要なんて、1ミリもない気がします。

公務員の人は、辞めることに対してそこまで悲観的ではない

これは僕の経験ですが、公務員の方々は「公務員を辞めてはいけない」なんて言いません

なぜなら、公務員に対して不満のある方・退職を考えたことがある人たちも結構いるから

(特に新卒で公務員になった人は、退職を考えた経験のある方が多いです)

 

僕は公務員時代、上司や先輩に「辞めようと思ったことはありますか?」と聞いた経験がありました。

30代の先輩
30代の先輩
20代の頃に、公務員を辞めて公認会計士になろうと思って勉強をしていたことがある。
でも結局いろいろあって、公務員として働き続けることにしたんだよ。
50歳位の上司
50歳位の上司
20代のときに、県庁を辞めて留学がしたいと思ったことがある。
でも結局、勇気が出なくて辞められなかった。
いまも20代に戻れるなら、留学をしてみたい気持ちがある。

上記のとおり。

ちなみに、いずれも新卒で公務員になった人でした。

 

このような人たちは「やりたいことがあるから辞めます」と伝えても、かなり前向きな言葉をかけてくれます。

30代の先輩
30代の先輩
やりたいことをやるのが良いよ。
次の世界でもきっとうまくいくから頑張ってな!
50歳位の上司
50歳位の上司
公務員を辞めても大丈夫。
むしろ、自分のやりたいことがあるなら、絶対挑戦した方が良いよ!

 

公務員の方々は、公務員として仕事を続けることの辛さ・若いうちに挑戦をしたい気持ちを分かっています。

だからこそ「辞めてはいけない」なんて言いません

Hiroshi
Hiroshi
中にはいるかもですが、気にする必要は一切ないですね。
記事の中で書いているように、公務員を辞めてもなんとでもなるので。

【注意点】公務員をいきなり退職するのはNG【辞める前に行動すべき】

【注意点】公務員をいきなり辞めてはいけない
公務員を辞めても大丈夫なのか!じゃあ明日にでも辞表を出して辞めてやるぜ!

「公務員を辞めてはいけない」は嘘ですが、いきなり公務員を辞めるのは絶対NGです。

なぜなら、収入がゼロになるから

 

無収入&次になにをするか決まっていないのは、メンタル的にかなりキツいです。

退職金はあるかもですが、日々自分の預金残高が減っていくのを見るのは、精神的に良くないですね。

Hiroshi
Hiroshi
トンネルの中にさまよっている感じになって、退職を後悔するかのうせいので、あまりおすすめしません。

辞める前の在職中から行動しよう

そこで、公務員を辞める前に「次を見据えた行動」をしましょう

具体的には以下です。

  • 転職する人:転職活動
  • フリーになる人:スキルアップのための勉強

辞める前に行動することで、万が一の時には「公務員を続ける選択」もできます。

Hiroshi
Hiroshi
挑戦は大事ですが、選択肢を残した方が確実に心に余裕ができて、心理的なハードルが下がります。

 

また、上記の行動は退職前でも普通にできるはずです。

  • 転職活動:転職サイトを見る・エージェントと面談する
    →昼休みや有給で可能
  • スキルアップの勉強
    →帰宅後や休日にできる

(転職活動の方が多いとは思いますが)

仕事をしながらだとキツいかもしれませんが、退職後の収入ゼロを防げるのは大きいです。

Hiroshi
Hiroshi
フリーだと最初の収入は少なくなるでしょうが、退職までにそれなりにスキルを身につければ、収入を得られるまでの時間は短くなるはず。

行動用リンク(おすすめ記事)

辞める前に行うべき転職活動・スキルアップに関する行動用リンクを貼っておきます。

今すぐ自発的に行動して、未来を明るくしてください。

 

転職予定の方

転職したい方は、最大手のリクルートが信頼性があるので良いと思います。

Hiroshi
Hiroshi
ライトに始めたいなら転職サイト、ガッツリなら転職エージェントですね。

精神的なハードルが高い方は、まずは転職サイト(リクナビNEXT)での情報収集から始めると良いかと。

 

転職サイト等は【無料】公務員から民間の転職におすすめの転職サイト3選で詳しく紹介しています。

【無料】公務員から民間の転職におすすめの転職サイト3選【徹底比較】公務員から民間への転職を考えている方向け。本記事では、公務員におすすめの転職サイト・転職エージェントを3つ紹介しています。それぞれの対応地域や求人数などを比較するとともに、転職エージェントの使い方・選び方のポイントを解説しています。転職に失敗したくない・成功したい公務員の方は必見です。...

 

フリーになる予定の方

フリーランスになりたい方は、まずはスキルアップの勉強が必須です。

公務員が行うべきスキルアップとは【転職・独立も視野】にて、おすすめスキルや勉強方法を紹介しています。

(もちろんやりたいことがある方は、その勉強でOKです)

【価値を上げる】公務員が行うべきスキルアップとは【転職・独立も視野】スキルアップに悩む公務員向け。公務員の仕事でもスキルには身につきますが、市場では評価されないので、転職や独立に役立つことはありません。本記事では、公務員として身につくスキル、および将来のために公務員が自主的に身につけるべきスキルを解説しています。市役所や県庁の公務員の方は、必見です。...