公務員の退職・転職

公務員を辞めたい30代は、「小さく」動いてみよう【いきなり辞めるな】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

30代公務員の人
30代公務員の人
30代になったけど、公務員を辞めたい…
安定しているのは魅力だし、もう若くないけど、やっぱり仕事は辛いし…
どうしたらいいんだろう??

30代というと、公務員としても結構な経験を積んできている年齢です。

しかしそれ故に、公務員としての人生に、いろいろ思うところがあっても不思議ではありません

 

その一方、公務員を30代で辞める方は少数派。

周囲に相談できる人もほとんどいないでしょうから、色々と思い悩んでしまいがちです。

 

そこで本記事では、公務員を辞めたいと悩んでいる30代の方々に対して、元県庁職員の僕から少し助言をさせていただきます

 

ちなみに、この記事を書いている僕は20代で県庁を辞めて、現在はIT系の仕事をしています。

年齢的にはみなさまの年下ですが、色々考えた末に公務員を辞め、そこから自分なりに行動をし、今では県庁時代の倍の月収になりました。

 

「20代の若造の意見なんて」と思う方はこのままページを閉じてかまいません。

でも、30代の公務員の方と接する機会はたくさんありましたし、退職を経験している身なので、価値のある話ができると思います。

 

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

30代で公務員を辞めたい←結構普通だと思う

30代で公務員を辞めたい←結構普通だと思う

公務員を辞めたいと思っている30代の方の中には、

30代公務員の人
30代公務員の人
もう何年も公務員として働いているのに、今さら辞めたいなんて…自分はおかしいのかな…

と悩んでいる方もいると思います。

確かに、公務員は辞める人が少ない職業ですので。

 

でも、30代の方が「公務員を辞めたい」と思うのって結構普通だと思うんですよね。

僕も公務員として働いていたからこそ分かります。

Hiroshi
Hiroshi
「辞める」という行動を起こしていないだけで、潜在的に「辞めたい」と思っている人はそれなりにいるはず。

理由①:激務

20代は一番下っ端の「主事級」で、比較的業務が軽かったりします。

しかし30代は、主任級や係長級になる年齢です。

役職が上がった分、大事な仕事を任されるようになりますし、責任も大きくなります。

そして、それに従って労働時間も増えます。

Hiroshi
Hiroshi
僕のいた部署でも、主任や係長の役職の方々は遅くまで残っていた人が多い印象でした。
上がショボいと30代くらいの中堅職員にしわ寄せが行くので、かなり辛いですよね。。

 

激務になるとストレスもたまりますし、プライベートの時間もなくなります。

となると、「辞めたい」と思うようになっても不思議ではありませんよね。

理由②:将来が見えてくる

公務員の場合、30代にもなると将来が見えてくるケースが大半。

それまでの経歴や所属部署で、自分が将来的にどのポジションまで行けるのかが分かります。

Hiroshi
Hiroshi
将来的に出世する人は、20代後半〜30代前半までに出向経験があったり、花形部署の経験があったりしますよね。

もしも将来的に予想される自分のキャリアが、自分が思い描いていたものと違っていたら、モチベーションの維持も大変です。

 

また、自分の上司の姿が10年後・20年後の自分の姿だと思うと、なんだか絶望することもあるでしょう。

 

公務員のように「将来が見える仕事」をしていると、未来に対して恐怖を感じても不思議ではありません。

そして30代になると、20代の頃よりも一層リアル感が増すので尚更です。

理由③:年齢的にもラストチャンス

転職をする上でも、30代はラストチャンスです。

公務員から転職する場合、基本的には「未経験」として採用されます。

なぜなら、公務員は専門スキルがないからです。

 

さらに、一般的に公務員は利益を追求する意識が低いと考えられており、市場価値は間違いなく低め。

そのため、転職の際には「年齢」が最も重要な要素になります。

20代〜30代ならば企業側も再教育できると考えてくれるので、転職も可能。

しかし、それ以上の年齢になると、公務員からの転職は厳しいと言わざるを得ません。

Hiroshi
Hiroshi
ここまでの話は多くの方が知っていると思います。

 

つまり、公務員からの転職を考えた時に、30代は年齢的にラストチャンスなんです。

公務員は確かに恵まれているけど、このタイミングを逃したら、あと30年くらい公務員のままだ…

公務員の仕事に思うことがある30代の方の場合、「辞めてチャレンジしてみたい」と思うのは、至極当然なことです。

公務員を辞めたい30代の方は、小さく動いてみるべき

公務員を辞めたい30代の方は、小さく動いてみるべき

僕が「公務員を辞めたい」と悩む30代の方に提案したいのは、小さく行動することです。

ここでのポイントは「小さく」という点。

 

退職を検討している方は、「辞めるか、続けるか」の2択で考えてしまいがちです。

しかし、いきなり辞めるのはリスクが大きすぎます

次のアテがない状態で辞めると、預金残高が減っていく日々になるので、メンタル的にもキツいはず。

 

また、30代はご家族がいたり、ご両親が退職されている場合も多々あると思われます。

となると、そもそも強い反対に遭って辞められない可能性が高いでしょう。

 

そのため、まずは「小さく」行動を起こしてみて、公務員の次の人生に向けた助走期間を作るべきです。

 

公務員は、その「身分」さえあれば毎月給料が振り込まれますし、安定した生活が保証されています。

それにもかかわらず、公務員という身分をいきなり捨てるのは本当にもったいないですよ。

公務員としての身分による安定した生活を享受しつつ、新しい行動を始めましょう。

具体的な行動とは?

「小さく動く」って言うけど、具体的にはどんな行動をすればいいの?

次を見据えた行動や、自分の将来の可能性を広げる行動です。

転職を考えている方は転職活動ですし、フリーで食べていきたい方はスキルアップの勉強ですね。

Hiroshi
Hiroshi
明確にやりたいことがある方は、もちろんその準備です。

関連記事:公務員におすすめの転職サイト3選【徹底比較】

 

在職期間から行動をすることで、リスクを減らしつつ、次の準備をすることができます。

そして何より、自分で動いてみた結果、「やっぱり公務員で頑張ろう」となれば、そのまま仕事を続けられます

 

もちろん、行動をしているうちに「このフィールドで頑張りたい」と思えば、そこで新たな挑戦が可能です。

在職期間から頑張れば、収入が途切れることなくスムーズに挑戦ができます。

Hiroshi
Hiroshi
フリーになった場合、最初は収入が減るでしょうが、それでも収入が低い期間は、いきなり辞めた場合に比べて圧倒的に短く済むはずです。

 

また、次のアテを決めてから公務員を辞めるのは、家族や職場に対する説明・説得の際にも絶対楽です。

公務員を辞める際に「〇〇がやりたいから辞める」と言えるので。

ちゃんとプランを持って辞める人間と、勢いで辞める人間とで、どっちが信用できるかは言うまでもありませんね。

「時間がない」は甘えです

在職中から行動しろって言われても、時間がないよ。
平日は夜遅くまで仕事だし、休日はしっかり休まないと平日に支障をきたすし…

こんなことを言う人がいるかもですが、単なる甘えです。

 

これは多分、あなたにとって「行動の優先順位」が低いからなんですよ。

本当に時間はないですか?
SNSをなんとなく眺めたり、飲みに行ったりしてませんか?
気分転換のつもりで、テレビや映画を見てませんか?

行動の優先順位が高ければ、「時間がない」なんて言い訳しないで頑張れるはず。

(月収2,000万円プレーヤーのマナブ氏も、以下のように言っています)

 

そもそも、時間は作り出すものです。

やる気になれば、平日のスキマ時間に勉強をしたり、有給を取って転職活動をしたりできるはず。

挑戦には痛みが伴うので、ちょっとは歯を食いしばらないといけません。

 

「公務員を辞めて、もっと収入が高い会社に行きたい。でも辛い思いはしたくない」

こんなのは絶対に無理です。

むしろこの思考の方は、公務員を辞めたら確実に後悔するので、辞めない方が良いですね。

 

小さく動くためには、ご自身の生活の優先順位を見直す必要があります。

時間がないと嘆くのではなく、「どうやれば時間が作れるか」を考えてください。

公務員を辞めるも続けるも選択肢にすぎない。ただ、行動しないと絶対に後悔する

公務員を辞めるも続けるも選択肢にすぎない。ただ、行動しないと絶対に後悔する

公務員を辞めるも続けるも、1つの選択肢にすぎません。

いずれの決断にも正解はないですし、むしろ選んだ方の道を「正しかった」と言えるように頑張るしかないです。

 

しかし1つ言っておくと、行動をしなかったら間違いなく後悔します。

 

公務員を続けるにしても、自分でなにか行動した結果としての決断であれば、それを受け入れることができるはず。

逆に公務員を辞めた場合でも、「自分で行動して決めたことだから」と前向きに頑張れます。

 

一方で、何もせずに悩んで、ダラダラと公務員を続けたら、時間が経って「あの時〇〇していれば…」と悩む可能性が高いでしょう。

そして、そのときに悔やんでももう遅いです。

Hiroshi
Hiroshi
40代・50代になると、公務員からのキャリアチェンジが非常に厳しくなりますからね。

 

よく「やって後悔」や「やらなかった後悔」なんて言われますが、在職中から行動すれば、両方の後悔の可能性を小さくできます。

安定した公務員は、リスクを減らしながら挑戦できるんです。

 

悶々と悩んでいる時間は無駄です。

実際に行動をしてみないと、なにも見えてきません。

公務員を辞めたいと悩んでいる30代の方は、ぜひ今すぐ自分でアクションを起こしてみてください。

 

行動用リンク(転職活動)

【無料】公務員から民間の転職におすすめの転職サイト3選【徹底比較】公務員から民間への転職を考えている方向け。本記事では、公務員におすすめの転職サイト・転職エージェントを3つ紹介しています。それぞれの対応地域や求人数などを比較するとともに、転職エージェントの使い方・選び方のポイントを解説しています。転職に失敗したくない・成功したい公務員の方は必見です。...

 

行動用リンク(独立を目指す方向け)

「公務員→フリーランス」カテゴリーを見る