公務員試験tips

公務員試験に「穴場」なんて無い。努力あるのみ【受かりやすいのは〇〇】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

公務員にはなりたいと思うけど、ぶっちゃけ勉強はあまりしたくない。
あまり勉強しなくても受かりやすいような、穴場の公務員試験ってないかな?

安定のイメージが高く、就職先・転職先として一定の人気を誇っている「公務員」という職業。

しかし一方で、公務員試験は難しく、勉強が大変です。

 

となると、「公務員にはなりたいけど、あまり勉強はしたくない」と考える方もいると思います。

(そんな方に向けて?)ネットには「この試験は穴場!」的な記事がありますが、公務員試験に穴場なんてありませんよ。

 

今回は、「公務員試験に穴場なんてない理由」について、元県庁職員の僕の視点でお話していきます。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

公務員試験に「穴場」なんて無い理由

公務員試験に「穴場」なんて無い理由

冒頭でも申したとおり、公務員試験に「穴場」なんてありません。

つまり、「楽をして公務員になることはできない」ということです。

その理由を解説します。

理由①:教養試験+専門試験は勉強が非常に大変

行政職の公務員試験において主流なのは、教養試験と専門試験が課せられるパターン。

(それぞれの試験の特徴は以下です)

  • 教養試験:センターレベルの国数英社理・時事問題・数的処理など
  • 専門試験:法律・経済・政治など、大学レベルの問題

 

公務員試験は、教養と専門をあわせると「30科目ほど」課せられます。

そして、筆記合格に必要となる勉強時間の目安は、「1,500時間」です。

1,500時間というと、「1日4時間を1年間継続」くらいになりますから、間違いなく勉強としては大変ですよね。

Hiroshi
Hiroshi
僕は県庁・特別区・国家一般職に合格するのに1,700時間ほど勉強しましたので、この1,500時間は結構合っていると思います。

 

都道府県庁レベルの公務員試験に合格するためには、かなりの勉強を強いられるため、難易度的にはなかなか高いです。

勉強が大変なのですから、穴場とは言えませんよね…

理由②:教養のみでも十分に大変である

教養試験だけの市役所とかなら、勉強が大変じゃないから穴場なんじゃないの?

このような意見もあると思いますが、ぶっちゃけ教養試験のみでも十分大変かと。

 

先ほど申したように、教養試験もセンターレベルが出題されます。

さらに出題範囲も広いので、勉強がそれなりに大変なのは間違いありません。

 

また、センターレベルの問題を勉強しなくてもできる人がどれほどいるでしょうか?

Hiroshi
Hiroshi
僕は国立大学出身ですが、公務員試験の勉強を始める頃には、センター試験の知識をかなり忘れていました

 

さらに、教養試験では「数的処理」というクセの強いパズルのような問題が多数出題されます。

となると、たとえ教養試験のみでも、ちゃんと勉強しないと筆記で落ちるので、穴場と言えるほど簡単ではないかと。

 

また、教養のみの試験は筆記の負担が比較的小さい分か、面接の難易度が高いことが多いです。

具体的には、倍率が高かったり、回数が多かったり。市長が面接官をやるなんてパターンもあります。

 

専門ありの公務員試験とはまた違った難しさがあるので、一概に簡単とは言えません。

必然的に「穴場」でなくなるのは明白です。

【公務員試験】倍率や科目数で「穴場」と考えるのは浅はかすぎる

【公務員試験】倍率や科目数で「穴場」と考えるのは浅はかすぎる

他のサイトの記事などでは、以下のような意見をよく目にします。

  • 近年は一昔前にくらべると倍率が下がっているから、公務員試験は穴場
  • 教養のみで受けられる市役所は穴場

 

しかし、このように考えるのはちょっと浅はかすぎるなと。

確かに、最近は公務員試験の倍率も下がっていますし、教養のみならば勉強の負担は小さいです。

 

とはいえ、たとえ倍率が下がっていても、筆記で6割取れなければその時点で落ちます

また、教養のみでも勉強は十分に大変ですし、前述のように面接などが難しいこともあり得るでしょう。

 

となると、決して楽に受かるわけではないので、穴場とは言えません

Hiroshi
Hiroshi
僕はガッツリと公務員試験の勉強をしたからこそ分かりますが、どの試験を受けるにしても一定の努力は絶対に必要です。

 

また、安易に「この試験は穴場」などと思ってしまうと、気持ちがゆるんだり、勉強に手を抜いたりすることもあると思います。

となると、落ちる可能性が高まるのは容易に想像できますよね。

 

「公務員試験に穴場なんてない」と意識した方が、自分の身が引き締まるはず。

たとえ科目が少なくても、倍率が低くても、しっかり対策をしないと受からないので、本気で勉強を頑張ってください。

強いて言うなら…公務員試験の穴場はココ【受かりやすい自治体など】

強いて言うなら…公務員試験の穴場はココ【受かりやすい自治体など】

とまぁ、ここまでは「公務員試験はどれもある程度は大変ですよ」という話をしました。

基本的なスタンスとしては、「穴場なんてない」と考えておくのが確実に良いですね。

 

とはいえ、「強いて言うなら…」という感じで、公務員試験の穴場について知りたい方もいらっしゃると思います。

なので、「楽ではない」という前提で、公務員試験の穴場を紹介します。

Hiroshi
Hiroshi
受かりやすさや勉強の負担をもとに選出しました。

①:国家一般職

1つ目が「国家一般職」です。

国家一般職は、専門・教養の両方が課せられるので、勉強の負担的には大変な部類に入る試験。

しかし、配点などを踏まえると、受かりやすい部類の試験に入ります。

 

国家一般職の配点

教養 専門 論文 面接
2/9 4/9 1/9 2/9

見ると分かるように、筆記試験の配点が非常に大きいのが特徴的。

地方公務員だと圧倒的に面接の方が配点が大きいにもかかわらず、です。

 

つまり、国家一般職は勉強さえ頑張れば受かるんです。

面接はどうしても、面接官との相性などの偶発的なものに左右される部分があります。

それ故に、公務員試験受験者は、面接に苦手意識を持っている方も少なくないはず。

となると、筆記を頑張れば受かる国家一般職は、「穴場」と考えることができます。

Hiroshi
Hiroshi
国家一般職試験は、面接自体もかなりあっさりとしていて、大したことを聞かれずに10分くらいで終わります。

 

ただ、以下のような疑問を抱く方もいると思われます。

でも国家一般職は官庁訪問をしないと内定がもらえないよ。
最終合格が簡単でもあまり意味なくない?

確かに国家一般職は、官庁訪問が必須。

しかし、いろいろな省庁に官庁訪問をすれば、最終的にはほぼ確実に内定が出ると聞きます。

最終合格をすれば何回もチャンスがあるので、やはり他に比べたら「穴場」と言えるかと。

Hiroshi
Hiroshi
1回最終合格をすれば、3年間は官庁訪問ができますし(その権利が3年継続するので)。

②:試験の負担が少ない自治体

上でも少し触れましたが、公務員試験には筆記試験の負担が少ない試験・自治体もあります。

例をあげると以下です。

  • 教養のみの市役所
  • 国立大学法人
  • 神奈川県・秋季チャレンジ

こちらの記事で紹介している無料ガイドブックに載っています)

【必見】公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変です←無料ガイドブックで解決本記事では、中途で公務員になりたい社会人の方が知っておくべきことを解説しています。情報がないと失敗する可能性が高くなるので、後悔しないためにも情報収集は必須。その知っておくべきことは、すべて無料のガイドブックで解決できます。そのガイドブックのメリットや手に入れる方法の紹介もしているので、必見の内容となっています。...

 

もちろん相応の努力が必要ですし、決して楽に受かるわけではありません。

しかし、専門試験がない分、勉強の負担は明らかに小さくなります

Hiroshi
Hiroshi
必然的に面接の重要度が増すので、面接が得意な方は狙う価値アリです。

勉強が嫌なら…独立行政法人・団体職員が穴場

勉強が嫌なら…独立行政法人・団体職員が穴場
公務員になりたい気持ちはあるけど、やっぱり勉強は嫌いだからしたくない。

特に社会人の方だと、こんな人も中にはいると思います(笑)。

しかし残念ながら、勉強をして試験に合格しないと、公務員になることはできません。

 

しかし、独立行政法人や団体の職員であれば、あまり勉強せずになれる可能性があります。

独法や団体の職員は、いわゆる「準公務員」というもの。

 

待遇は公務員と同程度ですが、試験の難易度・負担は公務員試験よりも圧倒的に下がることが多いです。

Hiroshi
Hiroshi
書類選考と面接のみ、なんて場合もよくあります。

もちろん面接対策などは本気でやる必要はありますが、あまり勉強したくない方にとっては、かなり魅力的かと。

 

なお、この類の団体職員の募集は、ひっそり行われることが多いのが難点。

そのため、リクナビNEXT等の転職サイトに登録をして、こまめにチェックするのがおすすめです。

「知らないうちに募集が終わっていた」なんてことも十分あり得るので。

【無料】リクナビNEXTへの登録はこちら

【まとめ】公務員試験に穴場はない。努力あるのみ

「公務員試験の穴場」について書きました。

本記事で書いたとおり、公務員試験には楽をして合格できるような「穴場」はありません。

試験によって勉強の負担などは異なりますが、どこを受けるにも合格には一定以上の努力は必須です。

 

また、穴場がどうとかを考えるのはかなり無駄です。

楽をすることを考えるよりも、目標に向かって努力を継続することの方が何倍も生産的かと思いますよ。

 

なお、「あまり勉強はしたくないけど公務員にはなりたい」という方は、ぜひ準公務員である「団体職員」を考えてみてください。

いずれにせよ公務員になりたいのであれば、今すぐに勉強や情報収集を始めることを強くおすすめします。

【無料】リクナビNEXTへの登録はこちら

 

公務員予備校の比較記事

【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

 

公務員試験の独学勉強法

公務員試験は独学で合格できる!【勉強法・スケジュールを解説】公務員試験は独学じゃ無理?いいえ、公務員試験は独学で合格可能です。本記事では、独学で県庁に首席入庁した経歴を持つ筆者が、公務員試験の独学勉強法や独学に際する注意事項などを書いています。独学で挑戦しようと思っている方、予備校と独学で迷っている方は必見です。...

 

公務員に転職したい方はこちら

【必見】公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変です←無料ガイドブックで解決本記事では、中途で公務員になりたい社会人の方が知っておくべきことを解説しています。情報がないと失敗する可能性が高くなるので、後悔しないためにも情報収集は必須。その知っておくべきことは、すべて無料のガイドブックで解決できます。そのガイドブックのメリットや手に入れる方法の紹介もしているので、必見の内容となっています。...