公務員→フリーランス

【初心者向け】Webライターの勉強法!独学で文字単価5円の僕が解説

こんにちは!元公務員フリーランスのHiroshiです。

Webライターに興味がある。在宅でも稼げるって聞くけど、どうやって勉強すればいいんだろう?
経験者から勉強方法が聞きたいな

今回は、Webライター未経験者・初心者向けに「Webライターの勉強方法」を解説していきます。

本記事の内容

  • Webライターが勉強すべき、必要なスキルとは
  • Webライターの勉強方法
  • 勉強から仕事を取るまでのステップ

必要なスキルから実践にうつるまで、勉強法をまるっと解説していきます。

 

記事の信頼性について(自己紹介)

  • Webライター兼ブロガー
  • 初案件は文字単価0.7円
    →Webライターの仕事を始めて9ヶ月で文字単価5円の案件獲得
  • ブログを2つ運営し、2つ合わせて月間30万PV以上
    →このブログ(月間6万PV)と雑記系ブログ(月間26万PV)

僕は元々公務員として働いていましたが、退職後にWebライターの仕事を始めました。

最初の単価は低かったのですが、今では文字単価5円の案件を取れるくらいの上級ライターに。

僕がWebライターとして成果を出すのに意識した勉強法を解説していきます。

3分ほどで読めますので、ぜひ最後までお付き合いください。

初心者が勉強すべき、Webライターに必要なスキルとは

初心者が勉強すべき、Webライターに必要なスキルとは

Webライターとは、企業などが運営するサイト等のWebメディアに記載する記事を書く職業のことです。

新聞や雑誌のライターとの違いをふまえつつ、Webライターに必要なスキルについて解説します。

①:日本語能力

日本語能力はとにかく必須。

ここで言う日本語能力とは、「正しい日本語を使って、論理的に文章を組み立てる力」のことです。

Webライティングにかかわらずライティング全般で必須のスキルですが、できない人が結構多い…

  • 常体(だ・である)と敬体(です・ます)がごちゃまぜ
  • 文章のつながりが分かりにくい(例:副詞がどこにかかるか分からない)
  • 主語と述語の関係が不明

上記のとおり。

Webライティングは、新聞や雑誌ほどのカッチリ感は求められませんが、それでも基礎的な日本語力・論理性は必須。

Hiroshi
Hiroshi
読み心地のよい、適度にくずした文章もありますが、それは全て基礎を身につけてこそです。

最低限の日本語能力が必要なことは、ぜひ覚えておきましょう。

②:SEOスキル

WebライティングにおけるSEOスキルとは、簡単にいうと「Google検索で上位を取れる記事を書くスキル」です。

 

ライターに記事執筆を依頼するクライアントは、単に記事を書いて欲しいわけではありません。

多くの人に読まれる記事を書いて欲しいわけです。

 

そこで大事なのがSEOスキル。

Web上の文章は検索から読まれることが非常に多いので、「検索上位を獲得できる=多くの人に読まれる」と言えます。

そして検索上位を取れる記事を書けるWebライターは、間違いなく重宝され、価値も上がっていきます。

 

Webライターに必要なSEOスキル

  • 記事タイトルの作り方
  • 記事の構成
  • 見出しの構成
  • キーワード選定
  • 記事全体のキーワード含有率

バーっと挙げてみました。

多分いまの状態では意味不明かと思いますが、本記事の中で紹介する方法で勉強すれば必然的に身につきますので、とくに心配は不要。

とりあえず「WebライターにはSEOスキルが必要」だと頭に入れておけばOKですよ。

③:Webライティングスキル

上でも少し触れましたが、同じライティングでも、新聞・雑誌・Webなどと媒体によってライティングは異なります。

Webライティングの特徴

  • 文字数の制限がない(決まっていない)
  • ユーザーの悩みに対する解決策の提示が求められる
    →ユーザは検索窓に「抱えている悩み」を打ち込むため
  • 流し読みもしやすい、テンポの良い文章
    →スマホから読まれることが多いため

上記のとおり。

もちろん前述の「SEO」もWebライティングならではの重要スキルです。

 

ただ、これについても今の段階では特に分からなくても大丈夫です。

本を読んだり、自身で経験を積むうちに理解できるようになりますので。




【初心者向け】Webライターの勉強方法

【初心者向け】Webライターの勉強方法

では、Webライターが身につけるべきスキルの勉強方法について、具体的に解説していきます。

①:本で学ぶ

まずは本を買って知識のインプットをしましょう。

おすすめは以下の2冊です。

 

ブログ界で超有名なイケダハヤトさんの「武器としての書く技術」は、読んでいて心地よい文章・刺さる文章のエッセンスを伝えてくれる名書。

少し古いですが、ライティングで稼ごうとするなら読んでおいて損はありません。

 

沈黙のWebライティングは、Webライターに必要な知識をまるっと凝縮しています。

かなり分厚いですが、初歩的な部分から解説されている上に、漫画形式で読みやすい良書です。

 

勉強のための本は初期投資です。

初期投資の書籍代すらケチる人が成功する可能性はほぼゼロなので、迷わずポチってください。

 

※「武器としての書く技術」は単行本だと高いので、Kindle(電子書籍)がおすすめ。

なお、Kindle Unlimited(月額980円の読み放題サービス)の対象になっており、初月は無料体験できるので、無料体験期間にサクッと読んでください。

②:ブログを作って学ぶ

知識のインプットは本でOKですが、その知識を自分のモノにするにはアウトプットが必須。

そこで、ご自身でブログを開設して実際に文章を書いてみましょう

 

ライティングの上達のコツは「実践」です。

ブログを書いていけば嫌でもライティングはうまくなりますし、SEOのスキルも身につきます。

そして、ブログを通じて身につけたライティング技術やSEOスキルは、ライターとしての仕事に確実に活きてきます。

Hiroshi
Hiroshi
僕は最初からライターの仕事を普通に取れましたが、それはブログを書いていたことで知識や経験があったからに他なりません。

ブログは実績にもなる

「勉強」以外にも、ブログには大きなメリットがあります。

それは「実績になること」です。

 

クライアントが何をもとにライターを選定するかというと「実績」です。

理由は単純。実績がある人には信頼を置きやすいから。

 

しかし、初心者ライターのうちは当然実績ゼロです。

となると、仕事が全く取れないor超絶安い案件(文字単価0.2円とか)で消耗することになりかねません。

 

そこでブログを書いていれば、たとえ初心者でも「〇〇のジャンルで10記事書きました!」的な実績ができるので、それを元に営業できます。

またブログが伸びてくれば、「月に3万PVを達成しました!」的に営業をして、高単価の案件につなげることも可能です。

Hiroshi
Hiroshi
僕もライティングの営業をするときは、いつもブログの実績を記載しており、最近ではほぼ確実に仕事が取れています。

ブログをやっているWebライターはあまりいないので、初心者のうちからブログを始めておくのが超おすすめ。

ブログが伸びてくれば、ライターとブログで収入源を2つ作ることもできますしね。

【やらないと損】Webライターにブログをおすすめする理由【初心者必見です】

 

なお、ブログはWordPressで開設するのがおすすめでして、それは企業のWebサイトの大半がWordPressで構築されているから。

WordPressでブログを開設していれば、クライアントの案件に対して「WordPressへの直接入稿」も可能で、単価アップが期待できます。

以下の記事にて、誰でも簡単にできるWordPressブログの作り方を開設しているので、ぜひ参考にどうぞ。

1時間でできる!WordPressブログの始め方完全版【初心者でもできます】WordPress(ワードプレス)でブログを作ってお金を稼ぎたい人向け。本記事では、WordPressでのブログの始め方を、初心者の方でもわかるように超絶丁寧に解説しています。さらに、収益化のためにすべきこともまとめている完全版のブログマニュアルなので、必見です。...

勉強したら、Webライターの仕事を取りに行こう

勉強したら、Webライターの仕事を取りに行こう

勉強をしたら、Webライターとしての仕事を取りに行きましょう。

おすすめはクラウドソーシング系のサイトですね。

この2つが鉄板。

いろいろなライティング案件が転がっているので、できそうな案件に応募してみてください。

応募する案件の条件・ポイント

  • 固定報酬制(プロジェクト案件)
    →タスク案件だと確実に消耗
  • 文字単価:0.5円〜1円くらい
    →文字単価0.5円以下だと安すぎて消耗

応募する案件を決める際には、上記の2つを意識しましょう。

ご自身でブログを持っていて、何記事か書いている状態であれば、文字単価1円弱の案件は獲得できるはずです。

 

なお「応募=受注」ではなく、応募しても普通に落ちます

特に初心者のうちはなおさらです。

なので、興味のある案件にはガンガン応募していくようにしてください。

いきなり仕事を取れってあるけど…

他のサイトでは、「本で基礎的な勉強をしたらいきなり仕事を取れ」とありますが、個人的にはやはりブログでワンクッション挟むのがおすすめ

理由は以下の2つ。

  1. 仕事=お金が発生するので、心理的なハードルが高め
    →ブログは自分で完結するのでハードルなし
  2. 自信やスキルゼロの段階だと、クライアント目線で負担が大きい

つまり、自分的にもクライアント的にもメリットがあまりないから。

 

特に②ですね。

確かに、実際の仕事を通じて得るものは本当に大きく、スキルアップにつながります。

でも、完全初心者の書いた記事を納品されても、クライアント側のチェックの負担が大きかったりするわけですよ。

お金をもらう以上は、自分の成長だけではなく、クライアントに貢献できるかどうかを考えるべきです。

 

ただ、かといってずっと勉強ではお金にもなりませんし、スキルも上がりません。

なので、ある程度勉強をしたタイミングで勇気を出して仕事を取りに行きましょう

目安的には「ブログで10〜20記事くらい」ですかね。

これくらい書けば、だいぶライティングにも慣れていますし、クライアント側にも執筆の実績として提示できますので。




初心者向け・Webライターの勉強法のまとめ

初心者向け・Webライターの勉強法のまとめ

Webライターの勉強から実際の仕事までのステップをまとめると、以下のような感じです。

  1. 本で基礎を学ぶ
  2. ブログを開設して知識のアウトプット
  3. クラウドソーシングサイトで受注

なお一応補足しておくと、最初の数ヶ月はなかなか稼げません。

そして大半の人が、数ヶ月だけやって「稼げない」といって辞めていきます。

 

でも、Webライティングってコツコツと実績を積み上げていって、単価をアップさせていく類の仕事です。

ブログとライティングをちゃんと取り組めば、1年後には僕のように高単価案件を獲得できるようになるはず。

 

Webライティングは、頑張った分だけ報われていきますので、これから始めようとする方は、ぜひコツコツと頑張っていきましょう!

WordPressブログの作り方

1時間でできる!WordPressブログの始め方完全版【初心者でもできます】WordPress(ワードプレス)でブログを作ってお金を稼ぎたい人向け。本記事では、WordPressでのブログの始め方を、初心者の方でもわかるように超絶丁寧に解説しています。さらに、収益化のためにすべきこともまとめている完全版のブログマニュアルなので、必見です。...

 

Webライティングの勉強におすすめの本

※武器としての書く技術はKindle Unlimitedの無料体験で読めます。