公務員試験tips

【断言】公務員試験は難しい←これは嘘だから諦めるな【大変なだけ】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

公務員になりたいけど、公務員試験って難しいイメージがあるから自分には受からないと思ってしまう…
公務員試験が難しいと言われる理由は何だろう?

 

公務員試験は「難しい」とされる試験です。

それ故に「公務員になりたい」と思っても、最初から自信をなくしたり、自分には無理だと諦めてしまいがち。

 

ただ断言しますが、公務員試験はさほど難しくありません

今回は「公務員試験は難しいのか」について取り上げます。

 

本記事の内容

  • 公務員試験が難しいと言われる3つの理由
  • 【断言】公務員試験は、実は難しくない
  • 【参考】公務員試験の難易度ランキング
  • 公務員試験に合格するための勉強法

この記事を書いている僕は、県庁に首席入庁した経歴を持つ元公務員。

今回は、僕自身の公務員試験の経験をもとに書いていきます。

 

本記事を読めば「公務員試験は難しいから諦めよう」との考えが消え、モチベーションが上がるはず。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

公務員試験が難しいと言われる3つの理由

公務員試験が難しいと言われる3つの理由

前提として「公務員試験=難しい」と言われる理由についてです。

  • 倍率が高いこと
  • 勉強する範囲が膨大で、難しい科目や問題もあること
  • 最近は人物重視の傾向が強いこと

上の3つが主な理由だと言えます。

理由①:倍率が高い=合格率が低い

まず挙げられる理由が「倍率」です。

公務員試験は倍率が高い場合が多く、5〜10倍くらいは普通です。

簡単に言えば、受験者の「10人に1人」しか受からない計算になります

 

合格率で言えば、10〜20%くらい。

競争率は高いと考えるのが自然なので、難しいと言われるのも納得です。

理由②:勉強範囲が広く、難しい科目や問題もある

理由の2つ目が「筆記試験の内容」です。

公務員試験は「とにかく勉強する範囲が広い」のが特徴的。

  • 教養試験:センターレベルの英国数社理+時事+数的処理
  • 専門試験:大学レベルの法律や経済など

筆記試験では上の2つが課されることが多く、合計で30科目ほど出題されます

Hiroshi
Hiroshi
市役所などは教養のみですが、それでも総じて試験範囲は膨大です。。

 

また中には、難しい&受験生が苦手にしている科目もあります。

  • 数的処理:数学的なパズルっぽい問題
  • 民法や行政法:量が多く、理解もやや難
  • ミクロ経済学・マクロ経済学:理論を抑えつつ、計算問題も多数出題

この辺が代表格で、難しい故に差がつきやすい印象です。

Hiroshi
Hiroshi
数的や行政法、経済学あたりは僕も苦労しました。。

 

勉強する範囲が広い上に、理解が難しい問題もある…

当然ですが、合格レベルまで持っていくのは簡単ではないでしょう。

理由③:最近は人物重視の傾向が高い

3つ目の理由が、最近の公務員試験の傾向です。

筆記試験に合格すると、今度は面接などの2次試験が待っています。

特に地方公務員では、最近は人物重視の傾向が強く、面接の配点が筆記の数倍あるのもザラ です。

いくら筆記に合格しても「面接がダメだったら落ちる」と考えられます

 

また筆記とは異なり、面接や論文は手応えと実際の点数に差が生じる場合があります。

採点もやや不透明になるので、筆記に比べると対策が難しいと言えるでしょう…

【断言】公務員試験は難しいわけではない【大変なだけ】

【断言】公務員試験は難しいわけではない【大変なだけ】

前述のとおり、公務員試験は倍率も結構高いですし、勉強する範囲も膨大。

そして昨今は人物重視にもなっているので、難しいと言われるのも納得です。

 

しかし、実際に公務員試験を受けた経験から言うと、別に公務員試験は難しくありません

もちろん大変ではありますが、正直ビビるほどではないですよ。

Hiroshi
Hiroshi
僕が好成績で合格したから言っているのではなく、客観的に見ても難しくないと言えます。

公務員試験が決して難しくない理由、それは主に試験の性格・システムによるものです。

理由①:1次試験は「暗記」でOK。問題も基礎レベル

前述のとおり、1次試験の筆記は範囲が広いので、難しいと言われるポイントです。

しかし、基本的に全て「暗記」で対応できます。

  • 法律系科目:条文・判例の暗記
  • 経済系科目:理論の暗記+暗記した理論に基づく簡単な計算
  • 政治系科目:理論や学者の暗記
  • 数的処理:解法の暗記

その他、教養の自然科学や人文科学ももちろん暗記ですね。

 

暗記ではないのは、教養の文章理解(英語や現代文)くらい。

しかし、文章理解は高校受験・大学受験でも馴染みがある上、問題はセンターよりも簡単なレベルです。

勉強せずに高得点が取れる方も多いはずです。
現時点で苦手な方も、訓練すれば問題なく点数が取れるようになります。

 

また、問題自体も基礎レベルです。

基本的に5択ですし、そこまで難解な問題は出題されません。

Hiroshi
Hiroshi
民法・行政法・経済学は比較的難しいですが、繰り返せば徐々にできるようになるレベル。
才能もまったく不要で、最初は苦しくても、反復して覚えれば解けます。

 

さらに、筆記試験の問題は、基本的に「過去問の焼き増し」です。

同じような問題ばかり出題されるので「テキストで理解→過去問演習」を繰り返せば点数が上がります。

時事問題は過去問にありませんが、これも「速攻の時事」を暗記すれば問題ありません。

 

つまり、筆記試験は参考書や過去問をゴリゴリに勉強をして、それを覚えれば通過できる単純な試験です。

しかも6割〜7割の得点率でOK。

必要な勉強量は多いので大変ではありますが、決して難しいわけではありません。

理由②:実は倍率も大したことない

公務員試験の倍率は5〜10倍程度と高く、難しいと言われる1つの要素です。

しかし、実はこの倍率も大したことありません

理由としては、以下の2点です。

  • 記念受験組・あまり勉強していない人も多数いる
    →筆記は6〜7割取れば受かる
  • 面接での倍率はさほど高くない

 

記念受験組も多数

公務員試験は受験料が無料です。

そのため「とりあえず受ける=記念受験」の人が実はかなり多いんですよね。

そういう人はもちろん落ちます。
また、申し込みだけをして当日来ない人も多数です

つまり、倍率が10倍とは言っても、全く勝負にならない人が多いわけです。

 

いくら倍率が高くても、しっかり勉強すれば全然問題ナシですよ。

Hiroshi
Hiroshi
6〜7割取れば筆記試験は合格できます。
どんなに倍率が高い試験であっても、です。

 

面接の倍率はさほど高くない

公務員試験は高倍率に見えますが、実は面接の倍率はさほど高くありません

以下は、2019年度の特別区の公務員試験の実施状況になります。

1次受験者 1次合格者 2次受験者 最終合格者
11,501名 4,244名 3,219名 2,032名

– 出典:特別区人事委員会

ご覧のように、1次(筆記)の倍率は3倍弱と高め。

しかし、2次の倍率は2倍を切っていますよね。

つまり、筆記で受験者をごっそりと落とし、面接ではあまり落とさない傾向にあるんです。

 

これは特別区に限った話ではなく、県庁などの他の公務員試験でも同じような感じです。

Hiroshi
Hiroshi
大体の目安ですが、2次試験の倍率は2倍くらい(1.5倍〜2.5倍の間)に落ち着きますね。

 

2人に1人も受かると考えれば、全然イケそうな気がしてきませんか?

民間の大手企業だと、面接の倍率が何十倍になることも普通。

それを考えると、公務員試験の面接がいかに難しくないかが分かりますよね。

理由③:面接受験者のレベルも決して高くない

また、面接自体も決して難しくありません

なぜなら、公務員試験の面接には、言い方は悪いですが「ヤバい人」が結構多いから。

  • 相手の目を見て話せない
  • 会話ができない
    →聞かれたことに対して的外れな回答をする
  • 集団討論にて、議論をすべて否定するクラッシャー

上記のようにコミュニケーション能力が圧倒的に低い人も一定数います。

ちなみに、すべて僕が県庁を受験したときの集団討論で同じグループだった人です。

Hiroshi
Hiroshi
もちろん彼らは2次試験で落ちました。

 

この類の受験者は、面接で勝手にコケてくれます。

必然的に、面接ではごく基本的なことさえできれば、十分に合格ラインに達しますよ。

  • 自己分析をして、自分の長所を面接官に伝える
  • 相手の目を見て話す
  • 笑顔で論理的な会話する

面接重視の傾向があるとは言っても、しっかり対策して基本を押さえれば問題ないかと。

Hiroshi
Hiroshi
僕は独学だったので大した対策はできてなかったと思いますが、それでも受験した公務員試験にはすべて上位で受かりました。

 

また、国家総合職は別としても、普通の公務員試験の受験生にそこまですごい人はほぼいないはず。

本当に優秀ですごい学生は、公務員ではなく大手・外資・ベンチャー等に行く人が多いですからね。

受験者レベルを考慮しても、あまりビビる必要はなし。

特に転職組の方は社会人経験をもとに話せるので、より有利に面接を進められるかと。

関連:【断言】民間から公務員に転職するのは難しい?←そうでもない

【断言】民間から公務員に転職するのは難しい?←そうでもない【リアルを語る】「民間から公務員に転職するのは難しい?」と疑問に思っている方向け。結論から言うと決して難しいわけではなく、努力次第で全然可能です。本記事では、国家公務員・地方公務員への転職が難しくない理由、および転職を成功させるための勉強方法について、元県庁職員の筆者が解説しています。公務員になりたい社会人の方は必見です。...

【参考】公務員試験の難易度ランキング

【参考】公務員試験の難易度ランキング

ここまでの話に関連して、公務員試験の難易度ランキングを参考までにお話しします。

あくまで僕の経験に基づきますが、一応経験者なので目安としてご理解ください。

 

難易度ランキング

国家総合職>都庁・地方上級・国家一般職・国家専門職(国税専門官など)・専門ありの市役所>教養のみの市役所>警察・消防

イメージは上記ですかね。

 

国家総合職は非常にレベルが高いので別格です。

問われる知識量も多い上、競争相手も東大や京大レベルの優秀な層。

Hiroshi
Hiroshi
正直、国家総合職に関しては本記事の内容はあまり当てはまりません。

 

ただ、それ以外ならさほど難しくないと捉えてOKです。

県庁などの地方上級・国家一般職・国税専門官などは一般には難しいと言われます。

しかし、本記事の内容が当てはまるので、ビビる必要は一切ありません。

(もちろん相応の努力をすることは大前提ですが)




公務員試験に合格するための勉強方法

公務員試験に合格するための勉強方法

公務員試験は難しいわけではありませんが、範囲が膨大で対策が大変です。

勉強の量が最も大事なのは当然として、勉強の方向性も非常に重要になります。

以上をふまえて、公務員試験の勉強方法を解説します。

①:情報収集

勉強する前には、とにかく「情報収集」が必須です。

理由は単純で、情報がないと戦略や方向性を定めることができないから。

  • 試験の全体像やスケジュール
  • 志望する試験で主題される科目・配点
  • 具体的にどんな問題が出題されるか

最低でもこのあたりは押さえないと、戦略を立てられず、勉強の方向性を誤ります。

Hiroshi
Hiroshi
配点が大きい科目の勉強を怠ったり、逆に配点が小さいのに多く勉強したりするでしょう…

 

公務員試験は難しくありませんが、範囲が膨大ゆえに、おそらく全てを完璧に対策することは不可能です。

配点に応じて科目ごとに勉強量を変えたり、時には捨てたりするのも戦略です

戦略なしに始めても、間違った勉強をしてしまう→失敗につながります。

まずは情報収集をして、ある程度の方向性を定めてから勉強をスタートさせてください。

 

情報収集の方法

インターネットで調べるのももちろんアリです。

しかし、探すのが割と大変な上、信頼性の面で怪しい可能性もあります。

なので、実務教育出版の受験ジャーナル等の書籍がおすすめですね。

 

なお、社会人の方は「社会人のための公務員転職ハンドブックが超おすすめ。

大手予備校のクレアールが無料で出しているガイドブックで、知るべき情報は全て網羅しています。

Hiroshi
Hiroshi
僕も見ましたが、内容の質が非常に高かったです。
情報の信頼性に関しても申し分ないでしょう。

社会人向けですが、学生の方でも大いに参考になると思いますね。

 

ちなみに詳しい内容は公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変ですで解説しています。

無料ですが数量限定なので、早めにもらっておきましょう。

【無料】公務員転職ハンドブックはこちら

※電話番号の入力は任意。しつこい勧誘なし

【必見】公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変です←無料ガイドブックで解決本記事では、中途で公務員になりたい社会人の方が知っておくべきことを解説しています。情報がないと失敗する可能性が高くなるので、後悔しないためにも情報収集は必須。その知っておくべきことは、すべて無料のガイドブックで解決できます。そのガイドブックのメリットや手に入れる方法の紹介もしているので、必見の内容となっています。...

②:勉強

情報収集で全体像をつかんだら、勉強に移ります。

勉強の方法は大きく「予備校」と「独学」の2つです。

  • 予備校:用意されたカリキュラムに従って勉強。サポートも充実
    →勉強だけに集中できる
  • 独学:自分で戦略を決めて勉強できる
    →サポートはないので、参考書選び・スケジュール設定も自分で行う

いずれもゴールは「合格」で同じなので、あくまでツールの違いです。

Hiroshi
Hiroshi
ちなみに僕は自分で戦略を考えるのが好きなので、独学を選びました。

 

なお、1つアドバイスをすると、お金だけでは考えない方が良いかと。

公務員試験は難しいわけではないものの、勉強が長丁場ゆえに挫折しやすいです。

予備校という「ツール」に課金して、自分を管理してもらった方が確実に挫折はしにくいでしょう 

戦略や問題集を自分で考える手間も省ける上、より効果的に対策もできるはずです。

 

予備校代金は数十万円しますが、公務員1年目のボーナスで回収できます。

リターンを考えたら、「自己投資」と考えて予備校に通うのはかなり合理的ですよ。

Hiroshi
Hiroshi
独学が向いていない人が独学を選んでしまうと、高い確率で挫折します。時間を大きく損失するでしょう…

ご自身の性格などを踏まえて、慎重に選ぶことを強くおすすめします。

 

予備校比較について

以下の記事にて、公務員予備校6社を徹底比較しています。

あなたに合った予備校が選べるはずです。

【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

 

独学勉強法について

戦略面を含めた、独学での公務員試験の勉強法をまとめています。

公務員試験は独学で合格できる!【勉強法・スケジュールを解説】公務員試験は独学じゃ無理?いいえ、公務員試験は独学で合格可能です。本記事では、独学で県庁に首席入庁した経歴を持つ筆者が、公務員試験の独学勉強法や独学に際する注意事項などを書いています。独学で挑戦しようと思っている方、予備校と独学で迷っている方は必見です。...