公務員→フリーランス

動画編集教材MovieHacksをガチ評価。2ヶ月で案件ゼロの男が語る口コミ【ステマなしでレビュー】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

動画編集を学びたい人
動画編集を学びたい人
動画編集を学びたいんだけど、MovieHacksっていう教材が気になっている。
ネットやTwitterでは評判が良いみたいだけど、本当に良いのかな?

YouTubeが盛り上がっている昨今。

YouTuberになる人はもちろん、YouTube動画の編集の仕事ををやろうとしている人も増えています。

 

MovieHacksは、そんな方に人気の動画編集教材です。

ネットでの評判もかなり良いですが、中には以下のように思っている人もいるはず。

  • 受講後1週間で稼いだというツイートをよく見るけど、本当なのかな?
  • 稼いだ人ばかりが評判を流しているだけで、本当に良い教材なの?
  • ポジショントークっぽくも感じるし、ちょっとステマっぽい
  • 稼いでいる人がいるのはわかったけど、稼げていない人はいないの?
    そういう人からのリアルな意見が聞きたい

約7万円もする教材ですから、購入に際して慎重になるのは当たり前ですよね。

Hiroshi
Hiroshi
僕も受講前には、「MovieHacks デメリット」等でずっとググっていました笑。

 

そこで今回は、MovieHacksを受講して2ヶ月間で案件ゼロの僕が、MovieHacksについてステマなしでガチレビューしていきます。

案件ゼロですから「いくら稼いだぜ〜」的なポジショントークもしようがありません。

しかし、だからこそよりリアルな声をお届けできると思います

3分ほどで読めますので、ぜひ最後までお付き合いください。

【公式】Movie Hacksの詳細はこちら

【結論】MovieHacksは良質な動画編集教材です【ステマなしのガチ評価】

結論を申しますと、MovieHacksは非常に良質な動画編集教材です

Premiere Proという定番ソフトを使った、YouTube動画の編集スキルを効率的に学ぶことができます。

 

コンテンツ紹介

  • カット
  • テロップ挿入
  • 画像挿入
  • BGM・効果音挿入
  • 色調補正
  • サムネイル作成
  • アニメーション(オープニング作成)
  • キネポ(オープニング作成)

コンテンツは上記のとおり。

名前だけではよく分からないかもですが、要はYouTube動画に必要なスキルは一通り学べるという認識でOKです。

 

いわゆる「動画の編集」だけでなく、サムネイル作成やオープニング映像の作成など、「+αの部分」まで幅広く学ぶことができるのが強みですね。

Hiroshi
Hiroshi
講師の生ハム帝国さんが現役のYouTuberでもあるメリットが生かされています。

僕が2ヶ月受講して案件ゼロの理由

動画編集を学びたい人
動画編集を学びたい人
良い教材なのに、なんで2ヶ月学んで案件を1つも獲得していないの?

僕がMovieHacksを2ヶ月間学んで案件が1つもない理由、それは自分のYouTubeにハマってしまったからです。

 

僕も当初は動画編集を仕事にしようと思ってMovieHacksを始めました。

その後1ヶ月ほど編集スキルを学び、いざ仕事を取ろうという段階に。

 

しかし、実績がないので仕事を取ろうにも取れません。

その時、僕は以下のように考えました。

  1. 自分のYouTubeチャンネルを開設
  2. 自分で撮影した動画を良い感じに編集してアップ
  3. 自分のチャンネルを実績(ポートフォリオ)にして仕事を取る

 

しかし、それから撮影→編集→動画アップを繰り返していくうちに…

Hiroshi
Hiroshi
むむむ…自分のYouTube楽しいぞ…

となってしまったわけです。

 

そしてとりあえず自分のYouTubeに注力することにした結果、2ヶ月間で案件ゼロになってしまいました。

今のところそこまでお金に困っているわけではないので、まぁいいかなという感じです。

Hiroshi
Hiroshi
自分のYouTubeに超生かせるのも、MovieHacksの魅力です。

追記:2020年6月

MovieHacksを受講して半年以上経ちました。

未だに案件はゼロですが、自分のYouTubeのチャンネル登録者が約3,000人になりました

【元公務員】ヒロシ Channel

 

とはいえ、編集技術や考え方は、すべてMovieHacksで学んだものです。

YouTubeを伸ばす上でも、MovieHacksはとても優秀な教材だと感じます。

【公式】Movie Hacksの詳細はこちら

動画編集教材・MovieHacksのメリット【評判】

続いて、実際に受講した僕が感じる、MovieHacksのメリットを見ていきましょう。

  • プロ目線の効率的な動画編集を最速で学べる
  • LINE@で質問が無制限にできる
  • コンテンツが充実&追加されていく

メリット①:プロ目線の効率的な動画編集を最速で学べる

個人的に思う、最大のメリットがこれ。

MovieHacksは単なるソフトの使い方ではなく、効率的に、かつ視聴者に飽きさせない編集技術が身につく教材です。

 

正直なところ、動画編集自体は自力で学ぶことはできると思います。

でも、最初はどうしても編集自体に時間がかかりますし、視聴者に飽きさせない編集はなかなか学べません。

特に未経験の初心者からスタートする場合はなおさらですね。

 

一方でMovieHacksを使えば、プロの編集者が使っている効率的な編集のテクニックを分かりやすく教えてくれます。

必然的に、上達がめちゃ早くなりますよ。

 

また、視聴者を飽きさせないためのカットやBGM・効果音挿入など、より実務に近い内容を学べます。

Hiroshi
Hiroshi
YouTubeの編集は「最後まで動画を見てもらうこと」が最も重要なので、視聴者を飽きさせない編集ができる人は間違いなく重宝されます。

 

「時間がかかってもいいからお金を節約したい」方は独学でも良いかもしれません。

しかし、動画編集の仕事やYouTube運営に一刻も早く生かしたい方には、MovieHacksは超おすすめ。

メリット②:LINE@で質問が無制限にできる

2つ目のメリットが、LINE@で講師の生ハム帝国さんに質問ができること。

勉強していて分からないことがあったら、生ハム帝国さんに質問をLINEで送ることができます。
すると、48時間以内に回答が返ってきます。

 

初心者のうちは、勉強していて分からないことがあるものです。

ググって解決策を見つけることができれば良いのですが、そもそもググり方が分からなかったり

そうしているうちに勉強が嫌になり、挫折してしまうのがよくあるパターンですよね。

 

MovieHacksならば、「分からないことがきっかけで挫折する」可能性がほぼないので、動画編集が完全初心者という方でも安心。

また、質問対応は無制限&無期限なので、自分のペースで勉強を進めることもできます。

Hiroshi
Hiroshi
それなりのお金を払っているので、「質問することが申し訳ない…」という感情にもなりにくく、質問をすることに対する心理的なハードルも低めです。

メリット③:コンテンツが充実&追加されていく

コンテンツ面もかなり充実しています。

内容については前述したとおりなのですが、より大まかに分けると下記のとおり。

  • Premiere Proを使ったYouTube動画の編集
  • After Effectsを使ったオープニング作成
  • PhotoShopを使ったサムネイル作成

他の教材や本は各ソフトごとに分かれているので、MovieHacksの網羅性がいかに高いかお分かりいただけるかと。

 

さらに、コンテンツは追加されていく上に、買い切り型なので追加料金はかかりません。

その内容は編集技術に関することだけではなく、プラスαの部分(編集で意識すべきこと等)だったりします。

ある程度受講して、スキルを身につけてからも大いに役立ちますよ。

Hiroshi
Hiroshi
僕が受講を始めてからだと、「動画編集の本質」という章が追加されました。

【公式】Movie Hacksの詳細はこちら

動画編集教材・MovieHacksのデメリット【他社と比較しつつ考察】

次にデメリットです。

デメリットのないサービスはありませんので、実際に受講してみて感じるデメリットを正直に書かせていただきます。

MovieHacksのデメリット

  • 料金が高い
  • 受講すれば仕事が取れるわけではない
  • 周りの受講者と比べてしまい、心が折れがち

デメリット①:料金が高い

MovieHacksの価格は69,800円。

加えて、Adobeのソフト(Premiere Pro・After Effects・PhotoShop)を使いますので、 月額5,680円(学生1,980円)かかります。

買い切り型とはいえ、結構なお値段がしますね。

独学の場合の料金との比較(Premiere Pro)

※Udemyはオンラインの学習動画プラットフォーム

ソフト代は全て同じ金額がかかりますが、上記のように、他の学習サービスと比べると高額なのは否めないところです。

なので、料金を抑えたい方にとっては、MovieHacksは得策ではないかもしれません。

 

ただ、MovieHacksは単にソフトの使い方のみならず、YouTubeに関する動画編集・サムネ作成が効率的かつ複合的に学べます。

Hiroshi
Hiroshi
値段が高いので当たり前かもですが、サービスの充実度・ボリュームはMovieHacksの方が間違いなく上です。

また、質問対応も無制限なので、圧倒的に挫折もしづらいでしょう。

 

要は、勉強の手段としてめちゃくちゃ楽なんです。

 

前述のように、他のサービスでも動画編集を学ぶことはできます。

しかし、最短で技術を身につけて案件をとれば、費用を普通に回収できるので、費用対効果としては悪くないですよね。

お金をかけたからこそ、本気になれる部分もありますし。

他のサービスの料金との比較

動画編集の教材には他のサービスも多数ありますので、それと比較します。

MovieHacks TechAcademy デジタルハリウッドスクール
料金 69,800円 152,900円 330,000円
内容 YouTubeに特化 Premiere Proに特化 映像クリエイターに特化
受講期間 無制限 4週間 6ヶ月

※質問対応は受講期間のみ

それぞれで内容は異なるにせよ、MovieHacksは受講期間が無制限の唯一のサービスであるのに、料金は破格の安さ。

つまり、MovieHacksは独学に比べると料金は高いけれど、他の講座に比べると圧倒的に安いと言えます。

デメリット②:受講すれば仕事が取れるわけではない

MovieHacksは、基本的に動画編集の「技術」を学ぶ講座です。

当然ですが受講すれば仕事が取れるわけではありません。

 

仕事を取るためには、受講して技術を身につけたあとに、クラウドソーシングやSNSを使って営業をする必要があります。

Hiroshi
Hiroshi
前述しましたが、僕は自分のYouTubeにハマって営業をしていないので、案件がいまだにゼロなんです。

 

しかし、MovieHacksの講座の中でも営業メールの送り方は解説されています。

さらに、受講生向けに「お仕事案内所」が整備され、動画編集の案件を紹介してもらうことも可能です。

もちろん自分でも多少は動く必要はあります。
しかし、仕事を取る方法も含めてサポートが充実しているので、さほど心配する必要はないかと。

 

また、MovieHacks受講生の技術レベルは高いと評判とのこと。

そして今では「MovieHacks受講生」が1つのブランドになっており、案件を獲得しやすいみたいです。

これは独学や他の講座にはないメリットですので、それ含めて検討する価値はあると思いますね。

デメリット③:受講生の中にすごい人がいて心が折れる

すごい人と自分を比べてしまい、心が折れることがあるのもデメリット。

Twitterを見るとわかるのですが、MovieHacks受講生の中にはめちゃ稼いでいる人が結構います。

  • 受講して1週間で案件獲得!
  • 受講後3ヶ月で月50万円達成!
  • 単価1万円の案件獲得!
Hiroshi
Hiroshi
「#MovieHacks」でツイートすることが推奨されているので、他の受講生の動向がTwitter上でわかるんですよね。

これを見てモチベーションが上がる人もいれば、逆に「なんで自分はできないんだ…」となってしまい、心が折れる人もいます。

 

でも大丈夫です。彼らが異常なだけです。

MovieHacksの受講生は2,000名ほどいますが、この類のツイートをしているのはその中の一部。

 

つまり、大半の受講生は自分のペースでコツコツと積み上げているんです。

すごい人を見て刺激を受けるのはもちろん良いことですが、必要以上に自分と比べる必要なんてないですよ。

 

とはいえ、「やっぱり比べてしまうかもしれない…」という方もいると思います。

でも大丈夫。そんな時は僕を思い出してください。

Hiroshi
Hiroshi
僕なんて2ヶ月間受講して案件ゼロの超ザコです。

下を見るのは良くないかもですが、自分のメンタルを安定させられるなら、別に悪いことではありません。

僕でよかったら、いつでも下に見てください!!笑

【公式】Movie Hacksの詳細はこちら

動画編集教材・MovieHacksに関するよくある質問・口コミ

MovieHacksを検討している人が気になるであろう点や口コミについて回答していきます!

質問①:どれくらいの編集スキルが身につくの?

動画編集を学びたい人
動画編集を学びたい人
充実した教材なのはわかったけど、実際にどれくらい編集レベルが身につくの?

1ヶ月ほど勉強すれば、基本的なYouTube動画の編集スキル・サムネイル作成スキルが身につきます。

これについては、僕が実際にYouTubeに投稿しているものを見てもらうのが早いですね。

自分で言うのもなんですが、サムネイル含めてなかなか良い感じになっていると思います(笑)。

1ヶ月〜2ヶ月ほど学べば、このくらいは作れるようになるという参考としてどうぞ。

 

※追記

受講からさらに時間が経ち、数をこなしたことで編集も上手くなりました。

とはいえ、MovieHacksで学べる技術しか使っていないので、こちらも「このくらいはできるようになる」という目安としてどうぞ。

質問②:返金対応はある?

動画編集を学びたい人
動画編集を学びたい人
結構な金額を払うから、返金対応があるか知りたい。完全初心者だから、動画編集が自分に合っているか分からないし…

回答すると、返金対応はありません。

まぁ講座の特性上仕方ないのでしょうね。

受講してみて「動画編集合わない…つまらない…」となった場合には、約7万円が無駄になる可能性もあるのでご注意を。

 

そのため、一切動画編集ソフトを触ったことがない方は、Premiere Proの無料体験(1週間)でお試しすることをおすすめします。

それで「動画編集楽しい!」となれば受講すれば良いですし、「微妙だな…」となったらやめれば良いだけなので。

Hiroshi
Hiroshi
僕もPremiere Proを体験してみて、「動画編集たのしい!」と思ったので受講しました。

MovieHacksの口コミ・評判

ツイッターからMovieHacksの口コミを抜粋していきます。

やはり良い口コミが圧倒的に多いですね。

「効率的に学べるので、動けばすぐに費用は回収できる」という声が多数ありました。

 

一方、上記のように悪い口コミもありますね。

ただ、こちらの方は実際に受講されていないみたいなので、あまり参考にはならないかもしれません。

 

コンテンツ・質問対応・お仕事の案内などを加味すると、69,800円でも決して高くないという声が多数派でした。

【公式】Movie Hacksの詳細はこちら

動画編集教材・MovieHacksの購入方法

最後に、MovieHacksを購入する手順をご紹介します。

といっても、めっちゃ簡単です。

①:MovieHacksの公式HPへアクセス

こちらからMovieHacksの公式HPへアクセスしてください。

(公式ページは以下です)

なお、公式HPにはサンプル動画も上がっているので、検討する際の材料にしてみてくださいね。

②:お申し込みフォームに登録

公式HPの中に「お申し込みフォーム」がありますので、ここから支払い方法・氏名・メールアドレスを記入して確認してください。

するとすぐにメールがきますので、あとは指示通りに必要事項を記入していけば終了します。

 

リアルに5分くらいです。

そしてお支払いが完了した時点で、確認メールがくるので受講を開始できます!

 

という感じで以上なのですが、最後に1つ注意点をあげるとすると、値上げの可能性があるということです。

実際に、MovieHacksは当初49,800円でしたが、消費税増税の2019年10月1日から69,800円に値上げされました。

 

生ハムさん1人で対応している都合上、受講生が増え続けると捌き切れなくなります。

必然的に、今後値上げすることも十分あり得ますね

つまり、現在の値段が最安値であるということ。

 

今後はYouTube等の動画コンテンツがますます盛り上がるので、それに伴って動画編集スキルが重宝されることは間違いありません。

動画編集に興味のある方は、ぜひ今のうちにMovieHacksを受講してみてください。

いまのちょっとした投資が、あなたの未来を大きく変えるかもしれませんよ。

【公式】Movie Hacksの詳細はこちら