公務員の仕事のリアル

【経験談】安定した公務員が将来に不安を感じる3つの理由【対処法も解説】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

公務員だけど、なんとなく将来に不安を感じる…
この先何十年も公務員を続けているイメージが湧かない…

 

「公務員」は、安定のイメージが根強い職業。

にもかかわらず、将来に漠然とした不安がある公務員は意外と多いです。

Hiroshi
Hiroshi
僕も公務員時代には、安定しているはずなのに漠然とした不安が常にありました。

ただ県庁を退職してしばらく経って、公務員時代の不安の正体が分かってきました

 

本記事の内容

  • 【前提】公務員の安定は多分この先も続く
  • 安定している公務員が、将来に不安を抱く3つの理由
  • 将来が不安な公務員へ

僕は新卒で県庁に入庁しましたが、今では退職してフリーでIT系の仕事をしています。

YouTubeで公務員系の動画も投稿していて、登録者が1.2万人ほどになりました。

【元公務員】ヒロシ Channel

 

この記事で漠然とした不安の正体・理由が分かり、より明るい未来につながるはず。

3分ほどで読めるのでぜひ最後までお付き合いください。

【前提】公務員の将来は暗い?←安定は多分続く

最近は「公務員はオワコン」的なことを言う人も多いです。

  • AIに仕事を奪われて、公務員の仕事はなくなる
  • 人口減少などで公務員は将来的にリストラされる

特にビジネス系のインフルエンサーの方が上記を言っている印象。

 

しかし、普通に考えて公務員の安定は続くはずです。

  • AI等が公務員の仕事に導入されるのは、おそらく超遅い
  • 公務員の身分は法律で守られている
  • その法律の案を作るのは公務員。議員も役人を的に回したくないはず

理由は色々ありますが、主に上記の3点。

業務効率化・税収減で職員数は減るでしょうが、その場合も採用数抑制がセオリーです。

Hiroshi
Hiroshi
リストラ・クビは正直想像がつきません。
ビジネス系インフルエンサーは役所のことを知らないので、あまり感化されない方が良いかなと、、

 

確かに人口・税収が減る以上、待遇面は今より悪くなるかもしれません。

しかしそれでも財源が税金なので、普通の民間に比べたら圧倒的に安定するでしょう。

関連:【将来性】公務員は本当にオワコンなのか?←民間も同じでしょ

安定した公務員が、将来に不安を抱く理由【特に若手】

公務員の安定は、今もこれからも続いていく可能性が高いです。

にもかかわらず、将来に漠然とした不安を覚える公務員は意外にも多い…

  • やりがいのない仕事への違和感
  • 組織への依存度が極めて高く、専門性が身につかない
  • 「人生これで良いのかな」感が強い

僕の経験をもとにすると、その理由・要素は上記の3点です。

①:やりがいのない仕事への違和感

公務員の業務では、自分のやった仕事の価値が非常に分かりにくいです。

  • 議員や上ばかりを見る
  • 文書の「てにをは」や言い回しを決めるのに延々と議論
  • 組織内部での調整

行政運営の上では、もちろん回り回って大事な仕事なんだと思います。

でも「自分の仕事が何の役に立っているのか」が分かりづらいのは否めません。

必然的に、やりがいを感じるのは難しいです。

 

何かを変えたいと思っても、前例踏襲の組織風土では煙たがられます。

その上、何をするにも上に説明・納得してもらう必要があります。

そしてアクションを起こして結果を出しても給料は変わりません。
「変えようとするコスト」と「報酬」が見合わないので、最も楽な現状維持に流れがちです。

自分でやりがいを見つけようにも、モチベーションの面で厳しい。

 

上記から必然的に「自分の仕事はこのままで良いのかな?」と違和感が生まれます

この違和感が「何十年も公務員を続けること」への不安につながります…

②:組織への依存度が高く、専門性が身につかない

公務員は3年程度のスパンで異動があるのが特徴です。

専門知識・スキルは身につかず、業務はマニュアル化されています。

仕事で身につくのは、文章を書く技能くらい。
市場で評価されるスキルは身につかず、副業も禁止です。

組織依存度が極めて高く、年齢を重ねるごとに公務員を続けざるを得なくなります。

 

確かに公務員は安定した職業です。

しかし、万が一に備えられない・年を経るごとに身動きが取れなくなるのは事実。

公務員を続ける=公務員以外の選択肢・可能性を自分で潰すことです。
特に意識の高い人ほど悩みやすいと感じます。

特に若手の公務員は「何もできない人材になる」ことに不安を感じる人が多い印象。

「辞められなくなる」のは、公務員のデメリットの1つですね。

③:「人生これでいいのかな」感が強い

公務員を続けていると「人生これでいいのかな」と悩みます。

  • 安定した給料・信用度も高くて不自由のない生活ができる
  • でも仕事は面白くないし、やりたいことでもない

総じて日々の消耗を犠牲に安定を得ている気がしてモヤモヤするんですよね。

Hiroshi
Hiroshi
もちろん当てはまらない人もいるかもですが、そんな人はこの記事を読んでいないと思います

 

その現状に、なんとなく「人生これでいいのかな」と悩みます。

ただ、待遇は良い・やりたいことも特にないので、辞めるには至りません。
でも心のモヤモヤは常に残り、将来への漠然とした不安につながります。

この先数十年公務員を続ける=自分が上司のようになるイメージがつかないことも。

総じて金銭は安定しているけど精神は安定していない状態に陥りがちです。

Hiroshi
Hiroshi
安定=幸せとは限らないですからね。

将来が不安な公務員へ←新しい行動をしよう

安定している公務員も、長い人生を考えると不安に感じることが多いです。

僕も公務員時代、いつも将来への不安を抱いていた気がします。

 

ただ僕の経験上言えるのは、不安なのは「何もしていないからです。

何もしていないと、起こってもいないのに物事をネガティブに考えがち。
視野も広がらないので、自分の可能性を自分で閉ざしてしまいます。

一方、何かしていればネガティブになる暇なんてないです。

加えていろいろな可能性が見えるので、新しく行動を始めて損はありません。

①:転職活動

公務員を続けることに不安を感じる。でも自分に何ができるのか、何がやりたいのかもよく分からなくてモヤモヤが晴れない

将来に漠然と不安があるなら、転職活動をするのも1つです。

  • 公務員意外にどんな仕事があるのか
  • 自分の興味を持てそうな仕事はあるか
  • より自分に合った仕事はあるか

「他の可能性」を知ることができるので、かなり有意義です。

 

なお、別に転職活動したからといって、必ずしも転職する必要はありません。

仮に内定をもらっても辞退することは可能ですし、他の可能性・自分の価値や想定年収を知るのは、かなり視野が広がるはず。

実際「転職活動して内定を得たけど公務員を続ける選択をした」人も結構います。

転職活動することで、公務員の仕事の魅力に気づける可能性もありますよ。

 

【無料】おすすめの転職サイト

最大手のリクルート系がおすすめ。

ライトに始めるなら転職サイト、ガッツリ行うなら転職エージェントですね。

悶々と悩む時間は何も生まず、自分で動いた方が明らかに生産的ですよ。

②:スキルアップの勉強

スキルアップの勉強を始めるのもおすすめ。

専門性を高めることもできる上、通常業務にも生かせるからです。

例えば、マーケティングスキルがあれば転職・独立の可能性も出ます。
通常業務でも、事業立案・イベント集客などで生かせるでしょう。

将来的な選択肢だけではなく、今より視野が広がるはずです。

Hiroshi
Hiroshi
僕も退職後は主に「Webマーケティング」で飯を食っていますが、県庁でやっていた仕事にも活かせたなと心から思いますね…

 

働きながら自主的にスキルアップの勉強をするのは、確かに大変です。

しかし新しいことを学ぶのは楽しく、ネガティブなことを考える暇がなくなります。

公務員は守られた身分なので、安定した待遇を享受しながら学べます。
リスクを減らしつつ新しい挑戦ができるのは大きなメリットです。

将来が不安な人ほど、勉強して不安を解消させてください。

※おすすめスキル等は以下の記事で解説しています。

関連:【2021年】公務員が行うべきスキルアップとは【将来が不安な人向け】

公務員が将来に不安を抱く理由と対処法のまとめ

安定の代名詞的な公務員も、実は将来に漠然とした不安を抱えているはず。

待遇に不満はなくて社会的信頼も高いから、おそらく安定した人生は送れる。
でも「本当に人生これで良いのか」と悩みがちです。

僕も同じだったので、気持ちは本当に分かります…

Hiroshi
Hiroshi
人生一回きりですし、安定=幸せとは限らないですからね。
精神的に安定しないと、なかなか悩みは尽きません。

 

でも、周りや環境が変わることはあり得ません

不安を解消するには、自分で新しく行動することが不可欠です。

  • 転職活動を少し始めてみる
  • スキルアップの勉強をやってみる

身構えず気軽な気持ちで何か始めると、それがきっかけで色々変わるかもしれませんよ。

Hiroshi
Hiroshi
僕のように「辞める」のは万人にすすめられません。
安定を得ながら挑戦して「公務員」の身分を生かすのがおすすめ。

 

とにかく、漠然と悩む・悶々と考えるのはマジで時間の無駄です。

思い立ったが吉日なので、少しだけ一歩を踏み出してみましょう。

 

関連記事(行動用)