公務員のスキルアップ

【価値を上げる】公務員が行うべきスキルアップとは【転職・独立も視野】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

公務員の人
公務員の人
公務員の仕事の中で身につくスキルってなんだろう?
公務員の人
公務員の人
将来的なことも考えて、スキルアップに励みたい。
市場で評価される&公務員としての価値も上がるスキルを知りたい。

 

公務員の仕事は「スキルが身につかない」と言われます。

それに危機感を覚えて、スキルアップに興味を持つ公務員の方も多いです。

Hiroshi
Hiroshi
僕も同じように考えて、公務員時代からスキルアップに励んできました。

 

ただ、最初に迷うのが「そもそも何をやるべきか」です。

今回は僕自身の経験・失敗談をふまえて「公務員のスキルアップ」を書いていきます。

 

本記事の内容

  • 公務員の仕事の中で身につくスキル
  • 公務員は、市場で評価されるスキルが身につかない
  • 公務員が身につけるべき、おすすめのスキル【価値が上がる】

この記事を書いている僕は、県庁を20代で退職した元公務員です。

今ではIT系のフリーランスとして、自分のスキルでお金を稼いでいます。

Hiroshi
Hiroshi
この記事を書いているのは、退職して約1年後。
ありがたいことに収入は公務員時代を大きく超えるようになりました。

 

公務員としての価値を上げるためにも、転職・独立などの挑戦をする上でもスキルアップは必須です。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

公務員の仕事で身につくスキル

公務員の仕事で身につくスキル

よく「公務員の仕事ではスキルは身につかない」と言います。

しかし、一概にそうは言えないかなと僕は感じますね。

Hiroshi
Hiroshi
公務員時代の経験・身につけたスキルは、退職後に生かされている部分もあります。

もちろん多くはないですが、以下の2つに関しては仕事の中で磨かれていますよ。

①:文書作成スキル

1つ目が、文書を作成するスキルです。

公務員はやたらと文書が多いですよね。

  • 外部向けに出す文書
  • 上に説明する資料(内部向けの文書)
  • 起案書(稟議書)
  • 知事や部長の挨拶文
  • 議会の答弁書

上記のとおりで、僕も文書ばかり作っていた記憶があります(笑)。

 

文書は当然「誰かが見ること」が前提な上、一定のルールに従って書く必要があります。

論理性はもちろん、助詞(てにをは)まで細かくチェックされるんですから、嫌でも文章はうまくなりますよ。

Hiroshi
Hiroshi
公務員時代は「ここまで直すの無駄でしょ…生産性なくね…」と感じていましたが(笑)

 

他媒体でのライティングとは異なる部分もあるので、公務員の文書作成スキルが組織外で評価されるかは別問題です。

しかし、公務員として文書をたくさん作ることで、「文章を書くことに抵抗がなくなる」のは非常に大きいですね。

②:調整スキル

2つ目が「調整スキル」です。

公務員の仕事は「調整」が非常に多いですよね。

  • 外部の関係団体とのやりとり
  • 上への説明・段取り
  • 他の部署・自治体との調整

例えば上記のとおりです。

 

調整って結構面倒な業務だとは思います。

しかし、「相手の気持ちになって考えること」が身につきます。

  • 相手はどんな情報を、いつまでに欲しいのか
  • 相手はどんな説明なら分かりやすいか
  • どの程度の条件であれば、相手は飲んでくれるか

(いい加減な調整ではもちろん身につきませんが)

 

調整業務を通じた「相手の気持ちになって考える力」は、実は非常に大事です。

Hiroshi
Hiroshi
「何をしてもらったら嬉しいか」を考えることは、辞めてからも生きています。
もちろん公務員として仕事をする上でも、この力がある人は間違いなく重宝されますよ。

 

事実、仕事ができる人・評価が高い人は、ほぼ例外なく調整スキルが高い印象ですね。

どの世界に行っても「相手の気持ちに立つこと」は超重要。

その力が鍛えやすいのは、公務員の1つのメリットだと言えます。

【悲報】公務員の仕事では、市場で評価されるスキルは身につかない

【悲報】公務員の仕事では、市場で評価されるスキルは身につかない

確かに、公務員の仕事でも「文書作成」や「調整」などのスキルは身につきます。

しかし、市場で評価されるスキルは身につきません

Hiroshi
Hiroshi
文書作成にしても調整にしても、重要であることには間違いないのですが、それ自体が「お金になる」ものではないですからね。。

公務員は異動が多く、専門性が身につかない

行政職(事務系)公務員は3年に1回くらいのスパンで異動があります。

数年おきに業務がリセットされるので、専門性なんて身につくはずがありません。

Hiroshi
Hiroshi
公務員は「スペシャリスト」ではなく「ゼネラリスト」を育てる傾向が非常に強いですからね。

 

広く浅くは知識が身につきますが、それは言わば「器用貧乏」です。

市場では「狭く深く」の方が圧倒的に評価されますので、公務員は非常に厳しいですね。。

前例踏襲。仕事は従来通りでOK

前述のとおり、公務員は異動が非常に多いです。

ある業務に対して、頻繁に担当者が変わっていくので、高度なことはできません。

 

そこで、仕事の多くは「マニュアル化されている」特徴があります。

Hiroshi
Hiroshi
前年のファイル等をみて仕事を進めていけば、一通りできるようになっていますよね。

 

いわゆる「前例踏襲」ですね。

もちろん、一部には新しいこともありますが、基本は前の年と同じことをしていく流れ。

どう考えても価値のあるスキルは身につきませんよね。。

Hiroshi
Hiroshi
価値のあるスキルとは、「他の人はできないけれど、自分にはできること」です。
公務員の業務では、「従来の手続きに従って仕事を進めること」が求められるので、価値のあるスキルは身につけづらいですよね。

現状、公務員はスキルアップ・成長する必要なし

現状、公務員はスキルアップ・成長する必要なし

公務員は、仕事の中で市場で評価されるスキルは身につきません。

しかし、現状はそれでも特に問題ありません

年功序列。スキルアップするモチベーションもない

その理由としては「年功序列」です。

ご存知の通り、公務員は毎年昇給するので、仕事ができなくても給料が上がっていきます。

 

スキルなんてなくても給料は上がるんだよ。別にスキルアップする必要なくね?

こんな思考になりがちですね。

スキルアップは、自分の価値を上げてより良い待遇を得るために行う側面もあります。

公務員はスキルアップしなくても給料が増える上、スキルアップしても給料は特に変わりません

必然的に、モチベーションが非常に沸きづらいでしょう。

 

つまり公務員は、スキルアップする動機も湧きづらいし、そもそも必要性も薄いんです。

今のところは。

将来的には公務員もスキルアップの必要性が高まる!?

しかし、将来的には公務員もスキルを身につける必要が出てくる可能性が高いです。

その理由は「人口減少」「AI化」

  • 人口減少:経済停滞&税収減
    →全体の人件費が減る
  • AI化:ロボットが業務代行
    →できない人はいらなくなる

全体の人件費が減る&できない人は不要になれば、全体の給与体系の見直しが予想されます。

Hiroshi
Hiroshi
新しい発想で仕事ができる人=有能な人の給料が年功序列のせいで低かったら、優秀な人がどんどん辞めていきますからね。

 

つまり将来的に、スキルや価値のない公務員は淘汰される可能性があります

リストラの可能性は低いと思いますが、今のうちからスキルアップに励むのが賢明です。

AIが導入されても、公務員はリストラされないと思う理由【未来を予想した】本記事では、「AIが導入されたら、将来的に公務員はリストラされるのか」について、元公務員の筆者が見解を述べています。AI化が進んだ先に公務員に起こりそうなことについても触れているので、公務員とAIの関係が気になる方は必見です。...

【資格は古い】公務員におすすめのスキルアップ【仕事で役立つ/転職・独立】

公務員の方が身につけるべきスキルをご紹介します。

  • 公務員としてもっと活躍したい。評価されたい
  • 公務員を辞めて、転職・独立などの新しい挑戦がしたい

勉強方法もあわせて紹介するので、上記に当てはまる方はぜひ参考にどうぞ。

①:Webマーケティング

1つ目が「Webマーケティング」。

Webマーケティングとは「Web上で集客してモノを売るスキル」のことです。

一見公務員の仕事では関係ないように思えますが、実はかなり有益です。

なぜなら、Webマーケティングを学ぶことで「どうしたら〇〇できるか?」を徹底的に考えれるようになるから。

 

Webで売り上げを伸ばすには、以下のように分解して考える必要があります。

  • どうやって集客するか?←検索・SNS・広告etc…
  • どうやって売り上げを伸ばすか?
  • どうすればお客さんに買ってもらえるか?

これらの思考を通じて、マーケティング能力を身につければ、効果的な新規事業の立案やイベント運営につながるはず。

 

行政の事業でもマーケティングは重要なので、公務員の仕事とも親和性が高いですよね。

(できない人多すぎですが、だからこそ価値があります)

Hiroshi
Hiroshi
自治体でもSNS運用やイベントでの売り上げ増は必須なので、公務員の仕事に直接的に生かせる場面はかなり多いです。

マーケティングは人間の心理にも大きく関わるので、日常の業務でも生かせる場面が多いですよ。

 

なお、Webマーケティングはもちろん市場でも評価されやすいです。

「Webマーケができる=売り上げが伸ばせる」となるので。
転職・独立を考えている方も身につけて損は一切ありません。

実際に僕も、いまはWebマーケティングを軸に収入を得ています。

 

Webマーケティングの勉強方法

Webマーケティングの勉強方法ですが、ブログが最もおすすめ

  • 集客する(アクセスを伸ばす)にはどうするか?
  • 売り上げを伸ばすにはどうするか?
  • 効果的なSNS運用は? 

ブログを伸ばそうと試行錯誤する中で、Webマーケティングのスキルは伸びていきます。

Hiroshi
Hiroshi
本をいくら読んでもさほど意味はなく、実践が超大事です。
自分の経験を通じてしか、スキルは身につきません。

 

ブログの開設方法は、WordPressブログの始め方完全版【初心者OK】で書いています。

ブログ副業はグレーゾーンなので自己責任でお願いしたいのですが、ブログをやることで得られるものは超多いです。

(そして住民税の申告方法に気をつければ、まずバレません)

 

スキルアップしたい公務員の方は、ぜひチャレンジしてみてください。

1時間でできる!WordPressブログの始め方完全版【初心者でもできます】WordPress(ワードプレス)でブログを作ってお金を稼ぎたい人向け。本記事では、WordPressでのブログの始め方を、初心者の方でもわかるように超絶丁寧に解説しています。さらに、収益化のためにすべきこともまとめている完全版のブログマニュアルなので、必見です。...

②:プログラミング

2つ目が「プログラミング」です。

簡単に言えば、プログラミングは「プログラムを組んでWebサイトやアプリを作ること」です。

 

IT系は「市場が伸びているのに人材不足」なので、プログラミングはいま非常にホットなスキル。

転職・独立を考えている方には、挑戦する価値が十分すぎるほどあります。

エンジニアは公務員より圧倒的に給料も高いので、かなり魅力的に感じられるはずです。

 

また、公務員として活躍する上でもプログラミングは非常に有益です。

  • 論理的な思考が身につく:プログラミングは論理のカタマリです
    →論理的に考えることは、評価されるために必須
  • 業務効率化ができるプログラムを書く
  • 自治体運営・PR等に関するWebアプリを独自開発
    →本来は委託する事業かもですが、職員が自前やると非常に面白いです
  • プログラミングの専門知識をもとに、新規事業を考案
    →プログラミング系の事業はかなり注力されるでしょう

上記のとおり。

プログラミングスキルがあれば、他の職員が絶対できないことができます

Hiroshi
Hiroshi
僕の公務員時代の仕事が超できる先輩(30代)は、プログラミングを自分で勉強していましたよ。

 

プログラミングの勉強方法

おすすめは上記の2つ。

プログラミング学習は、スクールや教材を使って勉強すべきです。

 

確かに、書籍などを買って独学する手もあります。

しかし、最初からプログラミング独学をするのは本当に挫折しやすいです。

「何からをつければ良いか分からない」「バグの原因が分からなくて辛い」となりがちで、嫌になってしまいます

僕もプログラミングをやっていたので、初心者の苦しさが痛いほど分かります。

 

一方、スクールや教材は効率的なカリキュラムが組まれている上、講師に質問・相談ができます。

明らかに勉強しやすいですし、独学なら何日も悩んでいたバグが、5分とかで解決します

無料体験でも学べますし、スキルハックスのように非常にコスパの良い教材もあります。

時間や労力を無駄にしたくなかったら、独学に縛られない方が賢明です。

 テックアカデミーの無料体験はこちら

 

公務員こそプログラミングを学ぶべき理由にて、勉強方法・学ぶべき言語などをくわしく紹介しています。

公務員こそプログラミングを学ぶべき理由【終身雇用崩壊に備えよう】本記事では、公務員がプログラミングを学ぶべき理由について解説しています。終身雇用・年功序列が続くかどうか読めない中、公務員がプログラミングを勉強してスキルを上げることは大きな意味があります。学習方法やおすすめのプログラミングスクールも解説しているので、公務員の方は必見です。...

③:動画編集・制作

3つ目が「動画編集」です。

YouTubeの盛り上がり・5Gの普及などが進むので、「動画」は非常にホットな分野。

実際に、動画編集者・動画クリエイターとして生計を立てている人も増えていますよね

転職や独立にもつながりやすいと言えます。

 

また、動画編集・制作ができる公務員の方は非常に少ないはず。

必然的に、編集スキルがあれば差別化になります

 

例えば、動画を作ることができれば、自治体をPRするYouTube事業ができますよね。

  • 広告会社に委託するのに比べ、圧倒的に低コスト
  • 職員主体だからこそ面白さ・話題性がある
  • 必然的に費用対効果が高い

上記が言えるので、提案→事業化して成果を出せたら、あなたの評価・価値は確実に上がるはず。

Hiroshi
Hiroshi
今後は自治体間の競争も激しくなるので、どこも尖った施策が求められているはず。動画制作は、そのニーズに合っています。

 

動画編集の使用ソフト・勉強方法

  • 編集ソフト:Adobe Premiere Pro
    →最も使われている定番ソフト
  • 勉強法:オンライン講座
    →僕はMovieHacksで身につけました

編集ソフト・勉強法のおすすめは上記です。

書籍で学ぶ方法もありますが、動画講義を見ながら手を動かした方が、確実に分かりやすいはず。

 

詳しい勉強法は、YouTuberが語る、動画編集のおすすめ勉強方法で書いているので、ぜひご覧ください。

【YouTuberが解説】独学で動画編集スキルを習得!おすすめの勉強方法5選【初心者OK】独学で動画編集のスキルは身につくのか?結論をいうと、スクールや専門学校に行かずとも、オンライン講座を利用すれば身につけることができます。本記事では、動画編集のおすすめ勉強方法について、現役YouTuberが経験をもとに解説しています。動画編集を副業・本業にしたい方、趣味でやりたい方は必見です。...

【まとめ】公務員がスキルアップすれば、成長できて人生が豊かになる

まとめ。公務員がスキルアップすれば、成長できて人生が豊かになる

公務員の仕事では、専門性の高いスキルは身につきません。

転職・独立や、他の職員との差別化(=価値を高める)のためには、自分で勉強してスキルアップすることが不可欠です。

上記は公務員のスキルアップにぴったりなので、ぜひ挑戦してください。

Hiroshi
Hiroshi
仕事にも生かせる&選択肢が増えるので、より豊かな人生につながるはずです。

 

また、単純にスキルアップの勉強は楽しいです。

自分の知らなかったことを知ったり、新たな知識を身につけたり。

公務員の仕事を「つまらない」と感じる方も多いと思います。
新しい勉強・挑戦をすると、退屈さが解消されますよ。

 

思い立ったが吉日で、決断を先延ばしにして良いことはありません。

この機会に勉強を始めて、自分の人生を自分の力で明るくしてください。

 

関連記事(行動用リンク)