公務員の仕事のリアル

公務員の仕事は楽で定時で帰れるって本当?【A.部署によります】

公務員志望者
公務員志望者
公務員の仕事って本当に楽なのかな?残業なしで帰れるなら頑張って試験勉強しようかな

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

  • 「公務員の仕事は楽」
  • 「公務員は残業がないから毎日定時で帰れる」

よくこのように言われますよね。

公務員は民間企業のようにノルマがないですし、法律によって身分が保証されているためでしょう。

しかし実際のところはどうなんでしょうか?

そこで今回は、元公務員(県庁職員)のHiroshiが「公務員は本当に仕事が楽で、定時に帰れるのか」について書いていきます。

公務員は本当に仕事が楽で定時に帰れるの?

結論から言うと、「部署や時期による」としか言えません。

暇な部署は定時とともにみんなパソコンを閉じて帰りますが、忙しい部署は日付が変わっても帰れないなんてこともザラです。

 

また、時期による仕事量の波も大きく、比較的仕事が少ない時期は早めに帰れますが、繁忙期は深夜まで仕事をすることもあります。

そのため、公務員だからと言って仕事が楽で暇かどうかは一概には言えません。

公務員の仕事が楽か、また定時で帰れるかは出先と本庁で大きく異なる

国や自治体は「本庁」と「出先機関」に分かれています。

本庁というのは、行政機関(県庁や市役所)の一番大きな建物のことです。

一方で出先機関というのは、県や市町村が所有する本庁舎以外の建物をイメージすると分かりやすいでしょう。

具体的には、県税事務所や保健所、農林事務所、土木事務所などが該当します。

仕事内容的に言うと、本庁は業務を統括するところ、出先は現場での仕事を行うところという感じですね。

出先機関は暇なところが多く残業が少ない

出先機関は基本的に暇です。本庁よりも圧倒的に残業がありません。

技術職の方の場合はまた異なるのですが、行政職(事務職)の場合は確実にそう言えますね。

 

というのも、出先は基本的に仕事がルーティーンワークで、なおかつ1人あたりの仕事量も多くないから。

そのため、仕事を覚えれば毎日定時帰りも可能ですし、有給もほぼフル消化できます

ちなみに僕がいた部署(本庁)の先輩は保健所から異動になった方だったのですが、出先にいたころは暇すぎて毎日午後はネットサーフィンしていたそうです(笑)。

 

出先にいた僕の同期にも「今まで残業したことない」と言っている人がいました。

もちろん出先機関でも忙しい時期などはあると思いますが、本庁に比べて仕事量も少なく、また仕事の難易度も低いのが一般的。

そのため、本庁の中には「出先に行きたい」「そろそろ出先で休憩したい」と言っている職員も少なくありません。

県庁・市役所の出先機関が暇で楽と言われる理由【公務員の仕事】こんにちは!元公務員のHiroshiです。 「公務員は本庁と出先で忙しさが違う」 「県庁や市役所の出先機関はラクで毎日定...

本庁は出先よりも残業が多め。しかし部署によって大きく異なる

一方で、本庁だと仕事は出先よりも難しく、残業も多めです。

特に予算編成の時期と議会の会期は、普段の仕事に加えて対応しなければならないことが増えるので、どうしても残業が増えます。

元県庁職員が語る、公務員の仕事内容のリアル【仕事のための仕事】公務員のリアルな仕事内容が知りたいですか?本記事では、行政職(事務職)の公務員の仕事の本質や具体的な仕事内容について元県庁職員の筆者が解説しています。これから公務員になろうと思う方は必見ですよ。...

 

しかし、本庁の中でも忙しい課と暇な課の違いが非常に大きいです。

忙しい部署は年間を通じて深夜まで仕事をしている一方、暇な部署はほとんど毎日定時で帰れます。

具体的な名前を出していくと…

  • 忙しい部署
    →財政課・人事課・秘書課・観光課・土木関係部署・保健福祉関係部署など
  • 暇な部署
    →統計課・会計課など

という感じ。

 

また、知事や市長といった組織のトップ(首長)の肝入り事業を行なっている課についても、非常に忙しくなる傾向があります。

産業振興関係の部署や農業関係の部署など、これに該当しない部署に関しては、繁忙期以外は基本的に7〜8時くらいに帰れるという感じです。

とはいえあくまで目安なので、ご了承ください。

公務員は優秀な人ほど早く帰れません

ラップトップ, 技術, コンピュータ, ビジネス, デジタル, オフィス, 仕事, キーボード, ホワイト公務員の場合、優秀な人ほど財政課や人事課といった中枢的ポジションの部署や、重要な政策を行う部署に配属になります。

そのため、優秀な人であればあるほど、残業が多くなり、早く帰ることができないということです。

 

逆に出先機関にいる職員は、必然的に優秀ではないorやる気がない人が多くなります。

そのため、出先にいる職員の中には本庁に全く異動にならない方も少なくありません。

優秀な人は花形の忙しい部署を渡り歩いて出世していき、優秀でない人は出先機関を渡り歩いてまったり生活を謳歌しているというのが公務員の実情なのです。

国家公務員は地方公務員よりもさらに大変

僕が元県庁職員ということもあり、ここまでは地方公務員についてのお話でした。

「じゃあ国家公務員はどうなの?」という話ですが、国家公務員は地方公務員よりもさらに忙しいです。

国へ出向になった人の話を聞いても、「基本的に日付が変わるまで仕事していた」「朝の3時にタクシーで家に帰るのが日常茶飯事だった」という感じでした。

県庁で仕事をしていると、国の方とのやりとりをするのですが、相手からメールが送られてきた時間が朝の4時だった時には驚きましたね…

「霞ヶ関は不夜城」とよく言われますが、その噂はあながち嘘ではありません。

決して公務員は楽で暇ではない。でもホワイトだと言える

ここまで読んでいただいてわかるように、公務員は部署によってはかなり激務で、必ずしも楽で暇な職業とは言えません。

しかし、僕の県庁職員生活を踏まえて考えると、民間に比べると精神的には圧倒的に楽であり、ホワイトな側面が強いと断言できます。

 

なぜなら、業務時間は長いものの、シビアに数字(結果)を求められることはほぼないから。

公務員の業務時間が長いのって、「これ意味あるの?」というような内部の手続きや不毛なやり取りに起因します。

なので、組織内部のルールや上司から言われたことを守って頑張れば、なんとかなりますし、上からの評価も上がっていきます。

その意味で、「結果を出さないといけない」というプレッシャーをかけられる厳しい民間企業よりは、メンタル的には圧倒的に楽でしょう。

 

また、仕事ができなくても給料が減らされることは無い上、任せられる仕事のレベルも低いままキープ(出先にずっといられるため)できます。

そう考えると、やはり公務員はホワイト要素が強く、民間企業よりは楽だと言えるでしょう。

公務員は本当にホワイト?基本はホワイト、でもブラック要素もある公務員がホワイトか気になりますか?本記事では、公務員がホワイトかについて、元公務員の筆者が解説しています。公務員にはホワイト要素もブラック要素もあり、それぞれについて詳しく触れているので、公務員がホワイトか知りたい方は必見です。...

公務員は楽なのか?に関するまとめ

今日書いたことをまとめていきます。

  • 公務員の仕事が楽か、定時で帰れるかは部署や時期による
  • 本庁と出先では、一般的に出先の方が仕事が少なく、早く帰れる
  • 本庁についても部署によって大きな差があり、深夜まで働いている忙しい部署もあれば、ほぼ毎日定時で帰れる部署もある
  • 国家公務員は地方公務員よりもさらに大変で、労働時間が非常に長い

今回は以上になります。ありがとうございました。

以下のnoteでは、僕の2年間の公務員経験から「受験前・入庁前に知っておきたい、公務員のリアルと未来」を書いています。

公務員になる方・公務員を考えている方が絶対に知らないと後悔することを詰め込んでいるので、気になる方はぜひどうぞ。

受験前・入庁前に知っておくべき、公務員のリアルと未来