公務員の退職・転職

【注意点あり】公務員を辞めたい20代は辞めるべき。元県庁職員が実体験を語る

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

20代の公務員
20代の公務員
公務員の仕事が自分に合わないし、つまらなすぎる…
だから公務員を辞めたいと思ってるんだけど、なかなか踏ん切りがつかない…

上記のような「公務員を辞めたいと思っている20代の方」も少なくないはず。

今回はそんな方の悩みに答えていきます。

 

本記事の内容

  • 20代で公務員を辞めたいならば辞めるべき理由
  • 僕がなぜ20代で公務員を辞めたのか
  • 公務員の辞め方と注意点

この記事を書いている僕は、2年間で県庁を退職した元公務員です。

いま記事を読んでくださっているあなたと同様、「公務員を辞めたい」と悩んでおり、実際に退職という行動を起こしました。

だからこそ、あなたに寄り添った質の高い情報を提供できると自負しております。

3分ほどで読めますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

※公務員を辞めたい20代の方は、退職する前に転職サイトや転職エージェントを利用して視野を広げてみるのがおすすめです。

  • リクナビNEXT:超大手転職サイト。グッドポイント診断で質の高い自己分析ができる
  • doda:求人数・サポート体制などの水準が全体的に高い転職エージェント
  • マイナビエージェント:大手のマイナビ。IT系に強いのが特徴(IT系は公務員からも転職しやすいです)。

【20代】公務員を辞めたい人は辞めるべき理由

【20代】公務員を辞めたい人は辞めるべき理由

タイトルにもあるとおり、公務員を辞めたいと感じている20代の方は、早く公務員を辞める決断をすべきです。

その理由は以下の3つ。

  • 20代ならば、退職後の選択肢の幅が広い
  • 不満を抱いたまま公務員として働き続けるのはもったいない
  • 年を重ねると、環境に慣れて辞められなくなる

理由①20代ならば、退職後の選択肢の幅が広い

1つ目の理由が、20代ならば退職後の選択肢の幅が広いことです。

20代というと、若さや体力に加え、時間もある時期ですよね。

また、公務員として働いた期間が相対的に短いので、良い意味で公務員っぽい色に染まっていません。

そのため転職や独立など、退職後にはいろいろな選択肢があるんです。

 

よく「公務員は転職市場では価値が低い」と言われますが、それは公務員の仕事の性格上、成果・数字を追求する能力・意識が低いことに由来しています。

しかし、公務員に染まり切っておらず、かつ体力や吸収力がある20代ならば話は別です。

企業側も十分再教育が可能と考えるので、年齢を重ねてからの転職ほど不利にはなりません。

 

また、20代は自分で好きに使える時間もある分、スキルを身につけてフリーランスとして独立するという選択肢もあります。

体力や吸収力が高い20代は、ゴリゴリ勉強をすればスキルを身につけやすい時期です。

 

さらに、20代ならば親御さんもまだ現役で働いている方が多いかと思いますので、独立して一度収入がガクンと下がっても、実家に戻れば生活はできます。

(これが30代以降になると、結婚したり子どもができたり、また親御さんが退職したりする可能性が高くなるので、独立を選ぶのは現実的に難しくなるかと)

 

年をとるごとに退職後の選択肢が狭まっていきますが、20代ならばいろいろな選択肢から自分が好きな道を選びやすいです。

辞めるのならば、若い20代のうちに越したことはありません。

理由②不満を抱えたまま公務員として働き続けるのはもったいない

2つ目の理由が、「不満を抱えたまま公務員として働き続けるのはもったいない」ことです。

辞めたいと思っている方は、公務員の仕事に対して少なからず不満を抱いているのだと思います。

無駄が多いこと、閉鎖的な人間関係、仕事にやりがいがない…等。

まぁ不満がない場合は辞めたいとは思わないですからね。

 

そして公務員として仕事をしている以上、その不満が解消されることは99%ありません。

つまり、公務員として仕事をしていくならば、今後40年以上も不満を抱えたまま過ごしていかなければならないんです。

 

40年も「嫌だなぁ」と思いながら仕事に行くのって超キツくないですか?

公務員は確かに安定しているかもですが、人生の多くを占める仕事に不満がある状態でいることは、人生自体が豊かにならない気がします。

 

それだったら、20代の若いうちに公務員を辞める決断をして、自分が良いと思える環境で働いたり、好きなことをしていた方が人生楽しそうですよね。

嫌な仕事をずっと続けるのは人生を捨てるようで本当にもったいないです。

理由③環境に慣れて辞められなくなる

3つ目の理由が、惰性で公務員を続けていると、環境に慣れて辞められなくなることです。

公務員として仕事を長く続けていくうちに、良くも悪くも環境に慣れますし、人間関係も固定化されます。

また、そのうち結婚したり、子どもができたりすれば、さらに身動きが取れなくなります(職場結婚だとほぼアウトかと…笑)。

 

ここまでくると公務員を辞めることは本当に厳しくなります。

「公務員を辞める」というアクションを起こすには、身軽さが非常に重要な要件だったりするので、長年公務員をやった状態で辞めるのはめちゃくちゃ大きなパワーが必要です。

 

そして、公務員の仕事等への不満・不信感は、一度抱いたらなかなか拭い去ることはできないもの。

となると、公務員を我慢して続けても、年を重ねてからいろいろと後悔をする可能性だって十分あるでしょう。

僕が20代で公務員を辞めた理由

僕が20代で公務員を辞めた理由

少しだけ僕の話をさせてください。

僕は20代(24歳)で県庁職員を辞めました。

その理由は、「巨大組織で生きることが向いていなかったこと」と「不毛な仕事ではなく生産的なことがしたいと思ったこと」です。

 

行政組織は、知事などのトップを頂点にしたピラミッド型の巨大組織。

それゆえか、仕事内容の無駄や上の顔色伺いが多いと感じていました。

 

2年目の途中から意味がないと思っている仕事・やりたくない仕事が多くなり、仕事に行くのが本当にしんどかったのを覚えています。

そこで「公務員を辞めよう」と決意。

そうは言っても、公務員はかなり安定した職業であるため、退職をするのは少し怖かったですし、勇気も必要でした。

 

そんな時、上司の方に「県庁を辞めようと思ったことはありますか?」と聞いたんです。

Hiroshi
Hiroshi
今まで30年くらい県庁で働いてきたと思うんですが、辞めようと思ったことはないんですか?
50歳くらいの上司
50歳くらいの上司
若いときに留学がしたくて、仕事を辞めたいと思ったことがある。県庁の仕事も嫌だったし。
でも、踏ん切りがつかなくて結局辞められなかった。
今はもう県庁にしがみつくしかない年齢になったけど、若い頃に戻れるなら留学したいと思っている。

この時、「環境に慣れて公務員を続けても、年を重ねてから後悔をすることもあるんだ」と実感しました。

この経験もあって、「若さは宝であり、一度きりの人生を満足して生きるために、後悔しない選択をしよう」と考えたのです。

 

辞めるときは確かに勇気が必要でしたが、少し考えてみると20代で公務員を辞めるなんてさほど大きな決断ではありません。

転職や独立などの可能性はたくさんありますし、日本にいる限り死ぬことはまずないので。

 

それよりも、嫌な仕事をずっと続ける方が苦行だと思いませんか?

いま公務員を辞めたいと思っている方には、ご自身の人生の満足度を上げるためのベストな選択をしていただきたいです。

【20代の辞めたい人向け】公務員の辞め方と注意点

【20代の辞めたい人向け】公務員の辞め方と注意点

公務員を辞めるというと、結構ハードルが高そうな感じがしますが、辞め方は超簡単。

上司の方に退職の意思を告げるだけです。

ほぼ確実に面談になり、引き留められるでしょうが、「辞めます」と固く告げればOK。

 

上に伝われば、あとは退職の手続きを上司や総務担当者が行ってくれるので、指示通りに退職届(様式があります)などを書いて提出する感じです。

どの上司に言うかですが、まぁ直属の上司か人事管理をしている上司(総括課長補佐)に言えば良いと思います。僕は総括に言いました。

 

まぁ辞め方自体はこんな感じで全く難しくないのですが、1つだけ注意点があります。

それは「勢いで辞めないこと」です。

注意点:勢いで辞めないこと

勢いで辞めてはいけない理由、それは収入がゼロになる上、今後の見通しも全くなくなるからです。

固定給というのは精神的な安定をもたらしてくれます。

 

でも勢いで辞めてしまうと、固定給がなくなるのに加え、これから何をして収入を得ていくかも分からない状態です。

(退職金はありますが、20代はすずめの涙程度です…)

 

そうなると精神的な安定がなくなるので、公務員の仕事とはまた別のストレスに襲われます。

せっかく公務員のストレスから開放されても、これでは本末転倒ですよね。

そうならないために、公務員として働いているうちから、「辞めたら何をするか」を考えて行動しておくべきなんです。

 

退職後の道①独立

公務員退職後の道としては、大きく分けて「独立」と「転職」の2つです。

独立したい方がすべきことは、もちろんスキルの習得ですよね。

独立は自分ひとりでプロとして仕事をすることですから、相応のスキルがないと始まりません。

そのため、公務員として在職中からスキルアップのための勉強を行ってください。

 

退職後の道②転職

最初から独立はハードルが高いと感じる方も多いでしょうから、大半の方が「転職」を選ぶことになるかと。

転職を選ぶ場合は、必ず在職中から転職活動をしておくようにしましょう。

次が決まっている状態で辞めた方がメンタルも安定しますし、周りの引き留めも軽いので。

 

なお、転職に際しては、以下の転職サイト・転職エージェントがおすすめです。

  • リクナビNEXT:超大手転職サイト。グッドポイント診断で質の高い自己分析ができる
  • doda:求人数・サポート体制などの水準が全体的に高い転職エージェント
  • マイナビエージェント:大手のマイナビ。IT系に強いのが特徴(IT系は公務員からも転職しやすいです)。

ちなみに転職サイトとは、求人を見て自分で応募するタイプのもの。登録するだけで気軽に情報収集ができます。

一方で転職エージェントは、担当者が個別でついて面談を行い、転職先の紹介や面接指導などの手厚いサポートが受けられるのが特徴です。

 

「退職を考えていて、気軽に情報収集を始めたい」という方は転職サイト、「既に退職を決めていて、本格的な転職活動を行いたい」という方は転職エージェントを使うなど、ニーズにあわせて使い分けると良いと思います。

 

辞めたいと悩んでいる20代の方も、転職サイトや転職エージェントで自分に合っている・やりたいと思える仕事があれば、それだけで気持ちが楽になるものです。

これを機にぜひ登録してみてください。

現在はコロナウィルスの影響が心配されますが、各エージェントはWeb通話や電話でも相談可能です。

直接オフィスに行く必要はないので安心ですね。

まとめ。公務員を辞めたい20代は、まず行動してみよう

まとめ。公務員を辞めたい20代は、まず行動してみよう

20代とはいえ、公務員を辞めるのは勇気が必要なことかもしれません(僕もそうだったので)。

でも、辞めるのであれば20代がベストなタイミングであることは間違いないですし、嫌な気持ちを抱えたまま公務員を続けても、将来的に後悔する可能性大です。

それだったら、辞めて新しい道に行くというチャレンジをした方が良いと思いませんか?

 

また、辞めたいのに踏み出せない原因は、行動していないことだったりします。

公務員に囲まれた環境にいては、他の人と真逆の「辞める」という選択をするのは難しいと思いますので。

 

それだったら、転職サイトを見たり、転職エージェントに話を聞いたりという新たな行動をしてみてください。

おのずと視野を広がりますし、公務員を辞めた後の仕事もイメージできるので、「辞めても大丈夫かな…」という不安も解消されますよ。

 

辞めたいのに踏み出せないまま年をとっていくか、今ほんの少しだけ勇気を出してやりたいと思える仕事を見つけるか。

決めるのはあなた次第です。

 

いずれも登録は3分ほどなので、ぜひこの機会にご自身の人生を変えるきっかけをつかんでみてください。

  • リクナビNEXT:超大手転職サイト。グッドポイント診断で質の高い自己分析ができる
  • doda:求人数・サポート体制などの水準が全体的に高い転職エージェント
  • マイナビエージェント:大手のマイナビ。IT系に強いのが特徴(IT系は公務員からも転職しやすいです)。

こちらの記事にて、公務員におすすめの転職サイトを詳しく比較しているので、あわせてご覧ください。

【無料】公務員から民間の転職におすすめの転職サイト3選【徹底比較】公務員から民間への転職を考えている方向け。本記事では、公務員におすすめの転職サイト・転職エージェントを3つ紹介しています。それぞれの対応地域や求人数などを比較するとともに、転職エージェントの使い方・選び方のポイントを解説しています。転職に失敗したくない・成功したい公務員の方は必見です。...