公務員の年収・給料・ボーナス

30歳でいくら?30代公務員の年収・給料・ボーナス【地方・国家】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

公務員って30歳でどれくらいの年収・給料がもらえるんだろう?自治体ごとの金額の差も含めて知りたい

こんな疑問に答えるために、本記事では「30歳での公務員の年収」と「30代公務員の年齢別の年収」を取り上げます。

国家公務員・地方公務員はもちろん、国家総合職・国家一般職・都道府県庁・政令市・特別区・市役所・町村役場といった、自治体タイプ別の年収も記載しています!

なお、いずれも公式統計をもとに推計した金額であり、信頼のおけるものになっているので、ぜひ参考にしてください。

30歳公務員の年収・ボーナスを比較!【国家公務員・地方公務員】

30歳公務員の年収・ボーナスを比較!【国家公務員・地方公務員】

国の公式統計(最新の地方公務員給与の実態調査結果人事院勧告資料)より、公務員が30歳でどのくらいの年収になるのかを推計しました。

なお、あらゆる行政職の年収・ボーナスが分かるように、国家総合職・国家一般職・都道府県庁・政令市・特別区・市・町村で分けています

年収 うちボーナス
国家総合職 761万円 174万円
国家一般職 514万円 113万円
都道府県庁 468万円 103万円
政令指定都市 498万円 107万円
特別区 506万円 113万円
455万円 99万円
町村 403万円 91万円

※国家総合職・国家一般職は平均的な昇進のスピードから推計した金額を記載
※それ以外の地方公務員は28歳〜31歳の平均年収を記載

いずれも諸手当(地域手当や時間外勤務手当など)が含まれた金額を記載しているので、かなりリアリティのある数字になっているかと。

ちなみに、大卒・短大卒・高卒をすべて含めた金額なので、大卒の場合は上より多め、逆に高卒の場合は若干少なめになると思ってください。

 

ご覧のとおり、地域手当の金額によって金額に差はありますが、公務員の年収は30歳で500万円前後になります(総合職は別格ですが)。

なお、手取りは総支給額の75%〜80%くらいなので、30歳公務員の手取り年収は400万円弱です。




年齢別・30代国家公務員の年収【国家総合職・国家一般職】

年齢別・30代国家公務員の年収【国家総合職・国家一般職】

では、30代全体の国家公務員の年収について見ていきましょう。

年収 給料(月給) ボーナス
28歳〜31歳 507万円 327,043円 115万円
32歳〜35歳 596万円 384,068円 135万円
36歳〜39歳 665万円 428,836円 150万円

こちらも最新の人事院勧告資料から推計したものです。

 

なお、国家一般職と国家総合職はどちらも「一般行政職」であるため、同じ俸給表が適用されます。

その関係で、それぞれの年収データは公式統計で公表されていません。

つまり、上の年収金額は総合職・一般職を合わせたものになるので、あくまで参考程度ですね。

30代国家公務員の年収・給料・ボーナスまとめ【30歳で500万円】国家公務員の30代の年収が気になりますか?本記事では、国家公務員の30代の年収・月給・ボーナスについて、元県庁職員の筆者が公式な統計から推計して解説しています。国家公務員のお金事情が気になる方は必見です。...

30代国家総合職(官僚)の年収・給料・ボーナス

総合職だけの年収データは存在しませんが、最新の人事院勧告資料内閣人事局令和元年版パンフレットといった資料を使って、僕の方で独自に集計しました。

ちなみに、標準的な出世の早さに応じて、俸給表から推計した金額になります。

年収 給料 ボーナス
30歳
(課長補佐級)
761万円 488,949円 174万円
35歳
(課長補佐級)
788万円 506,039円 181万円
40歳
(室長級)
886万円 577,303円 193万円

ちなみにこちらも、地域手当や時間外勤務手当を加味した金額です。

ご覧のとおり、国家総合職の30代の年収は700万円〜850万円といったところ。

本府省の課長補佐というと、政策の立案や国会対応での答弁作成などを中心的に行うポストになります。

なお、以下の記事にて、官僚の出世や年収などをまとめているので、興味のある方はあわせてご覧ください。

国家総合職(官僚)の給料・年収を本気でまとめた【年齢・出世した役職ごと】国家総合職(官僚)の公務員の年収が知りたいですか?本記事では、国家総合職の給料・年収について、公式な統計をもとに元県庁職員の筆者が本気でまとめました。官僚の給料事情が知りたい方は必見です。...

30代国家一般職の年収・給料・ボーナス

国家一般職についても、総合職と同様の方法により、僕の方で独自に集計しました。

なお、こちらも標準的な昇進スピードに応じて、俸給表をもとに推計した金額を記載してい流関係で、上で書いた「30代国家公務員の年収」とは差異があります。

年収 給料 ボーナス
30歳
(係員級)
514万円 334,443円 113万円
35歳
(係長級)
631万円 407,156円 142万円
40歳
(係長級)
726万円 466,793円 166万円

上のように、30代国家一般職の年収は500万円〜700万円ほどですね。

なお、人事院勧告資料にあった数値をもとに、地域手当などを一律に計算しているので、霞ヶ関勤務の方は上の金額よりも若干多め、逆に地方勤務の方は少なめになるかと。

 

まぁ全体として、やはり総合職に比べると昇進スピードが遅れる分、給料的にも開きがありますね。

以下の記事にて、国家一般職の年収についてさらに詳しく書いているので、あわせてご覧ください。

国家一般職の公務員の年収は?年齢・出世した役職ごとにまとめたよ国家一般職の公務員の年収や給料が知りたいですか?本記事では、国家一般職の年収について、国の統計資料をもとに元公務員が推計してまとめています。年齢・役職ごとに金額を出し、さらに初任給にも触れているので、必見の内容となっています。...




年齢別・30代地方公務員の年収【都道府県庁・政令市・特別区・市・町村】

次に、30代地方公務員の年収について、年齢別に見ていきます。

都道府県庁・政令市・特別区・市役所・町村役場の自治体タイプ別に書いているので、ぜひ比較してみてください。

30代都道府県庁職員の年収・給料・ボーナス

年 収 月 給 ボーナス
28歳〜31歳 468万円 304,512円 103万円
32歳〜35歳 532万円 345,534円 117万円
36歳〜39歳 599万円 388,914円 132万円

30代都道府県庁職員の年収・給料・ボーナスはこちら。

だいたい500万円弱〜600万円くらいですね。手取りに直すと年収400万円〜480万円弱程度です。

ただ、都道府県庁職員といっても、地域手当の金額によって年収にも大きな差が出ます。

以下の記事にて、県庁職員の年収や自治体ごとの差について詳しく書いているので、あわせてご覧ください。

県庁職員の年収・給料・ボーナスまとめ。47都道府県の給料を解説!県庁職員の給料が知りたいですか?本記事では、元県庁職員の筆者が、県庁職員の年収・給料(月給)・ボーナスを解説しています。全47都道府県ごとにもまとめているので、都道府県庁職員の給料が知りたい方は必見です。...

東京都は別格

上では「都道府県庁」という括りで書きましたが、中でも東京都は別格の存在です。

なぜなら、東京都は財源も非常に豊かですし、地域手当も非常に高いから。

そのおかげで、他よりも待遇は群を抜いて良いですね。

その証拠に、以下の通り平均年収も他の自治体より多く、全国No.1。

  • 東京都:715万3,660円
  • 全国平均:663万2,681円

※平均年齢:東京都41.5歳、全国43.1歳

また、東京都は「昇任試験」を取り入れているため、若手でも責任ある仕事・高収入を目指せます。

30代ともなると、管理職である「課長」になる方も出てくるほど。(他の自治体では、課長は50代以降でなるのが普通です)

以下の記事にて東京都の年収事情を別枠で詳しく書いているので、気になる方はぜひ!

東京都庁
【平均年収700万円超】東京都庁職員の給料事情!【特別区との比較も】東京都庁職員の給料事情が知りたいですか?本記事では、都庁職員の年収・給料・ボーナスについて、元県庁職員の筆者が国の公式な統計をもとにまとめています。他の県庁や特別区との比較も踏まえているので、都庁職員の給料事情が知りたい方は必見です。...

30代政令指定都市職員の年収・給料・ボーナス

年収 月給 ボーナス
28歳〜31歳 498万円 325,529円 107万円
32歳〜35歳 563万円 368,038円 121万円
36歳〜39歳 635万円 416,077円 136万円

政令指定都市の30代職員は、だいたい年収が500万円〜650万円弱といったところ。

横浜市や大阪市、神戸市などの政令市は地域手当が高い傾向にあるので、県庁に比べると年収も高いですね。

30代特別区職員の年収・給料・ボーナス

年収 月給 ボーナス
28歳〜31歳 506万円 327,248円 113万円
32歳〜35歳 579万円 375,495円 128万円
36歳〜39歳 651万円 422,508円 144万円

特別区(東京23区)は、地域手当が基本給の20%(最高水準)を誇るため、それに応じて年収も非常に高いですね。

以下の記事にて、特別区職員のさらに詳しい給料事情、および23区のの平均年収ランキングなどを書いていますので、興味のある方はぜひ!

特別区の年収・給料・ボーナス総まとめ!23区の各年収も解説します特別区職員の年収が気になりますか?本記事では、東京23区の職員の年収・給料・ボーナスについて、元県庁職員の筆者が公式統計をもとに算出しました。23区ごとの年収も記載しているので、この記事を読めば特別区職員の給料事情が完璧に理解できます。...

30代市役所職員の年収・給料・ボーナス

年収 月給 ボーナス
28歳〜31歳 455万円 296,364円 99万円
32歳〜35歳 511万円 333,723円 111万円
36歳〜39歳 580万円 377,220円 127万円

30代市役所職員の年収は、450万円〜600万円弱と、他の自治体タイプに比べて低め。

ですが、「市役所」といっても数が非常に多く、中には財政状況が非常に良好で、その市がある県庁よりも年収が高いなんてパターンも珍しくありません。

30代町村役場職員の年収・給料・ボーナス

年収 月給 ボーナス
28歳〜31歳 403万円 259,873円 91万円
32歳〜35歳 457万円 295,349円 103万円
36歳〜39歳 522万円 336,314円 118万円




30代公務員の年収は高い?低い?

30代公務員の年収は高い?低い?30歳で500万円ほど、40歳になるころには600万円ほどの年収に到達する公務員。

決して高いとはいえませんが、全く安いわけでもなく、それなりに良い生活ができると考えられます。

また、独身ならばかなり余裕のある生活ができるでしょうね。

夫婦で公務員ならば、30代で世帯年収1,000万円超

公務員は職場結婚が非常に多く、30代とも同じ役所の中で結婚している人がかなり増えてきます。

そうなると、俗に言う「2馬力」が発動するので、30代で世帯年収が1,000万円を超えてきます。

子どもがいない場合は言わずもがな、子どもがいてもかなり余裕のある生活ができると思いますね。

30歳公務員の年収が魅力!公務員になりたい!と思った方へ

20代公務員の年収が魅力!公務員になりたい!と思った方へ

30代公務員の年収について書きましたが、ここまで読んで「公務員になりたい!」と思った方は、ぜひ以下の記事を参考にしてください。

公務員試験の勉強法・予備校の選び方についてまとめた記事

公務員試験を受験するにあたっては、まず独学で勉強するか、予備校に通うかを決めないといけません。

以下の記事を参考に、ご自身に合った方を選んでください。

公務員試験は独学で合格できる!【勉強法・スケジュールを解説】公務員試験は独学じゃ無理?いいえ、公務員試験は独学で合格可能です。本記事では、独学で県庁に首席入庁した経歴を持つ筆者が、公務員試験の独学勉強法や独学に際する注意事項などを書いています。独学で挑戦しようと思っている方、予備校と独学で迷っている方は必見です。...
【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

社会人から公務員に転職したい方はまずはこちら

社会人の方が公務員に転職しようと考えた場合、以下の記事で紹介しているガイドブック(無料)は必読です。

【必見】公務員になりたい社会人へ。コレを知らないと大変です←無料ガイドブックで解決本記事では、中途で公務員になりたい社会人の方が知っておくべきことを解説しています。情報がないと失敗する可能性が高くなるので、後悔しないためにも情報収集は必須。その知っておくべきことは、すべて無料のガイドブックで解決できます。そのガイドブックのメリットや手に入れる方法の紹介もしているので、必見の内容となっています。...

 

行政職公務員(国家・地方)の給料に関する完全まとめはこちら

公務員の年齢別年収・給料・ボーナスまとめ。行政職の年収を完全網羅【国家・地方】本記事は、行政職公務員の年収・給料・ボーナスのまとめ記事です。国家公務員・地方公務員はもちろんのこと、国家総合職・国家一般職・都道府県庁・政令市・特別区・市役所・町村役場の年収事情がわかるようになっています。行政職公務員の年収データとして非常に詳しいものになっているので、必見です。...