公務員の年収・給料・ボーナス

政令指定都市の公務員の年収・給料・ボーナスまとめ【横浜市など】

公務員の中でも高収入のエリート?政令指定都市職員の年収・給料・ボーナス

公務員の中でもエリート?政令指定都市職員の年収・給料・ボーナス

政令指定都市職員(一般行政職=事務職)の年収・給料・ボーナスについて、総務省から発表されている平成29年地方公務員給与の実態調査結果から算出しました。

ちなみに算出方法は以下の通りとなります。

  • 年収:月給×12 + ボーナス
  • 月給:基本給+諸手当
  • ボーナス:基本給 × 4ヶ月

なお、年収等に関しては統計表から推計した値であり、あくまで目安になるのでご了承ください。

また、大卒・短大卒・高卒の区分を全て含めた金額ですので、大卒の方はこの金額より多く、また短大卒・高卒区分の方はこの金額よりも若干少なめになるかと。

政令指定都市職員の平均年収は?

まずは全体の平均年収からです。

公式統計によると、政令指定都市職員(一般行政職)の平均年収は…

684万2,903円

です!(諸手当込み・平均年齢41.8歳)

 

都道府県庁職員の平均年収が約660万円(平均年齢43.1歳)であると考えると、給料の水準としては非常に恵まれていますね。

県庁職員の年収・給料・ボーナスまとめ。47都道府県の給料を解説!県庁職員の給料が知りたいですか?本記事では、元県庁職員の筆者が、県庁職員の年収・給料(月給)・ボーナスを解説しています。全47都道府県ごとにもまとめているので、都道府県庁職員の給料が知りたい方は必見です。...

しかし、必ずしも政令市職員が県庁等よりエリートというわけではなく、この原因は主に地域手当と時間外勤務手当かなと思います。

  • 政令指定都市は都市部なので、地域手当が高い
    →県庁が平均17,715円に対して、政令市は35,615円
  • 政令市は人口が多く、比較的財政状況が豊かなため、残業代がきちんと出る
    →県庁の残業代が平均30,885円に対して、政令市は39,647円

特に地域手当の金額はボーナス等にも影響するので、これが高い政令市はやはり強いですね。

残業代もちゃんと出る傾向になるので、政令市は「ホワイト」とは言えるでしょう。

年齢別・政令市職員の年収・給料・ボーナス

年収 給料 ボーナス
20〜23歳 363万円 236,109円 80万円
24〜27歳 439万円 283,169円 98万円
28〜31歳 498万円 325,529円 107万円
32〜35歳 563万円 368,038円 121万円
36〜39歳 635万円 416,077円 136万円
40〜43歳 703万円 461,043円 150万円
44〜47歳 749万円 488,890円 162万円
48〜51歳 789万円 515,510円 170万円
52〜55歳 824万円 536,518円 180万円
56〜59歳 854万円 555,255円 188万円

政令指定都市職員の年齢別の平均年収・給料・ボーナスがこちら。

典型的な年功序列ですね。

30歳で500万円・40歳で700万円・50歳で800万円ほどなので、給料の水準としてはかなり高めかなと思います。




各政令指定都市の年収をランキング形式で比較!

それぞれの政令指定都市の中で年収ってどれくらい違うものなんだろう?

そんな疑問を持つ方も多いと思うので、以下では各政令指定都市ごとの平均年収・給料・ボーナスを算出しました。

総務省の最新の統計資料のデータ(2018年のもの)をもとに記載しているので、かなり信頼性の高いものになっています。
(分かりやすいように、ボーナスと年収については千円以下を四捨五入しました)

年収 給料 ボーナス
札幌市 601万円 381,100円 144万円
仙台市 706万円 449,800円 166万円
さいたま市 711万円 456,200円 164万円
千葉市 694万円 441,700円 164万円
横浜市 691万円 421,700円 185万円
川崎市 717万円 451,700円 175万円
相模原市 676万円 425,400円 166万円
新潟市 628万円 395,300円 154万円
静岡市 665万円 420,300円 161万円
浜松市 634万円 396,000円 159万円
名古屋市 707万円 451,600円 165万円
京都市 709万円 447,000円 173万円
大阪市 689万円 428,000円 175万円
堺市 676万円 427,700円 163万円
神戸市 726万円 463,700円 170万円
岡山市 691万円 432,100円 173万円
広島市 692万円 429,200円 177万円
北九州市 698万円 434,400円 177万円
福岡市 663万円 417,000円 163万円
熊本市 644万円 410,200円 152万円

ちなみに平均年齢はどこも40歳〜43歳くらい。

ご覧のように、政令市は平均年収が700万円前後の自治体が多く、やはり年収は多いですね。

全20政令指定都市の年収ランキング
  1. 神戸市(726万円)
  2. 川崎市(717万円)
  3. さいたま市(711万円)
  4. 京都市(709万円)
  5. 名古屋市(707万円)
  6. 仙台市(706万円)
  7. 北九州市(698万円)
  8. 千葉市(694万円)
  9. 広島市(692万円)
  10. 岡山市(691万円)
  11. 横浜市(691万円)
  12. 大阪市(689万円)
  13. 相模原市(676万円)
  14. 堺市(676万円)
  15. 静岡市(665万円)
  16. 福岡市(663万円)
  17. 熊本市(644万円)
  18. 浜松市(634万円)
  19. 新潟市(628万円)
  20. 札幌市(601万円)

ランキングに直すとこんな感じです。

1位の神戸市と20位の札幌市では120万円以上も差があるので、政令市といっても結構な格差が存在しますね。




政令市職員で年収1,000万円は可能?課長まで出世すれば到達!

政令市職員で年収1,000万円は可能?課長まで出世すれば到達!

政令市職員の場合、年収1,000万円に到達することは可能です。

自治体にもよりますが、だいたい課長くらいまで出世すれば1,000万円に到達しますね。

川崎市のモデル年収

出典:川崎市 H30年給与勧告の仕組みと本年の勧告のポイント

こちらは川崎市のモデル年収なのですが、50歳課長で960万円ほどになっています。

仮に50歳以降で課長よりさらに上に出世できなかったとしても、毎年昇級することを考えると、定年までに年収1,000万円は到達します。

ただ上に書いたとおり、川崎市は政令市の中でも平均年収が高い方なので、部長クラスまで出世しないと年収1,000万円に到達できない政令市もあるでしょう。

公務員で年収1,000万円は可能!でも相当難しいよ【元県庁職員が語る】公務員でも年収1,000万円に到達します。本記事では、公務員がどうすれば年収1,000万円に到達するのかについて、国家公務員と地方公務員に分けて解説しています。公務員の年収が気になる方は必見です。...

 

まぁ公務員の場合、課長クラスにまで出世するのも大変なので、いずれにせよ年収1,000万円のハードルが高いことには変わりませんが。

地方公務員で課長になるのは難しい?大変さや業務内容、年収を解説公務員の課長はどれくらいすごいのか?本記事では地方公務員の課長になる難しさや業務内容、また年収などについて、元県庁職員が解説しています。公務員の課長がどのくらいのレベルなのか知りたい人は必見です。...

政令市職員の年収が魅力!公務員になりたい!と思った方へ

政令市職員の年収が魅力!公務員になりたい!と思った方へ

政令市の職員は待遇がかなり恵まれており、最終的に800万円以上はほぼ確実に到達します。

ここまで読んで「公務員になりたい!」と思った方は、ぜひ以下の記事を参考にしてください。

公務員試験の勉強法・予備校の選び方についてまとめた記事

公務員試験を受験するにあたっては、まず独学で勉強するか、予備校に通うかを決めないといけません。

以下の記事を参考に、ご自身に合った方を選んでください。

【保存版】独学で公務員試験に合格した、対策法のすべて【スケジュール・勉強法】公務員試験は独学じゃ無理?いいえ、公務員試験は独学で合格可能です。本記事では、独学で県庁に首席入庁した経歴を持つ筆者が、公務員試験の独学勉強法・参考書・スケジュール・独学に際する注意事項などを書いています。独学で挑戦しようと思っている、予備校と独学で迷っている大学生や社会人は必見です。...
【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

社会人から公務員に転職したい方はまずはこちら

社会人の方が公務員に転職しようと考えた場合、以下の記事で紹介しているガイドブック(無料)は必読です。

【必見】公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変です←無料ガイドブックで解決本記事では、中途で公務員になりたい社会人の方が知っておくべきことを解説しています。情報がないと失敗する可能性が高くなるので、後悔しないためにも情報収集は必須。その知っておくべきことは、すべて無料のガイドブックで解決できます。そのガイドブックのメリットや手に入れる方法の紹介もしているので、必見の内容となっています。...

政令指定都市職員の年収に関するまとめ

  • 政令指定都市職員の平均年収は約684万円(41.8歳)であり、都道府県庁よりも20万円以上高い
  • なぜなら、政令市は地域手当が多い上、財政状況が比較的良好なため、残業代がきちんと出ているから
  • 政令市の公務員は30歳で500万円・40歳で700万円・50歳で800万円が目安
  • 政令市職員は、課長クラスにまで出世できれば年収1,000万円に到達

政令市がある県の場合、県庁よりも政令市の方が年収が多くなります。

(県庁の地域手当の基準は県全体である一方、政令市はその市の基準が適用されるため)

待遇やホワイトさを重視するならば、県庁よりも政令市を選ぶのが懸命ですね。

 

今回は以上になります。ありがとうございました。

 

行政職公務員の給料に関するまとめ記事はこちら

公務員の年齢別年収・給料・ボーナスまとめ。行政職の年収を完全網羅【国家・地方】本記事は、行政職公務員の年収・給料・ボーナスのまとめ記事です。国家公務員・地方公務員はもちろんのこと、国家総合職・国家一般職・都道府県庁・政令市・特別区・市役所・町村役場の年収事情がわかるようになっています。行政職公務員の年収データとして非常に詳しいものになっているので、必見です。...
1 2