公務員の年収・給料・ボーナス

50歳でいくらもらえる?50代公務員の年収・給料・ボーナスを解説【国家・地方】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

公務員って50歳で年収いくらくらいもらえるんだろう?職種や自治体によっても差があるのかな?

本記事では公式統計から推計した「50歳・50代公務員の年収・給料・ボーナス」をテーマに取り上げて、上のような疑問に答えていきますよ!

国家公務員・地方公務員はもちろん、国家総合職・国家一般職・都道府県庁・政令市・特別区・市・町村といった、自治体ごとの比較もできるように書いています。

公務員と年収について知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね!

50歳行政職公務員の年収を比較!【国家公務員・地方公務員】

50歳行政職公務員の年収を比較!【国家公務員・地方公務員】

国の公式統計(最新の地方公務員給与の実態調査結果人事院勧告資料)より、行政職の公務員(地方・国家)が50歳でどのくらいの年収になるのかを推計しました。

なお、自治体タイプ別に比較ができるように、国家総合職・国家一般職・都道府県庁・政令市・特別区・市・町村で分けています

年収 うちボーナス
国家総合職 1,253万円 362万円
国家一般職 788万円 181万円
都道府県庁 747万円 168万円
政令指定都市 789万円 170万円
特別区 802万円 184万円
730万円 164万円
町村 671万円 156万円

※国家総合職・国家一般職は平均的な昇進のスピードから推計した金額を記載
※それ以外の地方公務員は48歳〜51歳の平均年収を記載

諸手当(地域手当や時間外勤務手当)を加味した金額を記載しているので、よりリアリティが感じられるかと思います。

ちなみに地方公務員においては、大卒・短大卒・高卒をすべて含めた金額なので、大卒の場合は上より多め、逆に高卒の場合は若干少なめになりますね。

 

上に書いた「50歳公務員の年収」を見る限りだと、公務員の50歳時点の年収は750万円〜800万円程度が見込めます(国家総合職は別格ですが)。

手取りは総支給額の75%〜80%くらいなので、50歳公務員の手取り年収は600万円ちょっとと言えるでしょう。

 

以下では50歳時点のみならず、50代を通じての公務員の年収について、自治体タイプ別に見ていきます。




年齢別・50代国家公務員の年収・給料・ボーナス【国家総合職・国家一般職】

年齢別・50代国家公務員の年収・給料・ボーナス【国家総合職・国家一般職】

公式統計である人事院勧告資料から推計した、50代の国家公務員(行政職)の年齢別の年収・給料・ボーナスは以下のようになっています。

年収 給料(月給) ボーナス
48歳〜51歳 853万円 549,901円 193万円
52歳〜55歳 877万円 566,166円 198万円
56歳〜59歳 901万円 580,862円 204万円

※諸手当込み

ただ、こちらの金額は総合職(キャリア官僚)と一般職(ノンキャリ)をあわせた金額なので要注意。

というのも、総合職も一般職では出世のスピードは圧倒的に異なるものの、ともに「一般行政職」であり、同じ俸給表(給料表)が適用されるためです。

そのため、それぞれ単体の年収データは存在せず、国の公式統計では総合職と一般職をあわせた平均的な金額が載っているにすぎません。

そのため、上に書いた年収はあくまで参考程度ですね。

50代国家公務員の年収・給料・ボーナスまとめ【50歳で800万円超】本記事では、50代国家公務員の年収・給料・ボーナスをまとめました。同じ年代の地方公務員との比較もしているので、国家公務員の50代の給料水準について知りたい方は必見です。...

 

ただ、だからといって「総合職・一般職の年収はわかりません」じゃ面白くないので、出世のスピードなどに応じたおおよその年収について、以下で解説します!

50代国家総合職(官僚)の年収・給料・ボーナス

総合職の方は50歳で本府省の課長級の役職につき、1,200万円程度の収入が見込めるのが平均的。

そして、さらに50代を通じては本府省の課長よりもさらに上の役職である「指定職」に昇進していきます。

指定職は課長までとは異なる俸給表が適用されるので、年収が大幅にアップ。

役職 年収
50代前半 審議官・部長など 約1,500万円
50代中盤 局長など 約1,800万円
50代後半 事務次官 約2,300万円

さらに、指定職は民間企業でいう「役員」に相当するので、ここまで出世すると専用車や秘書などがつくVIP待遇が受けられます。

 

ただ、指定職になる50代くらいの年齢になると、外郭団体へ出向=出世レースで脱落させられる官僚が増えます。

だいたい課長クラスまでは横並びで出世しますが、そこから上に行くのは官僚の中でも限られた人だけということですね。

そして、最後まで出世レースに残った同期トップのただ1人だけが「事務次官」となるのです。

(官僚の年収・出世については以下の記事でまとめています)

国家総合職(官僚)の給料・年収を本気でまとめた【年齢・出世した役職ごと】国家総合職(官僚)の公務員の年収が知りたいですか?本記事では、国家総合職の給料・年収について、公式な統計をもとに元県庁職員の筆者が本気でまとめました。官僚の給料事情が知りたい方は必見です。...

50代国家一般職の年収・給料・ボーナス

国家一般職の公務員は本府省の課長補佐級・地方機関の課長級まで定年を迎えることが多いので、50代の年収は800万円台となります。

ちなみにこのあたりの役職には50歳くらいで到達することが多いので、50代になってからはあまり収入が伸びなくなるということ。

 

ただ、国家一般職の中でも特に優秀な人は、課長補佐級よりも上の企画官・室長級、そしてさらに上の本府省課長級にまで出世します。

企画官・室長級だと年収は900万円〜1,000万円超、本府省の課長になると年収は1,000万円〜1,200万円程度になるので、総合職と同等レベルですね。

(国家一般職の年収・出世については以下をどうぞ)

国家一般職の公務員の年収は?年齢・出世した役職ごとにまとめたよ国家一般職の公務員の年収や給料が知りたいですか?本記事では、国家一般職の年収について、国の統計資料をもとに元公務員が推計してまとめています。年齢・役職ごとに金額を出し、さらに初任給にも触れているので、必見の内容となっています。...

年齢別・50代地方公務員の年収・給料・ボーナス【都道府県庁・政令市・特別区・市・町村】

年齢別・50代地方公務員の年収・給料・ボーナス【都道府県庁・政令市・特別区・市・町村】

次に地方公務員です。

都道府県庁・政令市・特別区・市・町村という自治体タイプ別に50代年収を見ていくので、ぜひ比較してみてください。

50代都道県庁職員の年収・給料・ボーナス

年 収 月 給 ボーナス
48歳〜51歳 747万円 482,467円 168万円
52歳〜55歳 770万円 496,512円 174万円
56歳〜59歳 792万円 509,594円 180万円

50代の都道府県庁職員の年収は、だいたい750万円以上になります。

手取りに直しても600万円以上はもらえる感じですね。

 

ただ都道府県庁といっても、自治体ごとに地域手当に大きなバラつきがあるので要注意。

以下の記事では、都道府県庁の年収について詳しく書いています。

地域手当などを加味した年収ランキングなどもあるので、ぜひ読んでみてください。

県庁職員の年収・給料・ボーナスまとめ。47都道府県の給料を解説!県庁職員の給料が知りたいですか?本記事では、元県庁職員の筆者が、県庁職員の年収・給料(月給)・ボーナスを解説しています。全47都道府県ごとにもまとめているので、都道府県庁職員の給料が知りたい方は必見です。...

都道府県庁の中でも東京都は別格

都道府県庁の中でも、財政状況が抜群によく、さらに地域手当の金額も大きい東京都は別格の存在です。

その証拠に、以下の通り平均年収も他の自治体より多くなっています(もちろん全国No.1)。

  • 東京都:715万3,660円
  • 全国平均:663万2,681円

※平均年齢:東京都41.5歳、全国43.1歳

 

そのため、東京都庁職員の年収にフォーカスした記事も用意しています。

気になる方は、ぜひこちらもどうぞ!

東京都庁
【平均年収700万円超】東京都庁職員の給料事情!【特別区との比較も】東京都庁職員の給料事情が知りたいですか?本記事では、都庁職員の年収・給料・ボーナスについて、元県庁職員の筆者が国の公式な統計をもとにまとめています。他の県庁や特別区との比較も踏まえているので、都庁職員の給料事情が知りたい方は必見です。...

50代政令市職員の年収・給料・ボーナス

年収 月給 ボーナス
48歳〜51歳 789万円 515,510円 170万円
52歳〜55歳 824万円 536,518円 180万円
56歳〜59歳 854万円 555,255円 188万円

横浜市や川崎市、大阪市といった「政令市」は総じて地域手当の金額が大きいので、必然的に年収も多くなりますね。

50代では年収800万円を大きく超えてくるので、手取り年収でも600万円台後半という高待遇です。

50代特別区職員の年収・給料・ボーナス

年収 月給 ボーナス
48歳〜51歳 802万円 515,267円 184万円
52歳〜55歳 837万円 534,737円 192万円
56歳〜59歳 861万円 552,522円 198万円

特別区の50代公務員は、年収が800万円代後半に到達します。

東京23区は地域手当が最も大きい基本給の20%なので、必然的に年収の金額も増えますね。

以下の記事にて、特別区職員のさらに詳しい年収事情や、23区の平均年収ランキングなどを書いているので、あわせてどうぞ!

特別区の年収・給料・ボーナス総まとめ!23区の各年収も解説します特別区職員の年収が気になりますか?本記事では、東京23区の職員の年収・給料・ボーナスについて、元県庁職員の筆者が公式統計をもとに算出しました。23区ごとの年収も記載しているので、この記事を読めば特別区職員の給料事情が完璧に理解できます。...

50代市役所職員の年収・給料・ボーナス

年収 月給 ボーナス
48歳〜51歳 730万円 471,851円 164万円
52歳〜55歳 756万円 485,280円 174万円
56歳〜59歳 779万円 497,356円 180万円

50代市役所職員の年収は、総じて700万円台中盤〜後半といったところ。

ただ、市役所といっても数が多く、全ての平均を取ったにすぎないので要注意。

市役所の中には財政状況が極めて良好で、その市がある都道府県庁よりも待遇が良いところもあったりします。

50代町村役場職員の年収・給料・ボーナス

年収 月給 ボーナス
48歳〜51歳 671万円 428,944円 156万円
52歳〜55歳 695万円 442,212円 164万円
56歳〜59歳 708万円 449,584円 168万円

町村役場の50代公務員の年収は、600万円代後半〜700万円代前半といったところ。

町村は自治体の規模が小さいので、平均年収も低めです。




50代公務員の年収は個人差が大きい

50代公務員の年収は個人差が大きい

50代公務員の年収について、自治体タイプ別に書きましたが、これらの金額はあくまで公式統計から推計した「平均値」にすぎません。

50代ともなると出世にも大きな差ができているので、その分年収・給料・ボーナスにも個人差があります。

 

優秀な方は部長や局長といった「幹部」になり、年収1,000万円以上に到達。

一方で、出世に興味がない方・やる気があまりない方は出先機関をぐるぐる回る感じで渡り歩き、係長や課長補佐クラスで定年を迎えるので年収は700万円程度です。

 

ただ、幹部になって年収1,000万円をもらうのが良いかと言われると一概にそうは言えません。

  • 部長まで出世して年収1,000万円
    →若いうちからプライベートを犠牲にするほど必死で働いて到達
  • まったり年収700万円
    →出先を中心に回り、業務量も少なく残業もほぼゼロで到達

公務員の場合、どんなにやる気がないor仕事をしない人でも、最終的に700万円程度には到達するので、こちらの方がコスパは良いとも考えられます。

「部長で定年を迎える人」と「係長で定年を迎える人」とでは、業務量も業務レベルも比べ物になりません。

なので正直なところ、300万円程度の年収差であれば、仕事をサボった方が賢いと思ってしまいます…

 

また身を粉にして頑張っても、上に気に入られない限り、出世して年収1,000万円に到達するのは無理ですしね。

公務員で年収1,000万円は可能!でも相当難しいよ【元県庁職員が語る】公務員でも年収1,000万円に到達します。本記事では、公務員がどうすれば年収1,000万円に到達するのかについて、国家公務員と地方公務員に分けて解説しています。公務員の年収が気になる方は必見です。...




50歳公務員の年収が魅力!公務員になりたい!と思った方へ

50歳公務員の年収が魅力!公務員になりたい!と思った方へ

50代公務員の年収について書きましたが、ここまで読んで「公務員になりたい!」と思った方は、ぜひ以下の記事を参考にしてください。

公務員試験の勉強法・予備校の選び方についてまとめた記事

公務員試験を受験するにあたっては、まず独学で勉強するか、予備校に通うかを決めないといけません。

以下の記事を参考に、ご自身に合った方を選んでください。

公務員試験は独学で合格できる!【勉強法・スケジュールを解説】公務員試験は独学じゃ無理?いいえ、公務員試験は独学で合格可能です。本記事では、独学で県庁に首席入庁した経歴を持つ筆者が、公務員試験の独学勉強法や独学に際する注意事項などを書いています。独学で挑戦しようと思っている方、予備校と独学で迷っている方は必見です。...
【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

社会人から公務員に転職したい方はまずはこちら

社会人の方が公務員に転職しようと考えた場合、以下の記事で紹介しているガイドブック(無料)は必読です。

【必見】公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変です←無料ガイドブックで解決本記事では、中途で公務員になりたい社会人の方が知っておくべきことを解説しています。情報がないと失敗する可能性が高くなるので、後悔しないためにも情報収集は必須。その知っておくべきことは、すべて無料のガイドブックで解決できます。そのガイドブックのメリットや手に入れる方法の紹介もしているので、必見の内容となっています。...

 

行政職公務員(国家・地方)の給料に関する完全まとめはこちら

公務員の年齢別年収・給料・ボーナスまとめ。行政職の年収を完全網羅【国家・地方】本記事は、行政職公務員の年収・給料・ボーナスのまとめ記事です。国家公務員・地方公務員はもちろんのこと、国家総合職・国家一般職・都道府県庁・政令市・特別区・市役所・町村役場の年収事情がわかるようになっています。行政職公務員の年収データとして非常に詳しいものになっているので、必見です。...