公務員試験tips

【現実的に】理系から公務員試験合格は可能?有利な点と不利な点を語る

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

理系から公務員になりたい。どんな職種があるんだろう?
理系から事務系の公務員になりたいけど、やっぱり文系に比べて不利なのかな?

 

理系から公務員を目指したいと思う方は意外と多いです。

そこで今回は「理系から公務員」をテーマに取り上げていきます。

 

本記事の内容

  • 理系から公務員になる道
  • 理系から事務系の公務員になるのは現実的に可能?
  • 理系から公務員試験を受ける上での注意点・デメリット

この記事を書いている僕は、県庁に首席入庁した経歴を持つ元公務員です。

元職員だからこそ分かる部分も含めて、丁寧に解説していきます。

 

本記事を読むことで、理系から公務員を目指す方の疑問が解消されるはずです。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

理系から公務員になるルート【主に地方公務員】

理系から公務員になるルート【主に地方公務員】

一言で「理系から公務員」と言っても、そのルートは大きく2つに分かれます。

  • 技術職
  • 行政職(事務職)

それぞれ解説してきます!

(主に地方公務員を念頭にしています)

①:技術職←倍率低め

まず1つ目が「技術職」です。

こちらは専門知識を生かして業務にあたる職種で、 試験自体も理系の専門科目の問題が出題されます。

Hiroshi
Hiroshi
受験資格を満たしていれば文系の方も受けられますが、99.9%受からないでしょう(笑)。
実質的に「理系の専門職」のイメージですね。

 

なお、技術職といっても以下のように色々な職種に分かれています。

  • 機械:機械設備の施工管理や設計
  • 電気:電気設備の施工管理や設計
  • 化学:環境問題などに関する調査や研究
  • 建築:建築物の審査や県有施設の設計など
  • 土木:道路や都市計画の企画や設計など

職種と仕事内容はざっくり言うとこんな感じ。その他にも農業や畜産等もありますね。

Hiroshi
Hiroshi
さらに、企業向けに共同研究や技術指導をしたり、本庁の関係課で事務的な仕事をする場合もあります

(基本は出先機関が主戦場ですが、出世が見込まれる人は本庁に異動する傾向があります)

 

ちなみに理系の技術職は、倍率的には結構低め

行政系だと10倍くらいはザラですが、技術系だと2〜3倍程度なのも少なくありません。

その分募集人数が少なかったり、職種によって採用者数がバラバラだったりしますが、ぜひ調べてみてください。

②:行政職(事務系)

2つ目が行政職。

こちらは「事務系」の公務員で、文系の人が数多く受験する職種です。

Hiroshi
Hiroshi
「公務員」と言われて多くの方がイメージするのが行政職だと思います。僕も行政職の県庁職員でした。

 

課される試験としては、主に以下の2つ。

  • 教養試験:主にセンターレベルの英国数社理
  • 専門試験:主に大学レベルの法律や経済の知識

理系の技術職とは専門試験の出題科目が異なり、主に社会科学系の問題が出ます。

(市役所など、専門試験が課されない場合もあります)

 

ちなみに理系の方でも、行政系の公務員試験を受けることは当然できます

公務員試験の受験資格は基本的に「年齢」だけで、文系・理系や学部は一切問われません。

点数を取って合格の基準に達していれば、当然受かります

公務員試験は非常に平等な試験で、差別などは一切ないのでご安心を。

理系の技術職と行政職の公務員の年収は?

技術職と行政職の年収ですが、基本は「同じ」と考えてOKです。

理由は単純で、同じ俸給表が適用されるから。

Hiroshi
Hiroshi
俸給表とは、基本給が記載された給料表のようなものです!

 

給料は役職や年齢に応じて上がっていきますが、40歳くらいまでは同期横並びです。

40歳以降に出世に差が出てくるので、そこから給料も変わってくるイメージです

ちなみに、年収の目安的には「30歳で500万円弱・40歳で650万円」程度ですかね。

(以下の記事でくわしくまとめています)

公務員の年齢別年収・給料・ボーナスまとめ。行政職の年収を完全網羅【国家・地方】本記事は、行政職公務員の年収・給料・ボーナスのまとめ記事です。国家公務員・地方公務員はもちろんのこと、国家総合職・国家一般職・都道府県庁・政令市・特別区・市役所・町村役場の年収事情がわかるようになっています。行政職公務員の年収データとして非常に詳しいものになっているので、必見です。...

理系から公務員(事務系)になるのは現実的に可能?

理系から公務員(事務系)になるのは現実的に可能?
公務員試験は平等で、理系でも点数を取れば行政系の試験にも受かるのは分かった。
でも出題されるのは文系の科目だし、現実的に合格するのは可能なのかな?

こんな疑問を持つ方をいると思います。

 

しかし、理系の方でも行政系の公務員試験に合格するのは十分可能ですよ。

実際に、理系から行政職の公務員になった方は結構いました

Hiroshi
Hiroshi
人数的には文系の人の方が多かったですが、別に理系が圧倒的に少数だったわけではありません。普通にいた印象です。

 

公務員試験なんてほとんど「暗記」ですからね。

しっかり量をこなせば、文系・理系関係なく合格できます。

理系は文系に比べると不利?

行政系(事務職)の公務員試験は、法律や経済の問題が出題されるので、一見理系の方は不利に見えがちです。

しかし、試験問題的には特に「理系だから不利」とかはありません

 

なぜなら、法律や経済も出されるのは基本的な問題ばかりで、かつ過去問の焼き増しが大半だから。

つまり、問題集をくり返し解いて、しっかり量をこなせばできるようになります。

高度な理解が必要になる問題は出ない上、6〜7割できれば合格ラインなので、努力すれば十分可能なはず。

Hiroshi
Hiroshi
公務員試験と大学の勉強は全く違うので、経済学部・法学部の人もガッツリ勉強が必要になります。
その意味で、文系・理系に有利or不利はほとんどありません。

 

そして個人的には、理系の方は文系よりもむしろ有利なように感じます。

文系の人が苦手にする傾向の強い問題を、理系の方は抵抗なく解けるからです。

  • 経済学の計算問題(微分・積分)がすんなりできる
    →文系は計算が苦手な人が超多い
  • 数的処理も抵抗なく解けると思われる

 

特に「数的処理」ですね。

数的処理とは、公務員試験特有の数学的な問題のこと。

教養試験で非常に大きな出題割合を占めるのですが、これを苦手にしている文系の人は超多いです…

Hiroshi
Hiroshi
僕も文系(法学部)でしたが、かなり苦手でした…

 

一方、数学をしっかりやってきた理系の方は、数的処理も比較的すんなり理解できるはず。

数的処理ができるのは、公務員試験を受ける上で本当に強いです

専門試験での大変さを考慮しても、理系の方が不利とかは一切なく、むしろ有利だと思いますよ。




理系から公務員試験を受ける上での注意点・デメリット

理系から公務員試験を受ける上での注意点・デメリット

理系からでも公務員になるルートは色々ありますし、文系が多い事務系の公務員試験も普通に合格可能です。

しかし、公務員を考えている理系の方は、以下の2点に注意する必要があります。

①:理系から事務系(行政系)公務員を志望する理由

事務職志望の場合、面接の際におそらく聞かれるのが、「理系から事務系公務員を受けた理由」です。

  • 理系の学部なのに、なんで事務系を志望したの?
  • 学んできた勉強からだと、製造業や研究開発系の方が自然だと思うんだけど?

こんなことを聞かれる可能性が高いでしょう。

Hiroshi
Hiroshi
事務系の仕事は本当に幅が広く、理系の学問とは全然毛色が異なるので、志望理由はやはり気になるポイントなのだと思います。

 

なので、「理系なのに事務系公務員になりたい理由」については、面接前によく考える必要があります。

  • 理系の仕事ではできない、行政職公務員の魅力を考えてみる
  • 理系の勉強をする中で、行政の目線から制度や仕組みを考えたいと思った

例としてはこんな感じですね(ざっくり考えてみました)。

 

ただ、いずれにせよまずは筆記試験対策が重要です。

面接のことを考えるのは筆記が終わってからでOKですが、頭の片隅にでも入れておいてください。

②:研究室や卒論など、大学の勉強

2つ目が、理系の学生は大学の勉強が大変な点です。

世の中の文系の大学生は、ぶっちゃけ大学の勉強が大して忙しくありません

授業がない日もあるので、公務員試験の勉強をする時間がしっかり取れます。

 

一方、理系の人は違いますよね。

  • 研究室の課題
  • 実験やレポート
  • 卒論 などなど

文系の人に比べて、大学の勉強が圧倒的に忙しいと思われます…

Hiroshi
Hiroshi
僕は国立大学出身で、かつ授業もゼミも結構ありましたが、理系の人に比べると時間は取りやすかったと思います。

 

つまり、勉強時間を確保するのが難しく、文系に比べてハンデを背負っているわけです。

必然的に、勉強時間を取るための工夫が必要になります。

  • 早めに対策を始める
  • 研究室側に交渉して理解を得る
  • スキマ時間を利用して勉強する

これらの工夫をしないと、時間が足りなくなる可能性大なので要注意です。

 

とはいえ、人間は追い込まれた方が真価を発揮する生き物です。

(実際、時間があってもグダって落ちる文系学生は多くいます。笑)

確かに大変ではありますが、自分で時間を作ってしっかり勉強してください!




理系から公務員になるための、公務員試験対策方法

理系から公務員になるための、公務員試験対策方法

最後に、理系から公務員になるための勉強方法をまとめます。

公務員試験対策の方法は、主に「予備校」と「独学」の2つに分かれます。

①:予備校

公務員試験の対策は、予備校に通う方が多数派です。

メリットとしては、なんと言っても「とにかく勉強だけに集中できる点」です。

 

公務員予備校のメリット

  • 合格までのカリキュラムが用意されており、それに従って勉強すればOK
  • テキストも予備校側で用意。こちらで選ぶ手間や時間がない
  • 勉強していく上での悩みや相談にも対応
  • 情報も簡単に手に入る
  • その他、自習室などの学習環境も得られる

勉強以外を排除でき、かつ学習環境も手に入るので、明らかに挫折しにくいです。

理系の学生は忙しいので、予備校というツールに課金して、効率的に勉強するのは非常に合理的。

 

ちなみに、費用は30万円程度が一般的ですね。

確かにお金はかかりますが、公務員1年目のボーナスで余裕で回収できる金額です。

また、「お金をかけた分だけ頑張れる」面もあるので、自己投資する価値は十分あります。

 

【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!にて、各予備校を比較しているので、ぜひご覧ください。

【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

②:独学

予備校に比べると少数派&大変ではあるものの、公務員試験は独学でも合格可能です。

前述のとおり、公務員試験は所詮「暗記」で、問題集をくり返し解くことが最重要なので。

Hiroshi
Hiroshi
僕自身は独学で県庁・特別区・国家一般職に合格しました。

 

ただ、闇雲に勉強するだけでは合格は難しくて、独学で挑む際には以下を考えて進めていく必要があります。

  • 戦略:勉強する順番・科目による勉強量の配分・学習スケジュールなど
  • 自分が受ける自治体に関する情報収集
  • 適切な参考書・問題集選び
  • 学習環境の整備・確保←勉強の習慣づけに関連
  • 面接対策ができる場所を見つける

いずれも予備校に通えば解消されますが、独学だと当然自分ですべて行う必要が出てくるので要注意です。

Hiroshi
Hiroshi
「勉強以外にもやることが数多く出てくる」のは覚えておいてください!

 

なお、独学での勉強に関しては、公務員試験は独学で合格できる!【勉強法・スケジュールを解説】で詳しく書いています。

金銭的な事情などで予備校が難しい方・独学で挑戦する予定の方などは、ぜひ読んでみてください。

(事務系の公務員試験を念頭にしています)

公務員試験は独学で合格できる!【勉強法・スケジュールを解説】公務員試験は独学じゃ無理?いいえ、公務員試験は独学で合格可能です。本記事では、独学で県庁に首席入庁した経歴を持つ筆者が、公務員試験の独学勉強法や独学に際する注意事項などを書いています。独学で挑戦しようと思っている方、予備校と独学で迷っている方は必見です。...

【まとめ】理系から公務員試験。技術系でも事務系でも合格は可能です

【まとめ】理系から公務員試験。技術系でも事務系でも合格は可能です

「理系から公務員」について書きました。

本記事のとおり、理系から技術系はもちろん、事務系の公務員になることも可能です。

公務員試験は公平・公正な試験で、年齢などの受験資格さえ満たしていればOKなので。

Hiroshi
Hiroshi
実際、理系から行政職の公務員になる人も普通にいますよ。

 

試験の問題やシステム的にも、文系に比べて不利なことはほぼありません。

むしろ有利な点が多い印象すらあります。

ただ、大学の勉強などが忙しく、勉強時間の確保が難しい可能性が高いので、そこを見越した勉強が必要な点は要注意。

 

理系から公務員になりたいと感じた方は、この機会に準備を始めてください。

予備校にせよ独学にせよ、早めに動き出した人から合格に近づきますよ。

 

公務員予備校の比較記事

【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

 

独学での公務員試験対策

公務員試験は独学で合格できる!【勉強法・スケジュールを解説】公務員試験は独学じゃ無理?いいえ、公務員試験は独学で合格可能です。本記事では、独学で県庁に首席入庁した経歴を持つ筆者が、公務員試験の独学勉強法や独学に際する注意事項などを書いています。独学で挑戦しようと思っている方、予備校と独学で迷っている方は必見です。...