公務員試験×民間就活

【まずは休もう】公務員試験に落ちた時にすべきこと【元公務員が解説】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

高倍率の難関試験と言われる「公務員試験」。

それだけに落ちる方も多くいらっしゃいますし、中には「併願先も含めて全部落ちた…」という方も少なくありません。

また、公務員試験を受験する方は最初から公務員に絞っている方が大半(僕もそうでした)なので、全て落ちてしまうと「これからどうしよう…」と悩んでしまいますよね。

そこで本記事では、「公務員試験に落ちたときにすべきこと」をテーマに取り上げます!

Hiroshi
Hiroshi
公務員試験に落ちたら、公務員浪人か民間就活かを決めることになりますが、いずれにしても就活をしてみましょう。公務員1本に絞っていた方には、MeetsCompanyの就活イベントがおすすめです。

キャリアチケット

辛い…公務員試験に落ちた時にすべきこと・考えるべきこと

辛い…公務員試験に落ちた時にすべきこと・考えるべきこと

公務員試験に落ちた場合には、たくさんのネガティブな感情に支配されます。

もう自分は終わった…これからどうすればいいんだろう?
1年間、いろいろなことを犠牲にして頑張ったのに落ちた…自分は本当にダメな人間だ…
周りの人達はちゃんと就職を決めたのに、それに比べて自分は本当に情けないな…

このような絶望・ショックなどのネガティブな感情を克服するために、すべきことは以下の2ステップ。

  1. 旅をしたり、酒を飲んだりして気分転換をする
  2. 公務員浪人or民間企業を考える

それぞれ解説していきます。

公務員試験に落ちた時にすべきこと①気分転換

公務員試験に落ちて気分が落ち込んでいる時には、まずは旅行に行ったり、友人と酒を飲んだりして気分転換をするのがおすすめ。

自分ひとりで家に閉じこもっていると、気分がどんどん落ち込んでネガティブな感情が増すだけですからね。

まずはメンタルの回復が第一なので、馴染みのない土地に行ったり、気の許せる友人と酒を飲んだりしてリフレッシュをしましょう。

 

ちなみに、他のサイトでは「公務員試験に落ちたらすぐに切り替えろ!」的な文言が多いですが、こんなのぶっちゃけ無理ですよね。。

この類のサイトは、「外部に雇われたライター」や「民間就活しか行った経験のない方」が書いているものなので、公務員試験受験者の気持ちは分からないのでしょう。

 

僕も本気で公務員試験の勉強を行った経験があるからこそ分かりますが、他のことを犠牲にしながら公務員試験のための勉強を頑張ってきて、それで結果が出なかったら相当にショックだと思います。

無理に気持ちを切り替えてもあなたにとって負担になってしまうので、まずは少し休みつつ気分転換をしてみるのがおすすめです。

公務員試験に落ちた時にすべきこと②公務員浪人or民間に就職を考える

上のように休憩をしてちょっとでも気分転換ができたら、現実的なことを考えるようにしましょう。

具体的には「公務員浪人をする」or「民間企業に就職をする」です。

自分の頭でよく考えて、後悔のないように決めてください。

ただ、公務員浪人を頭の中だけで判断するのは非常にもったいない&危険なので、どんな方でもまずは「民間就活」をしてから決めるのがおすすめです。

(以下でその理由を書いているので、続けてご覧ください)




公務員試験に落ちたら、行動=「民間就活」をしよう

公務員試験に落ちたら、行動=「民間就活」をしよう

公務員試験に落ちたら(+少し休んで気分が落ち着いたら)、とにかく行動(=民間就活)をしましょう。

民間企業に切り替える人はもちろん、「公務員浪人をしようかな」と考えている人も絶対にすべきです。

その理由は以下のとおり。

  • 公務員よりも自分に合っている・ピンとくる企業が見つかる可能性がある
  • 公務員浪人をする場合でも、そのモチベーションが明確になる

くわしく説明しますね。

民間就活をすべき理由①公務員よりも自分に合っている企業が見つかる可能性がある

前述のように、公務員試験受験者の大半は「公務員1本」に絞っているため、 民間企業の話をちゃんと聞いたことがないでしょう。

だからこそ、自分でいろいろな企業の話を聞いてみたり、担当者と話をしたりする中で「これは面白そう」「自分に合っている」と感じられる企業に出会える可能性が高いんです。

公務員試験には落ちたけれど、その結果として始めた民間就活を通じて良い企業に出会えたら、それはもう結果オーライですよね。

公務員試験に落ちたことが「失敗」ではなく、良い会社に入るまでの「過程」になりますよ。

民間就活をすべき理由②公務員浪人をする上でもプラス

民間就活をすることは、公務員浪人をする上でもプラスになります。

  • 良いと思える企業に出会えなかった→公務員になりたい気持ちがより高まるので、勉強へのモチベーションが高まる
  • 「民間企業と公務員の比較」という観点が身につくので、志望動機がブラッシュアップされる

民間就活をすることで、ただ漠然と「公務員になりたいから浪人をした」という人よりも、「勉強へのモチベーション」でも「志望動機」でもリードできるということです。

特に公務員試験の2次試験(面接)で落ちた人は、民間就活をすることでかなりメリットを得られるでしょう。

 

でも結局公務員浪人をするんだったら、民間就活をする時間で勉強した方が良いんじゃない?

このように考える方もいるかもしれませんが、心配はいりません。

なぜなら、浪人をするにしても、勉強の範囲は1年目と同じだから。

1度ひと通り勉強している範囲なのですから、1年目よりも勉強時間は圧倒的に少なく済みます。

ドラクエ等のRPGゲームにおける「強くてニューゲーム」の概念と同じですね。

また、勉強する時間が少ないからこそ、勉強に集中ができるという面もありますし。

【断言】公務員試験に全落ちした人へ。安易な公務員浪人は絶対やめとけ公務員試験の浪人するか迷っていますか?本ブログ記事では、公務員試験に全落ちした方(大学生)が浪人を決める前に就活すべきというテーマで書いています。おすすめの就活方法にも触れているので、公務員試験に全落ちして悩んでいる方は、男女問わず必見です。...

公務員試験に落ちた人が行うべき民間就活って?

公務員試験に落ちた人が行うべき民間就活って?
民間就活が大事なのは分かったけど、具体的にどうすれば良いの?今まで公務員に絞ってきたから、就活のことが全然わからない…

公務員試験に落ちた方の就活方法としては、「就活エージェントの利用」と「就活イベントに参加」の2つがおすすめ

 

就活というと、以下のようなイメージをお持ちでしょう。

  1. マイナビやリクナビといった大手の就活サイトに登録
  2. 興味のある企業の説明会に参加したり、エントリーしたりする
  3. 企業にESを提出し、面接を受ける
  4. 内定

しかし、公務員試験の受験者は、民間企業の就活に関して知識が全くない状態です。

そのため、就活サイトを使った就活をしようと思っても、そもそもどんな企業を受けるべきなのか、そしてどのように就活をすれば良いのか全く分かりませんよね。

 

また、公務員試験の結果が出る時期は就活も終盤に差し掛かっているころ。

そんな時期に、就活サイトを使って普通に就活をするのは非効率なのは言うまでもありません。

 

だからこそ、上のようなオーソドックスな民間就活ではなく、「就活エージェント」や「就活イベント」を通じて効率的に企業の方と会ったり、プロの指導を受けたりするのがおすすめなんです。

ちなみに、いずれも完全無料(求人を出している企業がお金を払っているため)なので、安心して利用できますよ。

おすすめの就活方法①就活エージェント

就活エージェントとは、ざっくり言うと「就活生の活動を無料でトータルサポートしてくれるサービス」のこと。

面談を元にあなたの希望や適正にあった企業を紹介してくれるのみならず、エントリーシートの添削や面接指導まで幅広くサポートしてくれます。

就活エージェントならば、民間就活に関する知識・経験に乏しい公務員試験受験者でも安心ですよね。

 

ちなみに、おすすめの就活エージェントが以下の2つ。

  • キャリアチケット:ブラック企業を排除。全国に拠点があるので、地方在住の方も使いやすい
  • ジョブスプリング:圧倒的な満足率の高さ(95%)。AIマッチングであなたに本当に合った企業が見つかる

就活エージェントは最近出始めたばかりの新しいサービスですが、上の2つはサポート体制が万全だと就活生からの評判も良いです。

公務員試験が終わってからでも十分に間に合うので、まずは無料登録&面談だけでもすることをおすすめします。

おすすめの就活方法②就活イベント

就活イベントとは、複数の企業が集まって、それぞれが学生に対して企業説明やPRを行う場のことです。

就活が解禁されると、東京ビッグサイト等で大規模な合同企業説明会が行われますが、その類だと思っていただいてOKですね。

ただ、規模の大きなものに参加しても意味がわからずに終わる可能性が高いですし、そもそも公務員試験が終わってからの時期に大規模な合説はあまり行われません。

そのため、「少人数制の就活イベント(説明会)」に行ってみましょう。

少人数制は規模が小さい分、企業の方とじっくりと話すことができるので、今後を考える上で非常に有益ですよ。

 

中でも特におすすめなのが、MeetsCompanyという会社が行なっている内定直結型の就活イベントです。

ミーツカンパニー

MeetsCompanyの就活イベントは少人数の座談会形式。

企業の採用担当者から濃い話を直接聞けるため、1つの企業のことを深く知ることができる上、即日内定がゲットできるチャンスもあります。

 

また、イベント終了後にはMeetsCompanyのリクルーターさんから就活に関するアドバイスをもらえるので、公務員試験に絞っていた方でも安心です。

就活生の5人に1人が登録しているものですし、卒業間際の3月まで全国各地でイベントを開催(年間850回!)ので、ぜひ1度足を運んでみてください!

【無料登録】MeetsCompany公式サイト

まとめ – 公務員試験に落ちたときにすべきこと

本記事の内容をまとめておきます。

  • 公務員試験に落ちた時には、まずは旅行をしたり、酒を飲んだりして気分転換をする
  • ちょっと休憩したら、公務員浪人か民間就活をするかよく考えよう
  • その2択を考える中では、とりあえず行動=民間就活をしてみるのがおすすめ
  • 「就活エージェント」や「就活イベント」ならば、公務員試験に絞っていた方でも安心して民間就活に取り組むことができる

公務員試験に落ちてしまった時には、まずは休憩をして心を落ち着けるのが大事ですが、気分転換ができたらとにかく「行動=民間就活」をするのが不可欠。

ちょっとの勇気を振り絞って民間就活をしてみると、絶望した気持ちが晴れていく可能性が大きいですが、逆に行動できないと自己嫌悪が増し、迷走してしまう可能性が高いです。

 

本記事でご紹介した就活エージェントや就活イベントは、無料で参加できるのでノーリスク。

参加して良い企業に巡り会える可能性もありますし、逆に「民間にはやっぱり入りたくない」と思っても、公務員浪人のモチベーションが上がるのでいずれにしてもプラスです。

入り口は用意しました。

あとはあなたがほんの少しの勇気を出すだけです。

本記事で紹介した就活の方法おさらい(無料)

就活エージェント

  • キャリアチケット:ブラック企業を排除。全国に拠点があるので、地方在住の方も使いやすい
  • ジョブスプリング:圧倒的な満足率の高さ(95%)。AIマッチングであなたに本当に合った企業が見つかる

就活イベント

  • MeetsCompany:毎年3月まで、合計850回以上の就活イベントを全国で開催している

キャリアチケット