予備校比較

【公務員予備校】いつから通うのがベスト?【早すぎると失敗します】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

公務員試験を受けるために予備校に通おうと思っている。でも、いつから予備校に通い始めれば良いのか迷うな。スタートは早いほど良いなんて話も聞くけど本当なのかな?

公務員試験に合格するために、多くの方が予備校に通って対策しようと考えますよね。

その中で一番最初に迷うのが「一体いつから予備校に通うべきか」ということではないでしょうか?

本記事ではそんな疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • 公務員試験にはいつから通うべきか?
  • 大学1〜2年のうちから予備校に通うべきではない理由
  • 大学の学部等に関係なく、基本的には1年前がベスト

なお、この記事を書いている僕は、県庁に首席入庁した経験を持つ元公務員です。

僕自身の実体験や、僕の知り合いの話をもとに書いていきます。

3分くらいで読めますので、最後までお付き合いください。

公務員予備校にはいつから通うべきか?

受ける試験種によって異なるのですが、一般的な公務員試験(国家一般職や地方上級などの行政職)を受ける方の場合は前年の6月〜8月くらいがベストです。

基本的には前年の6月〜8月くらいがベスト

国家公務員・地方公務員問わず、公務員試験は例年6月頃に行われます。

なぜ前年の6月〜8月くらいがベストかというと、本番までに「約1年」という学習期間をとることができるからです。

国家一般職・地方上級クラスの公務員試験の合格には、1,000〜1,500時間の合格が必要とされています。

前年の6月〜8月に通い始めれば、「1日あたり3〜4時間くらい」という無理のない学習量でそれくらいに到達しますし、良いテンションを保ったまま試験勉強を継続できますよ。

 

なお、これよりも予備校に通う時期が遅くなると、当然1日あたりの勉強量が増えてきて負担が大きくなりますので、結構厳しくなります。

また、予備校で講義を聞いてインプットしたとしても、演習によるアウトプットが足りず、内容が身につかないなんてことも。

 

前年の6月〜8月頃に通い始め(=1年間の勉強期間を見ておく)れば、時間的に足りなくなることはほぼあり得ません。

かといって時間が有り余るなんてこともないので、良い緊張感をキープするという意味でも最適ですね。

 

大学生の場合だと、7月後半くらいに前期試験があると思いますので、前期試験を目安に公務員予備校に通い始めるのが良いでしょう。

  • 試験前の少し余裕のある、大学3年の「6月頃」から予備校スタート
  • 試験が終わった、大学3年の「8月頭」から予備校スタート

試験期間は試験の勉強をすると考えても、このあたりからスタートできれば問題ありませんよ。

国家総合職を目指すなら前年の4月くらい

国家総合職を目指す場合には、 ちょっと早めの前年の4月くらいからスタートさせるのが良いですね。

まぁ理由は単純で、国家総合職は難易度が高いから。

国家一般職や地方上級なども専門試験が課されるという点では同じですが、総合職の方が細かいところまで聞かれます。

それに応じて暗記量も増えますし、記述式の勉強もしないといけないので、他の試験種を受ける場合よりも少し余裕を見て学習期間を設定すべき。

 

とはいえ、地方上級・国家一般レベルの知識がベースになるので、プラス2ヶ月くらいで対応できるかと思われますね。

その証拠に、公務員予備校LECにおいても、「国家総合職の合格には10〜15ヶ月の勉強が必要」という記載がありますよ。

教養のみ市役所の場合は半年前で問題なし

教養試験のみの市役所が第一志望という方の場合は、試験の半年前くらいで問題ないですね。

専門試験が課される場合に比べて、求められる学習量が圧倒的に少なく済むので、半年くらいちゃんと勉強すれば十分合格圏内に達するかと。

(ただ、最初から教養のみの市役所1本に絞る方はそんなにいないと思われますが)




【公務員予備校】大学1年〜2年から通うべきではない

勉強期間は長いほど受かるんじゃない?大学3年といわず、大学1年・2年のうちから通った方が良いと思うんだけど…

確実に公務員試験に合格したい人の中には、「大学1年・2年などの早いうちから勉強を始めた方が良いのでは?」と感じる人もいるでしょう。

でもそれは間違いです。

なぜなら、試験までに時間がありすぎるために、非常に高い確率でダラけるから

 

試験までに2年とか時間があると、勉強していても緊張感が出ません。

そのため、予備校の講義を受けただけで満足してしまう可能性が非常に高いです。

勉強って、講義などの「インプット」をしつつ、問題演習での「アウトプット」を繰り返して初めて身につくものですからね。

講義を受けっぱなしにしては、意味は限りなくゼロに近いでしょう。

 

また、勉強期間が長いとモチベーションが続かず、飽きる可能性も高くなります。

公務員試験の勉強はお世辞にも面白いものではないので、当然といえば当然ですが。

実際、僕の友人には「国家総合職に受かる!」と言って、大学1年くらいからLECに通っていた人がいましたが、大学3年の途中には見事に飽きていましたね(笑)。

(ちなみにその友人は結局公務員になるのをやめ、民間企業に就職しました)

 

公務員予備校は大学1年・2年から通うと、当然3年から通うより費用は高くなります。

高いお金を出してもメリットは得られないんですから、まぁ大学1年・2年のうちから予備校に行く必要はないですね。

大学3年になる前に勉強以外のことをしておくべき

大学1年・2年から公務員予備校に通うべきでない理由は、上述の「モチベーション」だけではありません。

2次試験の面接のことを考えても、大学1年・2年は勉強以外のことをしておくべきなんです。

 

最近は面接重視の傾向が非常に高くなっていますし、面接も「コンピテンシー型面接」といって、過去のエピソードを具体的に掘り下げていく形式になっています。

つまり、公務員試験の勉強しかしていないと、面接のときに話すネタがなくなってしまうんです。

面接官
面接官
学生時代に最も力を入れて取り組んだことは何ですか?
受験生
受験生
公務員試験の勉強です!こちらに入庁するために大学1年から勉強をしてきました!

これだとまぁ厳しいですよね(笑)。

 

つまり大学1年・2年のうちは、ボランティアなりアルバイトなりで(何でも良いですが)様々な経験をして、面接で話すネタを作っておいた方が面接で有利になるんです。

公務員試験の勉強は1年くらいで十分ですので、まずは他のことに注力してください。

【公務員予備校】学部に関係なく、基本的に「1年前」から通うべき

  • 専門試験での配点が大きい「法律」「経済原論」を大学で勉強している、法学部・経済学部の人は勉強期間が短くて済む
  • センター試験で5教科7科目勉強した国立大学の出身者も、少ない学習期間で受かる

こんな話もよく耳にしますよね。

ただ、法学部や経済学部の出身者だろうと、国立大学の人だろうと、基本的には1年間勉強すべきです。

 

確かに、学部や大学によって多少の有利不利はあると思いますが、ぶっちゃけ微々たる差ですよ。

  • センター試験で使っただけの科目なんて大学3年頃にはほぼ忘れている
  • 法律や経済について授業でやっても、試験の前に知識を詰め込んで、試験終了とともに忘れる学生が大半
  • そもそも公務員試験と大学の授業では視点が異なる

理由としてはこのあたり。

 

特に「学部」についてですね。

法学部や経済学部の人に聞きたいのですが、「土台」と言えるほどの知識が身についていますか?

おそらく大半の学生が「No.」と答えるはず。元法学部の僕もそうでした。

つまり、法学部・経済学部の出身でも、「なんか見たことあるぞ」程度でしかない可能性が高く、結局はイチから勉強する必要があるんです。

となると、1年前から予備校に通うべきなのは明白ですよね。

 

実際に僕は国立大学の法学部出身でしたが、大学3年の7月頃から勉強をスタートさせました。

法学部や経済学部・国立大学出身の人であっても、「石橋をたたいて渡る」気持ちで、試験の1年前から予備校に通うのをおすすめします。

公務員試験には法学部・経済学部が有利?学部よりも〇〇がカギ!こんにちは!元公務員のHiroshiです。 これから公務員試験を受験しようと考えている方や、公務員になろうかなと考えている...




公務員予備校はいつから通うべきか?に関するまとめ

「公務員予備校はいつから通うべき?」という本記事の内容をまとめます。

  • 公務員予備校は、基本的に試験の前の年の1年前くらい(6月〜8月)から通い始めるのがベスト
  • 1年あれば十分な学習量を確保できる上、良い緊張感をキープして勉強できる
  • 大学1年や2年など、通うのが早すぎると失敗する
  • 法学部や経済学部の出身者や、国立大学の人なども試験の1年前から通い始めるのがおすすめ

つまり、予備校に通うのは「早すぎても遅すぎてもNG」ということです。

とはいえ、「どの予備校にするべきか」と早めに検討を始めるのは大いにアリですね。

ギリギリの時期に考えるよりも、余裕を持って検討をしておけば、より自身にあった予備校が選べますし、スムーズに勉強を始められるので。

 

今回は以上になります。ありがとうございました。

 

大手公務員5社の比較

【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...