専門試験

公務員試験「政治学」の勉強法を解説【独学首席入庁の筆者が解説】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

今日は公務員試験における「政治学」の勉強方法について書いていきます。

政治学は、試験を受ける職種によって出題数がかなり変わってくる科目ということで、対策に迷っている方もいらっしゃるでしょう。

そのような方は是非参考にしていただけたらなと思います。

公務員試験における政治学って?

政治学とは、政治の制度や政治思想、政治の歴史などについて総合的に学ぶ学問です。

議会・選挙の制度や政治の歴史については、中学校における「公民」、高校における「政治経済」「日本史」「世界史」と被る部分も多く、受験生にとっては割とイメージしやすい科目だと思われます。

なお、政治思想などのところでは、出てくる学者の名前が地味に多いのは面倒な部分ではありますね。

公務員試験で政治学はどれくらい出題されるの?

公務員試験において政治学はどれくらい出題されるのか、詳しく見ておきましょう。

  • 国家総合職:10問(55問中40問回答)
  • 国家一般職:5問(80問中40問回答)
  • 特別区Ⅰ類:5問(55問中40問回答)
  • 地方上級:2問程度(全40問)

上の枠内を見ると分かる通り、国家公務員(と特別区)では出題数が多めで、地方公務員では少な目になっていることが分かりますね。

つまり政治学は、国家公務員ではウェイト重め、地方公務員では軽めの科目といえるでしょう。

公務員試験「政治学」の勉強方法

政治学は、どの公務員試験を受けるかによって出題数が大きく異なりますが、基本的には対策の仕方は同じです。

地方公務員志望者
地方公務員志望者
2問しか出ないのにちゃんと勉強しないといけないの?

このように考える受験者もいるでしょう。

しかし、政治学があまり出題されない地方公務員志望者でも、政治学をしっかりと対策すべきです。

それは、政治学以外の科目において、政治学の知識を使った問題が出題されるからです。

政治学は「政治学」だけで出題されるわけではない

地方公務員試験の場合、政治学の出題数は2問だけですが、教養科目の「社会科学」において政治学の知識を使った問題が結構出題されます。

法律や経済系の科目を含めて、専門科目の対策をきちんと行っておけば、特に社会科学の対策は不要になるので、きっちりと対策しておくのがおすすめです。

また、地方公務員志望者の大半が、国家公務員も併願すると思われますので、政治学をしっかりと勉強しておいて、公務員試験を優位に進めましょう。

政治学の勉強法(まるパスとスー過去でOK)

政治学の対策で使う教材は2つで十分です。

まず1冊目が、「行政5科目まるごとパスワード」。

通称「まるパス」と言われるこちらは、行政系5科目(政治学・行政学・国際関係・社会学・社会政策)の頻出範囲や重要事項をまとめた本です。

政治学の勉強はまずこれを読むことから始めてください。

まるパスを何周も読んでいるうちに、政治学の基礎的な知識は自然と頭に入ります。

まるパスはハンディーサイズの参考書なので、持ち歩いて空いた時間に読んだり、寝る前に読んだりする程度でOKです。

 

まるパスを何周か読んで、政治学についてだいたい頭に入ったなと思ったら、「スーパー過去問ゼミ」で問題演習をします。

スー過去はレジュメ部分の解説が詳しいので、まるパスで得た知識の理解を深めるのに役立ちます。

さらに問題演習を繰り返すことで、かなりできるようになります。

政治学の勉強は後回しでOK

政治学は法律系科目や経済系科目に比べてボリュームが圧倒的に少ないので、スー過去を使った勉強は後回しにしましょう。(まず取り掛かるべきは時間のかかる法律と経済です)

とはいえ入門的な知識が入っていると、問題演習がしやすくなって勉強が捗るので、まるパスを何周か読んでおくくらいはした方がいいですね。

そんなにガッツリと読む必要はないので、法律や経済の勉強の息抜きに、また通学の際に軽く読んでおくのがおすすめです。

まるパスは確認用の参考書としても非常に使えるので、スー過去を一通り解いたあとにもちょくちょく見直しすようにしましょう。

まとめ

最後に、政治学の勉強方法についてまとめておきます。

  • 政治学は国家公務員試験ではウェイト重め、地方公務員試験ではウェイト軽め
  • 政治学は教養科目の「社会科学」でも出題されるので、しっかりと対策をする
  • 政治学で必要な参考書は「まるごとパスワード」と「スーパー過去問ゼミ」
  • スー過去を使った本格的な勉強は後回しにする。まずはまるパスを軽く読んでおけばOK

政治学はさほど難しい科目ではないですし、理解しやすい科目でもあるので、そこまで時間をかけて勉強しなくても得点がとりやすいです。

今回は以上になります。ありがとうございました。

独学で公務員試験の勉強をする方へ【学習ロードマップ公開中】

独学で勉強をしていると、

「いつ何をすれば良いのかわからない」
「具体的な学習スケジュールの立て方に迷う」

というような悩みを抱えがち(僕もそうでした)。

でも、いざネットで情報を得ようと思っても、ぶっちゃけ参考になりそうな情報って全然ない…

 

このような、過去の僕と境遇にある方を救うべく、noteにて「独学で公務員試験に合格するためのロードマップ」を作成しました。

ロードマップの内容
  • 合格のために必要なマインド【公務員試験の事実から】
  • 独学での試験対策における全体の基本方針・戦略
  • 1日の勉強のスケジュールの立て方
  • 試験対策として使うべき参考書・問題集
  • 僕が実践していた勉強法・スー過去の使い方
  • 独学で公務員試験に合格するためのロードマップ【筆記・論文・面接】
    →時期別にやるべき内容を記載

このnoteのミソは、時系列でやることを記載しているところ。

「どの時期に何をすればよいのか」を詳細に紹介しているので、独学での対策をする上では非常に参考になるかと。

なお、このロードマップは県庁に首席入庁した(専門満点・教養8割)僕の体験から書いているので、他のサイト等とは説得力が違うと自負しています。

 

価格は980円。ランチ1回分ですね。

独学者が悩みがちな学習の指針となるものですし、「自分が受験生の頃に欲しかった教材」をテーマに2万5,000字以上の特大ボリュームでお送りしています。

ぶっちゃけかなりお手頃かと思うので、この機会にぜひどうぞ。

独学で公務員試験に合格するためのロードマップ

あわせて読みたい記事

有料noteのほか、公務員試験に関する情報については当ブログでも発信しています。

行政法をはじめとした「専門科目」の対策については、以下の記事にてまとめています。

公務員試験の専門試験の対策・勉強法まとめ【独学で首席入庁者が解説】公務員試験の専門試験の対策方法を、独学で県庁に首席入庁&地方上級の専門試験で満点を取った筆者がまとめました。筆者の勉強のノウハウが詰まった記事なので、公務員試験受験者は必見です。...

 

独学で勉強をする方向けに書いた、勉強・対策法のまとめ記事はこちら(ぶっちゃけこっちでも十分有益です)。

公務員試験は独学で合格できる!【勉強法・スケジュールを解説】公務員試験は独学じゃ無理?いいえ、公務員試験は独学で合格可能です。本記事では、独学で県庁に首席入庁した経歴を持つ筆者が、公務員試験の独学勉強法や独学に際する注意事項などを書いています。独学で挑戦しようと思っている方、予備校と独学で迷っている方は必見です。...

 

なお、本記事や当ブログの他の記事を読んでみて、「独学は厳しそうだな」と感じた方向けに、予備校比較の記事も用意しています。

【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

予備校か独学かは「ツール」に過ぎず、「公務員試験合格」というゴールは同じ。

独学にこだわりすぎて勉強がうまく進まず、結果として落ちてしまったら本末転倒なので、独学の自信がない方は必ず予備校も視野に入れましょう。