公務員の出世・キャリア

公務員はオワコン?その理由と、オワコン化する公務員がやるべきこと

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

安定職として人気の高い「公務員」ですが、近年では社会情勢の変化やAI等のテクノロジーの進展によって、その将来性に疑問の声が聞こえるようになりました。

 

公務員試験受験者
公務員試験受験者
公務員になりたいって思ってるんだけど、最近「公務員はオワコン」って言われているから不安だ…

これから公務員試験を受けようと思っている方の中には、このように心配に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで本記事では、「公務員はオワコンなのか」というテーマで書いていきます。

  1. 公務員がオワコンと言われている理由
  2. 公務員はこれからどうなることが予想されるのか
  3. これから公務員試験を受ける方がやるべきこと

以上の3つのポイントについて、元県庁職員の筆者がくわしく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

公務員がオワコンと言われている理由

公務員がオワコンと言われている理由

「公務員がオワコン」と言われているのは、簡単に言うと以下の3つの理由によるものです。

  1. 人口減少&税収の減少
  2. AI導入による業務効率化
  3. 業務の中でスキルが身につかない

それぞれについて順に深掘りして解説していきます。

人口減少による税収の減少

みなさんご存知の通り、日本の人口は減り続けているのと同時に、高齢化も進んでいるので、単純に税収が減ります。

つまり、限られた税収の中で人件費を捻出しないといけなくなるため、公務員の給料が減らすor今よりも公務員を減らす必要が出てくるということです。

今までは民間企業よりも高い基準で安定していた公務員ですが、税収が減ってしまう以上は安定性が揺らぐのは容易に想像できますよね。

また、高齢化が進むということは社会保障負担などの支出が増えることと同義なので、財政が厳しくなる自治体も今以上に増えるでしょう。

国立社会保障・人口問題研究所の推計によると…

  • 2040年には総人口が約1億1000万人、65歳以上がそのうち35.3%
  • 2060年には総人口が9,284万人、65歳以上がそのうち38.1%

となっています。

公的機関の推計値が大きく外れることはまずないので、ほぼ間違いなく人口減少・少子高齢化は進んでいきます。

AI等による業務の効率化

近い将来、AIが公務員の仕事の現場に導入されたら、今の業務が圧倒的に効率化されます。

つまり、いま職員がやっている仕事をAIが代わりにやってくれるので、職員の数が今ほど必要でなくなるのです。

 

  • 窓口業務
  • 書類のチェック
  • 申請の確認
  • データ入力

上のような公務員の定型的な業務はほぼ全てAIで代替できますし、それ以外の業務に関してもAIが活躍する機会は多いでしょう。

僕も公務員として働いていたから分かりますが、時間だけかかる単純作業・定型的な作業がマジで多いんですよ。

近い将来、公務員の仕事の現場にAIが導入されれば、業務の効率化・住民の利便性の向上が図られる一方で、今ほど職員数もいらなくなるのは確実でしょうね。

スキルが身につかない

公務員は3年程度のスパンで異動があるので、業務の中で専門的な知識・スキルは身につきません。

また、基本的に副業も禁止なので、何か稼ぐスキルを身につけようとするモチベーションも湧いてこないでしょう。

つまり、公務員は「公務員という身分」を失ったら、自分の力で食っていくのが難しいのです。

 

しかし前述のように、将来的に公務員の身分の安定(収入・雇用面)は揺らぐ可能性が高いですよね。

  • 公務員という身分による従来の「安定」はなくなっていく
  • にもかかわらず、どこでも食べていけるスキルを持つという「安定」を得ることが禁止されている

このような感じで、公務員は時代に合わせた動きがとれません。

 

これからの時代の「安定」は、

  • 普遍的なスキルを身につけ、自分でお金を稼げるようになること
  • 複数の収入源を持ち、リスクヘッジをすること

という面が強いです。

公務員でいるということは、新しい「安定」を手にできないことと同義であるため、公務員はオワコンと言われているのでしょう。




オワコンと言われる公務員は今後どうなっていくのか

オワコンと言われる公務員は今後どうなっていくのか

これから公務員はどうなっていくんでしょうか?

元公務員が考えていることをまとめます。

終身雇用の崩壊?

奈良県生駒市長の小紫雅史さんが「公務員の終身雇用は10〜15年で崩壊する」と言っているように、「公務員だから大丈夫」と言っていられる状態は続かないでしょう。

ただ、いきなり公務員がリストラされる可能性は非常に低いと思われます。

 

  • 公務員は法律で守られている存在なので、公務員をリストラする=法律を改正するということ
  • しかし、そうなると公務員から大反対が起きることが予想される(法律の案文をつくるのは公務員)

という理由からです。

公務員も自分たちを守るために必死で抵抗するでしょうから、公務員がリストラされるようになる可能性はかなり低いかと。

採用数の削減

時代の流れを考えると、公務員の数自体は減らさないといけないので、採用数を減らしていくのが現実的かつ最も確率が高いでしょう。

誰もリストラされなければ、既存の公務員たちは特に不満を言わないですからね。

 

それはつまり、公務員試験での競争が将来的に激化するということです。

(まぁその頃には公務員という仕事が不人気になっている可能性もあるので一概には言えませんが)

個人的には、1人の人間が40年もいる組織は流動性がなくて正常とはいえませんし、採用数を減らしたら年寄りばかりになるので、組織にとってはデメリットも大きいと思うんですけどね。

給料が上がらない・差がつく

今は年功序列で給料が高まっていきますが、ほぼ間違いなく今ほど給料は上がらなくなるでしょう。

AIによって業務が減るのにリストラしない(多分)んですし、人口減少で経済が停滞して民間の給料が下がる(公務員の給料は民間に準拠)んですから当然ですよね。

 

ただ、その一方で給料に大きく差がつき始めると僕は踏んでいます。

「AIが業務に取り入れられる」「リストラはされない」という2つを前提にすると、今後の公務員は以下の2種類に分類されるでしょう。

  • 革新的な事業を考え、AIに指示を出すorAIを使う公務員
  • 指示待ちの公務員(仕事があまりない)

AIができるのは「推計」や「単純作業」です。その指示を出すのは人間=公務員です。

前者のような公務員は提供する仕事の価値が高いので、年齢を問わず給料も多くもらえるようになるでしょうし、もらうべきですよね。

(逆に今の年功序列のままだったら、そういう優秀な方はどんどん辞めていくでしょう)

 

一方、後者のような指示待ち系の公務員の仕事は、どんどんAIがやってくれるようになります。

仕事をしないんですから「ぶっちゃけいらないけど、リストラはできないから…」という理由で残しておくだけでになるので、給料も上がらないor下がるでしょうね。

 

  • 多くの職員の給料は上げない
  • AIを使えるような一部の優秀な職員の給料は上げる

全体の人件費が減る&リストラがない前提で考えていくと、このような感じで全体の給与体系を見直していく可能性が高いと考えられます。




これから公務員になる人がやるべきこと・考えるべきこと

これから公務員になる人がやるべきこと・考えるべきこと

これから公務員になろうと思っている方は何をすべきなのか、どのような考えで公務員になればいいのかを書いていきます。

都市部の自治体(東京都・特別区など)を狙う

将来的に公務員は安定しなくなり、二極化が進むという類の話を前述しました。

とはいえ、これから公務員試験を受ける人は、「なるべく長く公務員の従来の安定性というメリットを享受したい」と思いますよね。

そのためには、東京都や特別区といった都市部の自治体を狙いましょう。

  1. 都会の自治体は人口と税収が安定して多いため、財政状況がきわめて良好
  2. 人口が減っていくスピードがゆるやかであると見込まれるため、他の自治体よりも財政が安定した状態が長く続く

以上の2つの理由からです。

 

要は、都会の自治体は単純にカネとヒトが多いため、その分ほかの自治体よりも安定した地位が保たれる期間が長いということ。

逆に人口がどんどん減っている田舎の自治体は、残念ながらオワコン化が早く進むでしょう。

 

公務員の安定性が揺らいでいく最大の要因は、財政状況が悪いことです。

財政状況が良い=金がある・人口が多い自治体ならば、他よりも持ちこたえることができるので、従来のメリットをなるべく長く享受したいと考える方は、都会の自治体を狙うようにしましょう。

自発的な仕事ができる人材になること

これから公務員になる方は、自発的に行動ができる人材になる必要があります。

公務員になったから一生安泰。これからは適当に仕事をしてのんびり生きよう

前述のように、こんなスタンスの公務員は淘汰されるでしょう。

リストラはされないまでも、給料はなかなか上がらないでしょうね。

 

つまり、これからの公務員は革新的な政策を立案したり、AIを使う側になったりする等の自発的な仕事ができないといけないんです。

そういう人材ならば、仮に公務員の終身雇用が崩壊しても重宝されますし、給料的にも上がっていくでしょう。

これから公務員になる方は、ぜひ高い志を持ってほしいなと思います。

稼げるスキルを身につけること

これから公務員になるor現役公務員の方は、ぜひ稼げるスキルを身につけるようにしましょう。

公務員の給料は下がっていくことが予想されますし、生駒市長が言っている通り、終身雇用が崩壊して公務員がリストラされるようになる可能性も否めません。

しかし公務員の仕事は前述のようにスキルが身につくものではないので、いざそうなったら路頭に迷ってしまいますよね。

そんな時に備えて、人生の安定性を高める意味で「稼げるスキル」を身につけましょう。

 

公務員も副業解禁の動きが加速化しており、そのスキルが将来的に副収入につながるので、減った収入を補填することができます。

また、稼げるスキルがあれば、公務員をやめて別の道に行くという選択肢も出てきます。

 

公務員という仕事で失われる可能性が高い収入面の安定性を、自らの力(スキル)で補うイメージですね。

 

なお、どんなスキルでも良いと思いますが、おすすめは「プログラミング」です。

プログラミングは僕も公務員時代から勉強していましたが、公務員との相性が良いのに加え、どこでも稼げるスキルにつながります。

「公務員×プログラミング」については以下の記事でくわしく書いているので、あわせて読んでみてください。

公務員こそプログラミングを学ぶべき理由【終身雇用崩壊に備えよう】本記事では、公務員がプログラミングを学ぶべき理由について解説しています。終身雇用・年功序列が続くかどうか読めない中、公務員がプログラミングを勉強してスキルを上げることは大きな意味があります。学習方法やおすすめのプログラミングスクールも解説しているので、公務員の方は必見です。...

まとめ

本記事の内容をまとめます。

  • 公務員がオワコンと言われるのは、人口減少で給料が減り、AIの導入によって仕事がなくなるのに、業務の中でスキルが身につかないから
  • これからの公務員は、革新的なアイディアを持つような自発的な職員でないと生き残っていけない
  • 今後は、AIを自ら使えるような優秀な公務員と、AIによって仕事がなくなる公務員の格差が広がっていく
  • 公務員も副業が解禁されることが予想されるので、それに備えて自分でスキルを身につけるべし。それによって公務員の安定性が補てんされる

今回は「公務員はオワコンか」というテーマで書きましたが、優秀な公務員ほど「公務員は安泰じゃない」と考えて、行動を始めています。

今回は以上になります。ありがとうございました。