動画編集・YouTube

【要注意】公務員は副業で動画編集をしてOK?←違法の可能性が高い

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

公務員の人
公務員の人
公務員が副業で動画編集をするのはOKなの?
公務員の人
公務員の人
副業で動画編集にチャレンジしたいから、おすすめの勉強方法が知りたい。

 

YouTubeなどの動画コンテンツが盛り上がる昨今。

動画編集も副業として話題になっており、挑戦したい公務員の方も多いはず。

 

しかし、公務員は基本的に「副業禁止」です。

動画編集が禁止にあたる副業なのかどうか、心配するのは当然だと思います。

懲戒処分などのリスクもありますからね

そこで今回は、動画編集の副業×公務員に関してまとめました。

 

本記事の内容

  • 公務員は副業で動画編集をしてOK?
  • 公務員が動画編集スキルを身につけるメリット←本業にも生かせる
  • 動画編集のおすすめ勉強方法

この記事を書いている僕は、県庁に勤めていた経験を持つ元公務員。

YouTubeに動画投稿もしており、もうすぐ登録者が1万人のところまで来ました。

(以下がチャンネルです)

【元公務員】ヒロシ Channel

 

公務員・動画編集の両方に理解があるので、参考になるお話ができると思います。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

公務員は副業で動画編集をしてOK?

結論を言うと、公務員が副業で動画編集をするのは「NG」の可能性が高いです。

理由は単純で、公務員の副業禁止規定に当てはまると考えるのが自然だから。

 

公務員の副業禁止規定について

公務員に禁止される副業は、国家公務員法103条・104条、地方公務員法38条に定められています。

  1. 営利企業の役員になること
  2. 自分で私企業を営むこと
  3. 報酬を得て仕事に従事すること

内容を要約すると、上の3つが公務員に禁止される副業です。

動画編集は、この③に当てはまる可能性が高いでしょう。

 

動画編集の仕事は、報酬の対価として成果物(=編集した動画)を納品するものです。

アルバイトのような雇用関係がなくても、「③に該当=禁止の副業」と解釈するのが自然かなと。

Hiroshi
Hiroshi
判例がないので一概には言えない部分もありますが、結構危ないとは思いますね。

将来的には解禁になる可能性も

ただ、公務員の副業も解禁の動きが加速しています。

  • 兵庫県神戸市
  • 奈良県生駒市

この2つが先進事例で、「地域貢献活動」を条件に副業が解禁されています。

 

営利目的の副業とは文脈が少し違うかもですが、副業解禁の動き自体は事実。

動画編集等の個人で仕事を請け負う副業も、将来的には公式に認められるかもしれません。

Hiroshi
Hiroshi
政府も副業を後押ししていますからね。

参考:YouTubeはやって問題なし

また、YouTubeへの動画投稿・出演は公務員が行っても問題ありません

YouTubeへの投稿は個人の発信活動であり、表現の自由が認められてますからね。

Hiroshi
Hiroshi
YouTubeは「SNS」の1つです。
YouTubeを禁止したら、TwitterもInstagramも禁止しないと辻褄が合いません。

もちろん内容面への注意は必要ですが、基本的にOKの認識で良いかと。

 

なお、YouTubeの広告収入はグレーとしか言えません。

YouTubeの収入は、仕事の対価ではありません。
禁止される副業の条件①〜③のどれにも該当しないとも考えられます。

判例もないので、OKかどうかも判断もできないんですよね。

 

公務員もYouTuberになれる!でも副業としては微妙にある通り、YouTube収益化は超難しいですが…

公務員もYouTuberになれる!でも副業としては微妙【趣味ならOK】副業としてYouTube(ユーチューブ)が気になっている公務員向け。本記事では、公務員はYouTuber(ユーチューバー)になれるのかを、元公務員が解説しています。さらに、実際にYouTube投稿をしている筆者の目線で、公務員のYouTube副業についても語っているので、必見です。...

【副業は禁止だけど】公務員が動画編集スキルを身につけるメリット

公務員が副業で動画編集をするのは、現時点では禁止の可能性が高いです。

それなら動画編集を勉強しても意味ないね。

このように思うかもしれません。

しかし、公務員が動画編集スキルを身につけるメリットはかなり大きいですよ。

動画編集スキルがあれば公務員としての価値も上がる

理由は単純に、他の人と差別化になる→本業に生かせるから。

同じ自治体の職員の中で、動画編集スキルを持っている人は非常に少ないはず。

公務員のような組織では、新しくスキルを身につける必要性が特にないので

あなたが動画編集スキルを持っていたら、他の人との違い=価値になりますよね。

 

例えば、動画編集スキルがあれば、自治体の魅力などを発信するYouTube事業ができるはずです。

従来は、広告会社に莫大な予算を投じるPR事業が主流でした。
しかし、費用に見合った効果があったのか謎です…

一方、職員主体ならお金もかかりませんし、単純に取り組みとして面白いと思いますよ。

当然、それを提案&事業化して結果を出せれば、あなたの価値も確実に上がるでしょう。

Hiroshi
Hiroshi
生き残るために、どの自治体も尖ったPR施策が必要になっています。動画編集・制作は、それにぴったりです。

 

将来的に、人口減少などで職員間の格差も広がると予想されます。

その中で生き残るためには、公務員もスキルアップをして、自らの価値を高めることが必須です。

補足:公務員が副業で動画編集をしても多分バレない

正直な話、公務員が副業で動画編集をしてもほぼバレません。

(あまり大きな声では言えませんが)

 

個人で仕事を請ける場合、副業がバレるのは「住民税の納付額」です。

住民税の納付額が多い→他で収入がある→副業をやっている

そして住民税の納付額は、確定申告で「自分で納入」の手続きをすれば職場に知られることはありません

(詳しくはググってください)

 

動画編集の副業は褒められたものではないので、堂々と「やりましょう」とは言えません。

なので完全自己責任でお願いしたいのですが、バレない方法もあることだけお伝えします。

(もちろん自分で言いふらしたらバレますが)




公務員におすすめの動画編集の動画編集の勉強方法

動画編集を行う際に必要なスキル・それを身につける勉強方法を紹介します。

Hiroshi
Hiroshi
主にYouTubeを念頭にしています!

動画編集のおすすめソフト・必要なスキル

「動画編集」と言ってもソフトは様々ですが、ソフトに迷う必要はありません

Adobe」一択です。

 

おすすめの編集ソフト

  • Premiere Pro:動画編集の基本ソフト
  • After Effects:高度なアニメーション・表現を作れる
  • Photoshop:画像編集ソフト。YouTubeのサムネイル作成で使う

Adobeは世界的にも使っている人が多いですし、実際の仕事も基本Adobeです。

Hiroshi
Hiroshi
表現できる幅、効率的な編集など、他のソフトとは一線を画していると言われます。もちろん僕もAdobeユーザーです。

 

動画編集で必要なスキル

  • カット
  • テロップ入れ
  • BGM入れ
  • 効果音の挿入

基本は上記で、YouTubeの動画を作る際には主に「Premire Pro」を使います。

(After Effectsは難しく、使わない人も多いです)

なので、勉強する際にはまずPremiere Proを勉強してください

動画編集のおすすめ勉強方法

勉強方法は独学でOKです。

Hiroshi
Hiroshi
何十万円もするスクールに通う必要はありません。
トップYouTuberの方も、独学で学んでいるはずです。

独学と言っても勉強方法はいろいろですが、僕は最初にオンライン講座を受講しました

 

ちなみに、僕が受講したのは「MovieHacks」です。

Premiere Proを使った動画編集・Photoshopを使ったサムネイル作成を学べる講座で、基本を最速で学べます。

  • 4,000人以上の受講実績
  • 無駄を省いた効率的なカリキュラム
  • 講師への質問無制限

信頼もありますし、なにより挫折せずに楽しく学べますよ。

 関連記事:動画編集教材MovieHacksをステマなしでガチ評価

 

MovieHacksは案件の紹介もあるので、お仕事にもつながりやすいです。

【公式】Movie Hacksの詳細はこちら

最速で基礎が身につく動画編集教材

 

その他の勉強方法については、YouTuberが語る、動画編集の独学勉強方法5選で解説しています。

こちらもあわせて読んで、ぜひ比較&検討してみてください。

【YouTuberが解説】独学で動画編集スキルを習得!おすすめの勉強方法5選【初心者OK】独学で動画編集のスキルは身につくのか?結論をいうと、スクールや専門学校に行かずとも、オンライン講座を利用すれば身につけることができます。本記事では、動画編集のおすすめ勉強方法について、現役YouTuberが経験をもとに解説しています。動画編集を副業・本業にしたい方、趣味でやりたい方は必見です。...

公務員の動画編集副業に関するまとめ

「公務員×動画編集」について書きました。

副業となると、動画編集はNGの可能性が高いです。

(事例・判例がないので一概には言えませんが)

住民税の申告方法だけ注意すればほぼバレないものの、やるならリスクを理解した上で自己責任でやるべきです

 

ただ、動画編集スキルを持つことで非常に大きなメリットがあります

本業にも生かせる&あなたの価値も上がる可能性が高いです。

副業関係なく、興味があるなら挑戦してみる価値は十二分にあるでしょう。

 

もちろん、スキル習得の勉強にはそれなりの時間とお金がかかります。

しかし、あなたの努力次第で何倍ものリターンが見込めますし、単純に楽しいですよ。

Hiroshi
Hiroshi
新しい勉強・努力をするのは、何歳になっても面白いです。
また、お金自体も何十万円とかかるものではないので、挑戦もしやすいはず。

 

思い立ったが吉日で、先延ばしにしてもマイナスにしかなりません

本記事を参考に、ぜひ動画編集にチャレンジしてみてください!!

 

関連記事

【YouTuberが解説】独学で動画編集スキルを習得!おすすめの勉強方法5選【初心者OK】独学で動画編集のスキルは身につくのか?結論をいうと、スクールや専門学校に行かずとも、オンライン講座を利用すれば身につけることができます。本記事では、動画編集のおすすめ勉強方法について、現役YouTuberが経験をもとに解説しています。動画編集を副業・本業にしたい方、趣味でやりたい方は必見です。...