公務員の仕事のリアル

【経験から語る】仕事ができない公務員はどうすべき?←選択肢は2つ

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

公務員として日々仕事をしているけど、自分があまりにできなくてつらい…
公務員の仕事ができなすぎて、周りの人達に迷惑をかけているのが申し訳ない…

 

一般に言われる「公務員=楽」のイメージとは違い、実際の公務員の仕事には難しいものも少なくありません。

また、巨大組織ゆえに仕事も独特だったりするので、仕事ができない・合わないと悩む公務員も多いです。

Hiroshi
Hiroshi
実際に僕も県庁職員時代には、仕事ができない・合わないと悩んだことがありました。

 

そこで今回は、僕の体験をふまえて「仕事ができないと悩む公務員はどうすべきか」を取り上げます。

本記事を読むことで思考が整理され、前向きに考えるきっかけが手に入るはずです。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

仕事ができない・つらい公務員へ。発想を変えるべし

仕事ができない・つらい公務員へ。発想を変えるべし

仕事ができないことに辛さを感じている公務員の方は、かなりネガティブな思いに支配されているはず。

周りの人たちはできるのに、自分はできない…
上司や同僚に迷惑をかけてしまって申し訳ない…

おそらくこんな感じですよね。

(公務員は真面目な方が多いですから、自分を責めがちです)

 

しかし発想を変えてみると、「仕事ができないのは悪いことではない」と思えますよ。

仕事ができない=逆にコスパ良い

少し考えてみてほしいのですが、仕事できない方がぶっちゃけコスパ良いですよ。

  • 仕事ができない=仕事が回ってこない=早く帰れる
    →仕事ができる人が仕事をする
  • 仕事ができない=出先などの楽な部署に行ける

上記のとおり。

 

公務員の世界は、基本的に完全な年功序列。

仕事をやろうがやるまいが、忙しくても暇でも給料は横並びです。

 

そして、仕事は「できる人」のところに集まります。

(できない人には任せられないと考えるのが自然なので)

 

必然的に、仕事ができない人には回ってくる仕事自体も少ないです。

また、異動の際にも業務が楽な出先機関に行けることが多いはず。

仕事をしない人の方が早く帰れるのに、忙しい人と給料は変わりません。
明らかにコスパは良いです

 

今の部署では業務が決まっているでしょうから、できないことに辛い気持ち・申し訳なさはあると思います。

とはいえ、仕事ができないと周りに分かれば、業務も増えない・異動もできるでしょうから、逆に楽になるかと。

仕事ができなくても、クビにはならない&昇給する

上にも関連しますが、仕事ができなくてもクビになることはありませんし、給料も毎年上がります。

となると、なおさら仕事ができない=仕事が少なくて早く帰れる方がコスパ良いですよね。

仕事ができない=悪ではなく、組織の中では逆に得だと発想を変えると、少し楽になれるはずです。

 

この考え方には賛否両論あると思います。

しかし、できない自分を責めて病んでしまうより、いまの自分を少しでもプラスに捉えられた方が良いですよ。

Hiroshi
Hiroshi
うつ病などになってしまうと本当に大変です。最悪の場合、自殺も考えられます。

 

もちろん、与えられた仕事は精一杯頑張るべきです。

でも、そこまで深刻に考えない方が幸せに生きられると思いますね。

仕事はできないけど、クビにはならないし、給料も上がるし、出世も興味ないから良いや。
できないなりに頑張りつつ、定時に帰ろう。

このくらい楽天的な方が、日々を楽しく過ごせるのではないでしょうか?

「仕事ができない=得」と割り切れないなら、公務員から環境を変えるしかない

「仕事ができない=得」と割り切れないなら、公務員から環境を変えるしかない
確かに発想を変えて割り切ってしまうのは1つの手だし、コスパも良いと思う…
でもやっぱり割り切ることができないな…

上では、「仕事ができないのは逆にコスパが良い」と書きました。

しかし、「仕事ができなくてもよい」と割り切れない方もいるはず。

(極論といえば極論なので)

 

それなら、「公務員」という環境を変えるしかありません

つまり、自分がより力を発揮できるフィールドを探すんです。

仕事ができない=公務員が合わないだけ

「仕事ができない」と悩んでいる公務員の方の大半は、ぶっちゃけ「公務員が合わない」だけだと思います。

  • とにかく正確性・失敗しないことを求められる
  • 巨大組織ゆえに、上をリスペクトしすぎる文化
  • 1日にたくさん電話をしないといけない
  • 根回しや調整が大変

公務員の仕事の特徴としては、上記のものが挙げられます。

普通に結構独特な感じなので、人によっては明らかに難しいと思いますね。

Hiroshi
Hiroshi
僕も全然合いませんでした。
ひっきりなしに鳴る電話、上への説明ばかりの仕事などが結構ツラかった…

 

公務員の仕事ができないからといって、別に自分を否定する必要はありません。

それはあなたがダメなのではなく、単純に仕事とあなたの性格が合っていないだけなので。

Hiroshi
Hiroshi
合わない環境に居続けても、自分の力が発揮できるようになることはほぼ無いですし。

公務員すらできない=何もできないは勘違い

でも、公務員の仕事もできない自分には他になにもできないのでは…

これはよく思いがちですが、100%勘違いですよ。

 

公務員の仕事ができない理由は、単純に合っていないからだと思われます。

自分に合った環境・職場を見つければ、結果を出せる可能性はグッと高まるはず。

「転職したら、一気に仕事ができるようになった」という話は、業界・職種に関係なく聞きます

つまり、「環境」がかなり大事なんですよね。

 

これは実際に僕も同じです。

僕自身も公務員の仕事が合わず、2年で退職しました(特に仕事もできない方だったと思います)。

でも、退職後にIT系の仕事をするようになってからは、公務員時代よりも高い成果を残せるように。

Hiroshi
Hiroshi
そして僕自身も楽しく働いています。
公務員時代の電話や巨大組織のしがらみから解放されたので、ストレスフリーです。

 

だから、別に「公務員の仕事ができない=他の仕事もできない」とかは一切ないですよ。

今は辛くても、自分に合う環境・仕事を見つければ、必ず今よりも輝けるはずです。

自分に合う環境を見つけるには、行動するしかない

そして、自分に合った環境を見つけるには、新しい行動をするしかないんですよね。

何事もやってみないと、自分に合うor合わないは絶対に分かりませんし、やりたいことが空から降ってくるわけでありません。

とりあえず動いていく中で、やりたいこと・興味のあることは見つかるものです

 

転職活動でも、プログラミング等の新しい勉強でもなんでも良いと思います。

ただ、とにかく自分で環境を変えるための努力・行動をしないと、何も見えてきません。

 

新しいアクションに必要なのは、「少しの勇気」だけ。

合わない・できない仕事をやっていくのは普通に辛いですし、結果も出ません。

それなら、ちょっと勇気を出して新しい可能性を探した方が、確実にプラスになるかと。

リクルートエージェント | 転職支援実績No.1

【まとめ】仕事ができない公務員の選択肢は2つ。割り切るか、環境を変えるか

【まとめ】仕事ができない公務員の選択肢は2つ。割り切るか、環境を変えるか

本記事で見たとおり、仕事ができないと悩む公務員の方にある選択肢は2つ。

  1. 仕事ができないのは逆にコスパが良い、と割り切って公務員を続ける
  2. 自分が力を発揮できる環境を新しく探す

 

公務員でいることには相応のメリットはあるので、割り切れるなら①もかなりアリだと思います。

実際、仕事しない人の方が明らかにコスパは良いですからね。

 

とはいえ特に若い方は、そんな割り切り方をするのは難しい部分があると思います。

Hiroshi
Hiroshi
僕も割り切れませんでした。
公務員にはメリットはありますが、自分の人生を考えた時に「環境を変えてチャレンジしたい」と思ったことを覚えています。

 

割り切れないなら、とにかく自分で新しい行動をするしかありません。

その中で、自分に合った仕事がきっと見つかり、毎日が楽しくなるはずです

 

最後に、プロポーカープレイヤーの冨永大地さんの言葉で締めます。

自分の性質に合った仕事に就けていなければ、その人にとっても社会にとっても損失

-POPEYE 2016年3月号より

(↑僕がすごく好きな言葉です)

 

仕事ができない・合わないと悩む公務員の方にとって、何かのきっかけになれば幸いです。

もしも割り切れないなら、ぜひこの機会に新しい行動を始めてください

リクルートエージェント | 転職支援実績No.1

 

関連記事

【無料】公務員から民間の転職におすすめの転職サイト3選【徹底比較】公務員から民間への転職を考えている方向け。本記事では、公務員におすすめの転職サイト・転職エージェントを3つ紹介しています。それぞれの対応地域や求人数などを比較するとともに、転職エージェントの使い方・選び方のポイントを解説しています。転職に失敗したくない・成功したい公務員の方は必見です。...