公務員の仕事のリアル

【経験談】公務員の仕事がつまらない理由。人生に悩む公務員はどうすべき?

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

公務員の人
公務員の人
公務員の仕事がつまらない…
確かに安定していて、毎月固定の給料がもらえるのはありがたいけど、自分の人生は本当にこのままで良いのかな…

 

よく言われることかもですが、公務員の仕事はつまらないです。

しかし、自分が公務員の時はつまらない本当の理由が分からず、人生に悩んだり、悶々としたりしてしまうもの。

Hiroshi
Hiroshi
僕ももちろんそうでした。
2年目のときに本当に仕事がつまらなくて、日々悩んでいた記憶があります。

 

僕自身、公務員を辞めていろいろと行動をする中で、客観的に見えてきた部分がたくさんあります。

今回は「公務員がつまらない…」と感じる方に、退職した僕の経験から言えることをシェアしていきます。

 

本記事の内容

  • 公務員の仕事がつまらない3つの理由
  • 人生に悩む公務員がすべきこと

この記事を書いている僕は、県庁に首席入庁したものの、2年で退職した経歴を持つ元公務員。

現在は公務員を辞め、IT系の仕事をしています。

 

「公務員の仕事がつまらない」と大いに悩んだ過去、そして退職して違う道を選んだ経験から、よりリアルで実りのある声をお届けできるかと。

3分ほどで読めますので、ぜひ最後までお付き合いください。

退屈な人生?公務員の仕事がつまらない3つの理由

退屈な人生?公務員の仕事がつまらない3つの理由

そもそもなぜ公務員の仕事はつまらないのか。

部署ごとの仕事の中身の差はあれど、基本的には以下の3つに集約されると考えられます。

  1. 前例踏襲
  2. 価値を生まない・役に立っているか分からない仕事ばかり
  3. モチベーションが上がらない

理由①:前例踏襲

1つ目が「前例踏襲」。

公務員の仕事は、前の年と同じ流れで行なっていくのが基本です。

自分で何かを考えるのではなく、過去の例やマニュアルに沿って仕事をすることが求められるため、裁量権は特にありません。

基本は「やらされる仕事」なので、やりがいを感じることは難しいです

 

でも、中には自分で考えることが必要な仕事もあるでしょ?
前例を壊す努力もしないで、「前例踏襲だからつまらない」は違くない?

こんな疑問を抱かれることもあると思います。

しかし、自発的に新しいことをしようにもコストがかかりすぎるんですよね…

 

何かをするにあたっては、やはり「前例」が求められるので、前例がない全く新しいものをしようとすると、とにかく説明&説明。

Hiroshi
Hiroshi
他の自治体の前例などで効果が実証されていないと、予算はなかなか取れませんね。

 

もちろんそれが上に納得される保証はどこにもありませんし、新しいことを始めても別に給料は上がりません。

となると、結局は前例に則っただけの仕事をこなすことが大半になり、自発的に動くことはないまま。

 

つまり、「前例踏襲がつまらない」と感じる過程は以下のとおり。

  • 前例踏襲は確かにつまらない
  • でも、それを覆すだけの仕事をするモチベーションもない(労力・給与面)
    →面倒で大変なことは嫌だから、前例のままで進める

上記のようなパラドックスが生じるんですよね…

 

「このままは良くないけど、変えようとすると大変になるだけ」と思いから、なんとなく仕事をやり過ごす日々。

いろいろと悩みがちなのは、至極当然だと思います。

Hiroshi
Hiroshi
僕は「このままでは自分が腐っていく」と感じていました。

理由②:価値を生まない仕事ばかりでやりがいがない

2つ目の理由が、価値を生んでいるのか分からない仕事が多いこと。

実際に公務員として働いていたからこそ分かりますが、公務員の仕事は不毛なもの・価値を生まないものが多すぎます。

  • 調整と説明ばかり
  • 上の人を納得させるためだけの資料作り
  • 議会の答弁書の言い回しや「てにをは」を直すのに何時間もかける
  • 知事などが挨拶する際の挨拶文を何日もかけて作る(挨拶文どおりに読むことはほぼなし)

 

言い方はよくないですが、公務員は巨大な官僚組織のコマに過ぎません

行政組織は数千人・数万人単位のピラミッド型の構造なので仕方ないかもですが、仕事の中身は総じて「調整」や「手続き」が非常に多いです。

その類の仕事は何か価値を提供したり、直接的に誰かの役に立つわけではありません。

 

本来は住民の方の役に立つことが公務員の仕事なのに、それを実感する仕事はないのですから、つまらないと感じてしまうんです。

理由③:モチベーションが上がらない

3つ目が、モチベーションが上がらないことです。

前例踏襲で自分の裁量がなく、かつ価値を生まない・役に立っているか分からない仕事をするのに加え、頑張っても頑張らなくても給料は変わりません。

Hiroshi
Hiroshi
公務員の給料は、基本的に同期が横並び。
差がつかないので、ダラダラしている怠け者の方がぶっちゃけコスパ良いです(笑)

仕事内容的にも、待遇的にもモチベーションが上がらないので、つまらないと感じるのは当然といえば当然ですよね。

 

仕事の面白さ・つまらなさを決める上で、モチベーションは不可欠。

仕事内容が微妙でも、頑張りが評価されるのであればモチベーションが生まれて、仕事にのめり込める可能性があります。

待遇的には横並びでも、仕事内容に面白さを感じていれば、高いモチベーションをキープできる&つまらなさは感じないでしょう。

 

公務員の場合、仕事内容的にも給与体系的にもモチベーションを上げづらいので、仕事がつまらないと感じがちです。

Hiroshi
Hiroshi
そりゃそうだろって感じですが…

【仕事がつまらない】公務員が人生に迷うのは割と普通のことだと思う

【仕事がつまらない】公務員が人生に迷うのは割と普通のことだと思う

仕事がつまらないことが原因で悩んでいる公務員の人もいると思うんですが、ぶっちゃけそれってめちゃ普通だと思います。

普通に考えて、公務員の仕事はつまらないですからね。

 

いくら今のところは安定しているとはいっても、つまらない仕事で人生を浪費している気がするのは全くおかしくない感情です。

特に若いうちはそうですよね。

Hiroshi
Hiroshi
僕もつまらない仕事に消耗し、「こんな生活をあと40年も続けるのか」と思うと絶望していました。

 

確かに「仕事=つまらないもの」と割り切って、公務員を続けている人や、そもそも公務員の仕事に対して何の疑問も持たない人もいます。

でも、仕事って人生の中でも多くの時間を費やすものです。

 

たった一度の人生の充実度を考えた時に、つまらない仕事をしていることに疑問を抱くのも全くおかしくありません。

Hiroshi
Hiroshi
僕はまさしくそのパターンで、「人生の中で安定や社会的信頼ってそんなに大事なのか?」と考えていました。
そのあたりは個人の価値観の問題なので、別にどんな価値観が変とかはありません。

つまらない仕事で人生に悩んでいる公務員がすべきこと

つまらない仕事で人生に悩んでいる公務員がすべきこと

「仕事がつまらない…」「自分の人生ってこれで良いのかな…」と悩んでいる公務員の方はなにをすべきか。

それは「新しい行動」です。

なぜなら、自発的な行動は充実感を生んでくれるから。

 

公務員の仕事がつまらない理由の1つに、裁量がなくて前例踏襲が求められることと書きました。

つまり、誰かが決めた仕事を、誰かが決めた方法でやっているんですよね。

前例やマニュアル通りに仕事をこなすことが重要で、自分の考えを反映させる余地がありません。

 

一方、自分で「これをやろう」と決め、ちょっと勇気を出して動いてみると、見える景色が変わります

ほんの小さなことでも、「自分で考えて始めた」ということが公務員の仕事とは決定的に違うわけなので。

 

たとえそれが失敗したり、3日坊主で終わったとしても、自分で行動したことは紛れもない事実。

だからこそ、なんとなく満たされた気持ちになれますし、また次の行動を始めるモチベーションが生まれますよ。

やりたいことがない人こそ、行動をすべき

でも別にやりたいこともないから、行動って言われてもピンとこないなぁ

こんな人も中にはいると思います。

そんな人こそ、なんでもいいんで動いてみるべきです。

 

なぜなら、やりたいことは急に降って出てくるものではなくて、行動をする中で見つけるものだから。

何もしていないのに、やりたいことができるわけないんですよね。

  1. 興味本位で何か始めてみる
  2. 面白くてハマる
  3. もっとやりたい!

ふつうはこんな流れです。

 

もちろん僕もそうで、公務員として働きながら、なんとなくブログを書いていました(このブログではありません)。

そして書いているうちにブログが楽しくなり、今では生活費程度の収益を得つつ、ブログを書き続けています。

 

だから「やりたいことがない」なんて迷っているのは時間の無駄で、とりあえず動いてみるべきなんです。

Hiroshi
Hiroshi
やりたいことを見つけるためにも行動すべき。

 

プログラミング等の勉強を始めるもよし。

公務員のつまらない仕事が嫌なら転職活動を始めるのもよしです。

 

またガッツリした転職活動はハードルが高いなら、とりあえずリクナビなどの転職サイトに登録して求人を眺めるだけでも良いでしょう。

さらに、今ではミイダスなど、無料登録するだけで市場価値を測ってくれる&オファーが来るサービスもあります。

今の時代、無料でなんでもできます。
行動に必要なのは、ほんの少しの勇気だけです。

 

別に公務員の仕事を辞める必要はありません。

ただ、悶々としているくらいなら、自発的に新しい行動をした方が確実に充実感を得られますので、ぜひ動いてみてください。

【仕事がつまらない】人生に悩む公務員がすべきことのまとめ

【仕事がつまらない】人生に悩む公務員がすべきことのまとめ

公務員の仕事は、その仕組み的につまらない可能性がかなり高いです。

だからこそ、「安定と引き換えにつまらない仕事で人生を無駄にしてる感」を抱きやすいのは否めません。

それで悩んでいたり、悶々としているのであれば、ぜひ自発的に行動してみてください。

 

記事の中でもお話ししましたが、自分で決めて動いてみると心が本当に充実します。

公務員のつまらない仕事では得られない充実感が得られ、それが人生を変えるきっかけになるかもしれません。

 

行動すること自体にリスクなんてないので、公務員の仕事で自分の人生に悩むくらいなら、今すぐ動いてみてください。

【無料】ミイダスで自分の市場価値を見てみる

 

関連記事