公務員の年収・給料・ボーナス

30代国家公務員の年収・給料・ボーナスまとめ【30歳で500万円】

こんにちは!元公務員のHIroshiです。

国家公務員って30代でいくらくらいもらえるんだろう?

今日はそんな疑問にお答えするために、

  • 30代国家公務員の給料
  • 同じ30代の地方公務員と比較してどちらが多いのか

というテーマで書いていきます。

国家公務員になろうかなと考えている方、国家公務員のお金事情について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

30代国家公務員の年収・給料(月給)・ボーナスまとめ

以下で詳細な金額について解説していますが、

国家公務員の30代の年収は600万円前後

といったところです。

30歳になると500万円を超え、30代半ばくらいで600万円に到達します。

 

各数値に関しては、総務省から発表されている平成30年国家公務員給与等実態調査の結果 より、以下のように算出いたしましたので、ご確認ください。

  • 年収:月給×12 + ボーナス
  • 月給:基本給(月の給与+諸手当)+時間外勤務手当
  • ボーナス:基本給 × 4ヶ月

なお、年収等に関しては統計表から推計した値ですので、あくまで目安になります。

ボーナスに関しては、民間企業の傾向や景気の変動を受けて給料の何ヶ月分出るかが決まる(2018年は4.45ヶ月)のですが、平均すると4ヶ月分程度なので、この形で計算しました。

また、大卒・短大卒・高卒の区分を全て含めた金額ですので、大卒の方はこの金額より多く、また短大卒・高卒区分の方はこの金額よりも若干少なめになるかと。

今回ご紹介する金額については、総合職(キャリア官僚)と一般職(ノンキャリア)を合わせた金額です。それぞれのデータは存在しませんでした。

総合職の方は、一般職に比べて初任給も出世のスピードも全く異なります。

なお、国家公務員は一般職の方が大多数なので、今回の記事でご紹介する年収などのデータに関しては、一般職の方の金額に近くなりますので、ご了承ください。

年代別・30代国家公務員の年収・給料・ボーナス【行政職俸給表(一)】

行政職俸給表(一)、つまり一般的な事務系の30代国家公務員の年収・給料・ボーナスは以下の通りです。

年収 給料(月給) ボーナス
28歳〜31歳 約507万円 327,043円 約115万円
32歳〜35歳 約596万円 384,068円 約135万円
36歳〜39歳 約665万円 428,836円 約150万円

 

残業代についてはデータがなかったので、平成30年人事院勧告 に記載の国家公務員の平均残業時間(年間228時間=月19時間)と各年齢の基本給から、残業代を推計しました。

  • 28歳〜31歳:基本給286,518円、残業代40,525円
  • 32歳〜35歳:基本給336,477円、残業代47,591円
  • 36歳〜39歳:基本給375,698円、残業代53,138円

なお、本省勤務の国家公務員の平均残業時間は年間350時間(=月29.2時間)なので、本省勤務の方の残業代は以下のようになります。

  • 28歳〜31歳:残業代62,280円
  • 32歳〜35歳:残業代73,140円
  • 36歳〜39歳:残業代81,665円

※残業代の計算方法:(俸給の月額+地域手当等の月額)×12÷(1週間当たりの勤務時間×52) ×支給割合×勤務時間




30代国家公務員の年収を地方公務員と比較すると…

30代国家公務員の年収を、同じ30代の地方公務員(都道府県庁職員)の年収と比較してみましょう。

国家公務員 都道府県庁職員
28歳〜31歳 約507万円 約468万円
32歳〜35歳 約596万円 約532万円
36歳〜39歳 約665万円 約599万円

上を見るとわかるように、いずれの年代にしても国家公務員の方が年収が高い計算になりました。

とはいえ、国家公務員の年収に関しては、総合職区分で入庁した方の金額も含んでいますし、国家公務員の方が残業が多い(霞ヶ関は不夜城と言われています)ことを考えると、どちらが良いかは一概には言えません。

なお、30代地方公務員の年収や給料、ボーナスについては、以下の記事で詳しく書いているので、あわせて読んでみてください。

30代地方公務員の年収・給料・ボーナスまとめ【自治体ごとに算出】30代地方公務員の年収について気になりますか?本記事では、30代地方公務員の年収・給料(月給)・ボーナスについて、自治体区分ごとに詳しくまとめています。公務員の給料が気になる方はぜひご覧ください。...

30代国家公務員の年収が魅力!公務員になりたい!と思った方へ

30代国家公務員の年収が魅力!公務員になりたい!と思った方へ

30代国家公務員の年収について書きましたが、ここまで読んで「公務員になりたい!」と思った方は、ぜひ以下の記事を参考にしてください。

公務員試験の勉強法・予備校の選び方についてまとめた記事

公務員試験を受験するにあたっては、まず独学で勉強するか、予備校に通うかを決めないといけません。

以下の記事を参考に、ご自身に合った方を選んでください。

公務員試験は独学で合格できる!【勉強法・スケジュールを解説】公務員試験は独学じゃ無理?いいえ、公務員試験は独学で合格可能です。本記事では、独学で県庁に首席入庁した経歴を持つ筆者が、公務員試験の独学勉強法や独学に際する注意事項などを書いています。独学で挑戦しようと思っている方、予備校と独学で迷っている方は必見です。...
【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

社会人から公務員に転職したい方はまずはこちら

社会人の方が公務員に転職しようと考えた場合、以下の記事で紹介しているガイドブック(無料)は必読です。

【必見】公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変です←無料ガイドブックで解決本記事では、中途で公務員になりたい社会人の方が知っておくべきことを解説しています。情報がないと失敗する可能性が高くなるので、後悔しないためにも情報収集は必須。その知っておくべきことは、すべて無料のガイドブックで解決できます。そのガイドブックのメリットや手に入れる方法の紹介もしているので、必見の内容となっています。...

まとめ

今回の記事についてまとめておきます。

  • 30代国家公務員の年収は、500万円〜650万円程度
  • 国家公務員は30歳で500万円程度の年収になる
  • 同じ年代の県庁職員と比較すると、国家公務員の方が年収が多い

今回は以上になります。ありがとうございました。

 

行政職公務員(国家・地方)の給料に関する完全まとめはこちら

公務員の年齢別年収・給料・ボーナスまとめ。行政職の年収を完全網羅【国家・地方】本記事は、行政職公務員の年収・給料・ボーナスのまとめ記事です。国家公務員・地方公務員はもちろんのこと、国家総合職・国家一般職・都道府県庁・政令市・特別区・市役所・町村役場の年収事情がわかるようになっています。行政職公務員の年収データとして非常に詳しいものになっているので、必見です。...