公務員の仕事のリアル

【体験から語る】公務員の仕事の辛いこと5選。お役所仕事も厳しいよ

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

今回は「公務員の仕事の辛いこと」をテーマに取り上げます。

よく「毎日定時帰りで楽」というイメージがある公務員ですが、実際には公務員特有の事情もあったりして、辛いことも少なくありません。

記事の最後には「仕事がつらい公務員はどうすべきか」も書いていますので、公務員の辛いポイントについて知りたい方はもちろん、現役公務員の方も読んでみてください。

3分ほどでサクッと読めますので、ぜひどうぞ。

公務員の仕事の辛いこと5選【体験から語る】

県庁職員として働いた経験から言える、公務員の仕事の辛いポイントは以下の5つ。

  • 異動が多い
  • 嫌われがちで、バッシングやクレームの対象になる
  • 独特な人間関係
  • やりがいのない・モチベーションが上がらない仕事
  • 長時間残業

①異動が多くて辛い

まず言えるのが、異動が多いことです。

公務員は3年程度のスパンで異動がある上、全く業務内容が異なる部署(例:農業→保健福祉)に異動することもしばしばあります。

要は、公務員の異動は「数年スパンで全く違う業界に転職する」こととほぼ同義。

せっかく仕事を覚えても、内容が数年おきにリセットされるので、またイチから覚え直しです。

 

さらに、全く向いていない・興味のない仕事の担当になることも普通にあります。

例えば、内気で大人しめの人が、観光系の部署で明るく振舞わないといけないなど。

自分の性格に合っていないことでも、前任者と同じレベルでやらないといけないのですから、かなりキツいでしょう。

 

実際に僕も、2年目に組織が少し改編された影響で異動したのですが、業務内容がガラリと変わり、その仕事に興味が1ミリも持てなくてつらかったですね。

 

表向きでは「適材適所の人事」と言いながら、人事異動はほぼ運ゲーです。

そんな運ゲー要素の強い異動によって数年に1回仕事内容が変わり、全く向いていない仕事をやる可能性もあるのですから、異動が公務員の仕事がつらい要因の1つになるのは当然ですね。

②嫌われがちで、バッシングやクレームの対象になる

安定職のイメージが根強い公務員は何かと嫌われがちです。

税金から給料が出ているために、公務員のことをよく思わない人たちがいるのも事実。

実際に僕も、電話口で業務に関係ないことで住民からキレられたことがありますし、窓口対応をしている職員には、酷い言葉をかけられた人も少なくありません。

公務員も人間ですから、酷すぎるバッシングをされたり、理不尽なクレームを言われたりするのはつらいです。

 

公務員のことをよく思わない人がいることは、職員自身も当然わかっているので、外に飲みに行ったりしたとき等には、職場のことを「会社」、知事のことを「社長」と言ったりします。

周囲に職業を知られないように配慮しないといけないのも、ある意味でつらいと言えるかもしれませんね。

公務員は嫌われる?元県庁職員が公務員嫌いの理由を解説【嫉妬です】こんにちは!元公務員のHiroshiです。 いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 今日は「公務員は嫌...

③独特な人間関係

公務員は良い人も普通に多いので、人間関係は必ずしも悪くありません。

実際に僕も、一緒に仕事をした上司や同僚の方には本当に良くしてもらいましたので。

 

ただ、客観的に見て人間関係は閉鎖的で、独特じゃないかなと思います。

というのも、公務員は一般企業と違い、仕事の中で外部との関わりが少ないですし、辞める人が非常に少ないから。

となると、基本的に職場の人との話の内容は、ほかの職員の噂話などが中心になります。

 

そんな閉鎖的な人間関係にいると、人によっては辛いと感じてもおかしくありません。

正直なところ、話に生産性はないので「こんな話をどうしてしないといけないんだ…」と感じることもありますね。

また、公務員として過ごす時間が長くなるにつれて、自分もその環境に慣れていきます。

特に若手の人は、その慣れを恐怖に感じる場合もあるでしょう。

④やりがいのない仕事

公務員の仕事は、やりがいを感じにくいです。

というのも、「無駄ではないか?」と思うようなことに何時間もかけたり、上に承認を得るための説明ばかりで直接的に価値のある仕事が少ないからです。

元県庁職員が語る、公務員の仕事内容のリアル【仕事のための仕事】公務員のリアルな仕事内容が知りたいですか?本記事では、行政職(事務職)の公務員の仕事の本質や具体的な仕事内容について元県庁職員の筆者が解説しています。これから公務員になろうと思う方は必見ですよ。...

 

また、行政組織は知事や市長を頂点としてピラミッド型の巨大組織。

そのため、上が言ったことが絶対で、知事や部長・課長などの上の立場の人の軽い発言によって末端の職員が疲弊します。

例:ある事業について、A案とB案の2つから決めるよう部長から指示があり、担当者が調整・検討

→知事が「Cは?」と軽い気持ちで言ったら、そのC案についても担当が参考資料を作りまくってイチから検討し直す

僕もこの類のことが2年目に多く、巨大組織の歯車として生きる辛さを強く感じましたね。

 

自分が興味を持てないこと・無駄だと思うことに対して、多くの時間を割かないといけないのは非常につらいです。

これはある程度の規模の企業でも同じかもしれませんが、行政組織は特に手続きを重視しますし、組織内外での調整が非常に面倒なので、この傾向はより強いかと。

⑤長時間残業

僕はそこまでではありませんでしたが、長時間残業も公務員の仕事の辛いポイントの1つ。

県庁などでは毎日深夜まで仕事をしている人も少なくないので、客観的に考えて辛いと言えるでしょう。

 

また、残業代は予算上の制約がありますし、毎週水曜日のノー残業デーは実質的に「ノー残業代デー」だったりするので、サービス残業も少なからずあります。

せっかく長く働いても、金銭的な見返りがない可能性もあるんです。

公務員の残業代はちゃんと出るの?データとリアルな実情を解説

 

前述のように、仕事内容も自分では無駄だなと思っていること・興味がないことだったりします。

やりがいのない業務を遅くまで残業して片付けるのですから、辛いと考えるのが自然ですね。




客観的に公務員は辛いし大変。向かない人も多数いる

公務員は、民間企業(特に営業系)と違って仕事に具体的な数字(成果)はさほど求められません。

仕事ができなくても減給することはまずないので、民間の人から見れば心理的には「楽」だと言えます。

【断言する】公務員の仕事は大変だけど楽です【個人差あり】

 

ただ、公務員も民間企業とはまた違った辛さがあるのも事実。

特に巨大組織ならではの生きづらさや閉鎖的な人間関係、運ゲー要素の強い異動などは、公務員ならではの辛いポイントです。

 

公務員でいることには相応のメリットもありますので、仕事には特にやりがい等を求めず、バッシングも気にせず、仕事は収入を得るための手段と考えられる人には公務員は向いている職業でしょう。

しかし、そうでない人にとっては十分辛い仕事だと言えるため、向いていないと悩んだり、メンタルをやられてしまったりする人も割と多いですね。




仕事でメンタルがつらい公務員は休職しよう

仕事が精神的につらいと考えている公務員の方がいたら、すぐに心療内科に行って診断書をもらい、病気休暇(療養休暇)を取得しましょう。

病気休暇の期間中(最大3ヶ月)は給料をもらいながら休むことができますし、異動の際にも業務が軽いところに行けるよう配慮してもらえますので。

病気休暇の3ヶ月で回復しない場合も、3年ほどは休職ができるので、十分に回復を待つことができますよ。

 

でも休職なんかしたら周りの人に迷惑がかかるし…

このように感じている方もいるかもしれませんが、まずは自分のことを考えるべき。

「辛いな…」と思いながら仕事をしていると、取り返しのつかない状況になることも考えられます。

実は僕も、県庁時代にメンタル的な理由で病気休暇を取得していますが、早めに取得したおかげで、3ヶ月くらいですっかり回復しました。

無理をすると、回復までに年単位、下手したら一生回復しないこともあり得ます。

組織・仕事のために自分が犠牲になる必要なんてないので、与えられた権利を使いましょう。

また、組織というのは、ひとりがいなくても回るようにできていますので、仕事面もそんなに心配する必要はないですよ。

仕事でメンタルがつらい公務員は無理せず休職すべき【メリットだらけ】本記事では、「仕事でメンタルがつらい」と悩んでいる公務員の人に対するアドバイスとして、元公務員である筆者が休職をおすすめする理由について書いています。休職の仕方についても触れているので、仕事に悩みを抱える公務員の方は必見です。...