公務員試験tips

【断言】公務員試験に有利な資格は?→ないよ【でも取って損もない】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

公務員試験を受けるにあたって、取っておいた方が良い資格ってあるの?
もしも有利になる資格があるなら、勉強して取ってみようかな

公務員試験を考えている方の中には、上記のような疑問を持つ方もいると思います。

合格に向けて少しでも努力しようとする姿勢は、本当に素晴らしいですね。

 

こんな疑問に答えるために、今回は「公務員試験に有利な資格」について取り上げます。

 

ちなみに、この記事を書いている僕は、県庁に首席入庁した経歴をもつ元公務員です。

Hiroshi
Hiroshi
特別区と国家一般職にも合格しており、本記事は実際の経験をもとにお話していきます。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

公務員試験に有利な資格は?←資格なしで問題ない【実体験から話す】

公務員試験に有利な資格は?←ない【実体験から話す】

先に結論を言うと、公務員試験が有利になる資格は基本的にありません

何よりも大事なのは「試験の点数」なので、とにかく勉強や対策が大事です。

 

そもそも、公務員試験は非常に公平・公正な試験。

受験要綱に「資格による加点・減点」が書かれていないのに、資格が合否に直結したら、それは大問題になります。

Hiroshi
Hiroshi
筆記試験と面接試験の得点以外が点数に加味されたら、公平性が失われますよね。

 

つまり、公務員試験の特性を考えると、資格による有利or不利は基本的にあり得ないわけです。

僕の体験談【資格が有利にならないと悟った】

僕は大学時代に、TOEICで770点という「そこそこのスコア」を取得しました。

そして面接カードの資格欄にも、その旨をもちろん記入。

Hiroshi
Hiroshi
受験先である県庁・特別区・国家一般職の、いずれの面接カードにも書きました。

 

しかし、受験先のどの面接試験においても、TOEICのスコアには一切触れられず…

(まぁまぁなスコアではあったので、少しは触れられるかもと期待していましたが笑)

Hiroshi
Hiroshi
この面接を経て、「資格って関係ないんだな」と実感したところであります。

 

試験のシステムを考えても、僕自身の経験をふまえても、公務員試験において資格は特に不要です。

資格なしで全く問題ないので、資格がないからと不安に感じる必要はありませんよ。




【例外】公務員試験でも資格が有利or必須の場合あり

【例外】公務員試験でも資格が有利or必須の場合あり

公務員試験の性格でも、僕の体験でも、基本的には資格は関係なし。

でも中には例外的に、資格が有利に働いたり、必須であったりする場合があります。

①:国家公務員総合職等の場合

国家総合職などの一部の公務員試験では、資格による加点があります

(特に英語系の資格試験が多いです)

 

国家総合職の加点について

TOEFL TOEIC IELTS 英検
+15点 65以上 600以上 5.5以上
+25点 80以上 730以上 6.5以上 準1級

 

上記のとおり。

英語試験の結果によって、最終結果に得点が加算されます。

  • 通常の人:1次+2次=最終得点
  • 資格あり:1次+2次+資格による加算分=最終得点

こんな感じになるので、当然資格があった方が最終的に受かりやすくなりますね。

Hiroshi
Hiroshi
1次試験(筆記)ができないとその時点で終了なので、面接で有利になるイメージです。

 

国家総合職のほかにも、自治体によっては資格による加点を採用している場合があります。

なので、受験先の自治体の募集要綱をチェックしてみるのがおすすめです。

(募集要綱に記載がない場合、資格による加点は100%ありません)

②:資格免許職の場合

「資格免許職」と言われる公務員は、その分野に関する資格・免許が必須です。

Hiroshi
Hiroshi
資格がないor期日までに取得できないと、そもそも採用されません。

 

ちなみに、資格免許職の例は以下です。

  • 保育士
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 保健師
  • 管理栄養士
  • 獣医

他にもありますが、この類の公務員試験を受ける方は資格が必須となります。

(資格がないと仕事ができないので当然ですね)

 

とはいえ、当然このことも募集要綱に書いてあるので問題ないかと。

Hiroshi
Hiroshi
加点や必須条件などは、すべて募集要綱に書いてある通り。
書いていない要素で合否が決まることはあり得ませんよ。

【公務員試験で有利にはならないけど】資格を取って損はない

【公務員試験で有利にはならないけど】資格を取って損はない

ここまで書いたとおり、一部の例外を除いて、公務員試験に資格は関係ナシ。

Hiroshi
Hiroshi
試験対策の勉強をすることが全てなので、とにかく勉強を優先させるのが鉄則です。

 

しかし、余裕があるのならば資格を取っておいて損はありません

その理由は、以下です。

  • 邪魔になるものではない
  • 面接でのエピソードとして採用できる可能性がある

①:資格は邪魔になるものではない

確かに、資格による直接的な有利or不利はありません。

でもだからといって、資格は邪魔になるものでもありません

 

資格欄になにか書いて、それが面接官に悪い印象を与えることはまずあり得ないかと。

何か面白い資格であったり、難しい資格を取れば、面接官に興味を持ってもらえる可能性もあります。

Hiroshi
Hiroshi
資格が直接的に合否に直結することはないですが、面接官の心象に影響することは十分考えられますよね。

 

面接カードに資格欄がある以上、そこも面接官は確実に目を通します。

何かを書いて好印象につながることはあっても、悪い影響を与えることはないので、資格はあって損はないですね。

②:面接でのエピソードとして採用できる可能性

公務員試験の面接は、具体的なエピソードをどんどん掘り下げられる形式です。

資格試験の勉強を本気でやれば、その話をエピソードに採用できる可能性があります。

つまり、資格によって合格に近づくことができるんです。

 

なお、エピソードとして資格を使う際に、押さえるべきポイントは以下のとおりです。

  • 資格を取ろうと思ったきっかけ
  • 資格取得の過程で大変だったこと・苦労したこと
  • その苦労を乗り越えるために努力したこと・改善したこと

この辺りを盛り込んで話ができれば、面接官にアピールすることが十分可能かと。

 

エピソードは、あなたの長所をアピールする材料として使うものです。

そして、そのエピソードは結果よりも「過程」が重視されます。

Hiroshi
Hiroshi
過程の中で何をしたか、何を考えたかを通じて、面接官はあなたの人間性を探ろうとしていきます。

 

資格取得は努力の過程が見えやすいので、エピソードとして使いやすいと思われますね。

(アルバイトやボランティア等、エピソードはなんでもOKですが、資格取得の話も使えるということです)




公務員試験に有利な資格に関するまとめ

公務員試験に有利な資格に関するまとめ

公務員試験に有利な資格について書きました。

記事の中でも書いたように、資格による有利・不利は基本的にありません。

 

とはいえ、資格は持っていて損をするものではないのも確かです。

資格取得のエピソードで面接で話せば、面接官に良い印象を与えることもできるかと思います。

つまり、資格を公務員試験で生かせるかは全て自分次第です。

 

となると、仮に試験本番にまで時間的な余裕があるならば、興味のあるものに挑戦してみても良いと思いますね。

Hiroshi
Hiroshi
ただ一方で、何度も言うように「資格取得=有利」ではないので、公務員試験のために資格を取るという思考は違うかなと感じます。

「興味ある資格に挑戦→その過程が結果としてエピソードになる」程度に考えるべきかと。

 

試験本番まで1年を切っているなんて場合には、とにかく公務員試験の勉強が優先です。

資格取得の勉強なんてやっている場合ではありません。

資格よりも勉強の方が何倍も大事で、合否に直結していきますので、どんどん勉強を進めてください。

Hiroshi
Hiroshi
仮に資格が加点される場合でも、筆記試験には関係ないパターンが大半(2次以降で加点)なので、とにかく筆記で落ちないことが大事です。

 

以下の記事にて、公務員試験対策について色々書いています。

試験まで余裕があるわけでもなく、かつ試験対策をまだ始めていない方は、ぜひ今から対策を始めてください。

 

公務員の予備校比較

【決定版】公務員予備校の徹底比較。あなたのおすすめはココ!【元県庁職員が厳選】本記事では、大手の公務員予備校5社を費用・カリキュラム・サポートなどの点から徹底比較するとともに、各予備校の特徴から、あなたにおすすめの予備校をご紹介しています。さらに、社会人はどの予備校が良いか、予備校は無駄ではないか等の疑問にも答えています。公務員試験の予備校選びに迷われている方は必見ですよ。...

 

公務員試験の独学対策まとめ

公務員試験は独学で合格できる!【勉強法・スケジュールを解説】公務員試験は独学じゃ無理?いいえ、公務員試験は独学で合格可能です。本記事では、独学で県庁に首席入庁した経歴を持つ筆者が、公務員試験の独学勉強法や独学に際する注意事項などを書いています。独学で挑戦しようと思っている方、予備校と独学で迷っている方は必見です。...