公務員試験tips

【断言】公務員試験に3ヶ月で合格するのは無理。まず間に合わない【例外あり】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

難関と言われる公務員試験。

合格には1年くらい勉強をする必要があると言われていますが、「3ヶ月で合格した」という話も結構耳にします。

 

そういった話を聞くと…

公務員試験って3ヶ月で合格できるの?じゃあ別に早めに勉強をする必要ないのでは?

このように思う方もいると思います。

そこで今回は、「公務員試験は3ヶ月で合格できるのか」について取り上げます。

 

ちなみに、この記事を書いている僕は、県庁に首席で入庁した経歴を持つ元公務員です。

僕自身の経験からお話ししていくので、ぜひ最後までお付き合いください。

公務員試験に3ヶ月で合格するのは不可能。まず間に合わない

公務員試験に3ヶ月で合格するのは不可能。まず間に合わない

タイトルと見出しに書いた通り、地方上級・国家一般クラスの公務員試験に3ヶ月で合格するのは無理です。

理由は単純。

勉強が間に合わないからです。

 

専門試験ありの公務員試験(地方上級など)に合格するためには、1,000〜1,500時間の勉強が必要だと言われています。

この1,000〜1,500時間という勉強を、約1年〜半年くらいかけて行うのが一般的な勉強スタイル。

Hiroshi
Hiroshi
公務員試験は基本的に「暗記」なので、勉強量が最も大事です。

 

しかし、3ヶ月間しか勉強期間がないとなると、1日10時間休まずに勉強をしても1,000時間には届きません

そもそも、1日10時間を一切休まず勉強できる人もごく少数だとも感じます。

 

また、僕の場合は1年弱にわたって約1,700時間の勉強をしたのですが、その体感から言っても3ヶ月では無理だなと。

Hiroshi
Hiroshi
僕は難関と言われる国立大出身ですが、3ヶ月の勉強期間では合格に必要な実力を身につけることはできなかったと思います。

3ヶ月で合格した人もいるけど…

でも3ヶ月の勉強期間で合格した人もいるじゃん。ネットには体験談も出てるし。

確かにその通り。

3ヶ月しか勉強せずに合格できた人も、確実にいらっしゃるのだと思います。

 

しかしだからといって、「公務員試験は3ヶ月で合格できる」と言うのはあまりに短絡的。

前述のとおり、3ヶ月では圧倒的に時間が足りないので、満足な勉強をすることはまず不可能です。

となると、勉強する範囲を絞ったり、捨て科目を可能な限り多く作る必要があります。

Hiroshi
Hiroshi
時間が限られているんだから当然ですね。

 

勉強を超絞ったにもかかわらず、合格点を取れたということは、「勉強した範囲が偶然多く出題された」「カンが冴えていた」と考えるのが自然です。

つまり、運の要素が大きく入り込んだ上での合格と言えます。

 

でも当たり前ですが、それって再現性がかなり低いんですよね。

「確実に合格できる力」を身につけているわけではないんですから。

 

その意味で、ネットにある情報は、偶然上手くいっただけの方法を、それっぽく書いているだけに感じられます。

(合格さえしてしまえば、自分の勉強法・体験談なんていくらでも書けます)

 

正直、ネットにある「3ヶ月で合格できる方法」を実践したところで、合格できる可能性は低いと思いますね…

Hiroshi
Hiroshi
批判っぽくなって&夢を壊すようで申し訳ないですが…
でも、僕自身が1年ほど勉強をして公務員試験を突破した経験から、3ヶ月では普通無理だと断言できます。




【例外】公務員試験は、勉強をしてないのに合格する人もいる

3ヶ月で公務員試験に合格するのは、普通は無理です。

しかし中には、全然勉強してないのに合格する人がいるのも事実。

 

それはどんな人かというと、天才の人・地頭がめちゃ良い人です。

天才的に頭が良い人であれば、数的処理や文章理解なんて余裕で点数が取れますし、専門試験も消去法で正解を導けるはず。

世の中には超絶頭が良い人がいるもので、その類の人なら勉強しなくても受かると思いますね。

 

しかし大半の人はそうではないので、3ヶ月はもとより、勉強しないで合格するなんて不可能です。

自分が天才だという自負がないなら、勉強しなくても受かるとは思わないでください。

(詳しくは以下の記事に書いています)

公務員試験の勉強をしてない受験生に伝えたい事実【ノー勉で受かる人の特徴3選】「公務員試験の勉強をしてない…」と不安の受験生の方へ。本記事では、公務員試験を勉強せずに受けるとどうなるのか、またノー勉で受かる人はどんな人かを、県庁に首席入庁した元公務員が解説しています。事実をふまえて、公務員試験の勉強をしてない人がどうすべきかも触れているので、必見です。...

公務員試験に3ヶ月で合格したい社会人・大学生の戦略・勉強方法←教養のみ or 負担の少ない試験

公務員試験に3ヶ月で合格したい社会人・大学生の戦略・勉強方法←教養のみ or 負担の少ない試験

前述のとおり、3ヶ月で公務員試験に合格するのは、基本的にはほぼ無理です。

ネットには3ヶ月で合格した人の情報があるかもですが、運の要素が大きく、確実に合格する力は身についていない可能性大。

再現性が低いので、「3ヶ月で合格できる」とは思わない方が良いでしょう。

 

そうか…やっぱり難しいんだな…
でも、どうにかして3ヶ月くらいの短い勉強期間で公務員になりたい。なる方法は本当にないの?

おそらくこんな方もいますよね。

この記事を読んでいる=なるべく勉強せずに公務員になりたい方だと思うので(笑)。

 

3ヶ月の勉強で公務員になる方法、あります。

それは「筆記試験の負担が少ない自治体を受験すること」です。

 

前述のとおり、公務員試験は1,000〜1,500時間の勉強が必要と言われています。

しかし、それは地方上級や国家一般職・専門職クラスの教養試験+専門試験が課される自治体を受ける場合です。

 

教養試験のみで受けられる市役所等の、筆記の負担が少ない自治体であれば、短い勉強期間でも合格は可能かと。

専門試験がないと、勉強の負担が圧倒的に小さくなりますので。

例①:教養のみの市役所を受ける場合

教養試験で問われる問題は、だいたいセンター試験レベルです。

センター試験の勉強をガッツリやった国立大の方であれば、正直さほど難しくありません。

Hiroshi
Hiroshi
公務員試験の重要科目である、数的処理と時事をみっちり勉強し、あとは過去問を解きながら思い出す感じで勉強すれば、合格圏内に達することはできるかと。

 

教養のみの市役所は面接の回数が多い等の特徴があり、地方上級や国家一般職などとは勝手が違う部分もあります。

それでも筆記試験は3ヶ月間ガチで勉強をすれば、合格する力を身につけるのは十分可能です(元々持っている学力にもよりますが)。

 

時間がない方は、「教養のみで受けられる市役所」に狙いを定めて、3ヶ月間ガチで勉強するのもアリですね。

例②:その他の負担が少ない試験区分

市役所のほか、筆記試験の負担の小さな試験区分・自治体も多数あります。

負担の少ない試験の例
  • 国立大学法人
  • 神奈川県・秋季チャレンジ
  • 教養のみの地方上級

学習負担が小さいんですから、3ヶ月程度の短期間でも合格する力をつけることは十分可能です。

 

なお、学習負担が小さい試験は、無料でもらえる社会人のための公務員転職ハンドブックにまとめられています。

社会人のための公務員転職ハンドブック

こちらは、大手公務員予備校のクレアールが出している冊子です。

公務員試験に関する情報をギュッと凝縮したガイドブックで、内容の充実度が非常に素晴らしい…

Hiroshi
Hiroshi
社会人向けですが、公務員試験を考えている方なら、どんな方が見ても参考になる部分が大きいはず。

 

(詳しい内容については、以下の記事で紹介しています)

【必見】公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変です←無料ガイドブックで解決本記事では、中途で公務員になりたい社会人の方が知っておくべきことを解説しています。情報がないと失敗する可能性が高くなるので、後悔しないためにも情報収集は必須。その知っておくべきことは、すべて無料のガイドブックで解決できます。そのガイドブックのメリットや手に入れる方法の紹介もしているので、必見の内容となっています。...

 

必要事項の記入は2分くらいで終わりますし、申し込みから2〜3日くらいで到着します。

そして電話番号の入力も任意であり、しつこい勧誘も特にきません。

Hiroshi
Hiroshi
僕も請求してもらいましたが、ごく稀にメールが送られてくるくらいでした。

 

学習負担の少ない試験が詳細にまとめられた無料の冊子・メディアは、おそらく他にはないはず。

そして試験までの時間がない方にとっては、情報収集の時間はなるべく短くし、さっさと勉強に取り組むのが必須です。

無料で誰でももらえますが、数量限定なので、お早めをおすすめします。

【無料】公務員転職ハンドブックはこちら

※電話番号の入力は任意。しつこい勧誘なし

【まとめ】3ヶ月間での公務員試験合格は基本的に無理。合格したいなら戦略・情報収集が必須

【まとめ】3ヶ月間での公務員試験合格は基本的に無理。合格したいなら戦略・情報収集が必須

記事の中で触れたとおり、3ヶ月間の勉強で公務員試験に合格するのは、基本的には不可能です。

公務員試験は暗記型の試験であり、勉強量をこなすことが欠かせませんので。

 

3ヶ月などの短期間で合格した方も確かにいますが、それは運や地頭なども関係している可能性が高く、再現性が低いと思ってください。

まだ公務員試験まで時間がある方は、「3ヶ月で受かる」とは思わず、早めからコツコツと勉強をしていきましょう。

 

公務員試験まで時間がない方は、教養のみの市役所など、筆記の負担が少ない試験種に絞ってください。

それらの情報については、社会人のための公務員転職ハンドブックにまとめられています。

Hiroshi
Hiroshi
僕無料&簡単に請求できる上、かなり有益な情報がつまっているので、非常に役に立つはずです。

 

動くのが遅れるほど合格する可能性も下がっていきます。

情報収集はさっさと終わらせ、可能な限り早めに学習に取りかかりましょう。

【無料】公務員転職ハンドブックはこちら

※電話番号の入力は任意。しつこい勧誘なし