公務員の退職・転職

公務員を辞めたい40代へ。今すぐ行うべきことはコレ【元県庁職員が語る】

こんにちは!元公務員のHiroshiです。

40代公務員
40代公務員
今まで長く続けてきたけど、公務員を辞めたい…
でもやっぱり安定を捨てることに迷いがある。
周りに40代で公務員を辞めている人もいないし、相談しても確実に止められる。
どうすべきか分からない。。

上記のように、「公務員を辞めたい」と考えている40代の方の悩みを解決していきます。

 

本記事の内容

  • 公務員を辞めたい40代の方が行うべきこと
  • 40代で公務員を辞めたいなら、スキルを身につけるべき話

この記事を書いている僕は、20代で公務員を退職した25歳の元県庁職員です。

「そんな若造では参考にならない」と感じる方は、このままページを閉じてかまいません。

しかし、公務員を退職してから自分で色々と挑戦をして、今では県庁時代以上の月収を得ているので、価値のあるお話ができるかと。

 

また、他のサイトの記事は雇われライターが適当に書いた記事であり、似たような内容が多くて全く参考になりません

Hiroshi
Hiroshi
僕も退職に悩んで色々調べていたとき、参考になる記事がほとんどなかったのを覚えています。。

本記事では、実際に退職した僕の経験や考えをもとに書いているので、他のサイトよりも参考になるかと思います。

3分ほどで読めますので、最後までお付き合いいただけたら幸いです。

公務員を辞めたい40代の方がまず行うべきこと

公務員を辞めたい40代の方がまず行うべきこと

公務員を辞めたいと悩む40代の方は、まず「情報収集」をするべきです。

具体的には、「実際に公務員を辞めた人の情報」ですね。

 

というのも、公務員を辞めたい方の不安・悩みは「情報がないこと」に由来するものだから(何事もそうですが)。

情報がないからこそ、ネガティブな固定観念に踊らされたり、周りの人からの圧力に苦しんだりするわけです。

でも2秒ほど考えると分かりますが、公務員とは関係ない人が「公務員を辞めたら終わり」とか言っても説得力ないですよね。

だからこそ、実際に公務員を辞めて他の道に進んだ人の経験談を聞いて、自分の今後の判断に生かすべきなんです。

 

聞くべき情報(経験談)としては、以下のようなもので良いかなと。

  • なぜ辞めたのか
  • 辞めて何をしているのか
  • 退職までにどのような行動をしたのか
  • 退職して後悔はないか
  • 退職にあたって準備すべきことはなにか

思いつくものを挙げてみました。

辞めた人の経験談を集めていくと、自分にあてはめて考えることができますので、後悔のない選択につながりますよ。

情報の集め方は?【おすすめ本の紹介】

40代公務員
40代公務員
でも、周りに公務員を辞めた人なんていないし、どうやって退職経験者の声を集めればいいんだろう?

がんばってググれば退職経験者が出てくるかもですが、冒頭でも書いた通り、サイトの大半は雇われライターが書いた記事です。

なので、ネットを使った情報収集はぶっちゃけ微妙ですね。

誰が書いているか分からないので、信頼性にかけます。

 

そこでおすすめは「本」です。

中でも「公務員、辞めたらどうする?」という本が非常におすすめ。

こちらは、文部科学省を30代で退職した方の本であり、その方が退職した経緯や退職にあたって準備すべきことが書かれています。

さらに、公務員を退職した方(50名!)が、それぞれどんな道に進んでいるのかも取り上げられています。

公務員退職経験者の情報集めに際して、これ以上ないと言える良書ですね。

 

なお、今ならKindle Unlimitedの対象です。

Kindle Unlimitedは月額980円の電子書籍サービスですが、1ヶ月の無料体験ができるので、0円で読めます

無料体験期間に解約すれば、お金は一切かかりませんので、情報収集としてぜひ読んでください。

Hiroshi
Hiroshi
Kindle端末は不要で、スマホやタブレット端末で気軽に読めますよ。

【無料体験】Kindle Unlimitedはこちら

対象本は急に変わるので、お早めにどうぞ

※ちょっと宣伝

有料サービスにはなりますが、僕の方でも相談を受け付けています。

詳しくはご相談依頼のページをご覧ください

40代で公務員を辞めたいなら、スキルを身につけるべき話

40代で公務員を辞めたいなら、スキルを身につけるべき話

(ここからは僕の個人的な考えです)

一般に、40代で公務員から転職するのは非常に難しいと言われています。

その理由としては、以下です。

  • 公務員の仕事では、スキルが身につかない
  • 公務員的な価値観に染まっているため、利益を追求する民間で使えないと思われている
  • 20代・30代のように、40代では再教育が難しいと思われている

つまり、公務員は市場で評価されないんです。年齢が上がるとなおさら。

 

しかも、40代の公務員は割と給料が高めで、年収700万円くらいはもらっているはず。

でも公務員は市場で評価されないんですから、仮に転職できたとしても、年収の大幅ダウンは避けられません。

仮に公務員の仕事から解放されても、年収ダウンによって生活の質が下がったら、、、

これはしんどいですし、家族がいたらより厳しいですよね。

 

そこで、公務員を辞めたい40代の方は「ITスキル」を身につけるべく努力すべきです。

(具体的にやりたいことがある方は、もちろんそれでOKです)

理由としては、需要が高くて年齢が関係ないから。

ITの領域は最も伸びている領域でして、この流れは将来的にも間違いなく続きます。

Hiroshi
Hiroshi
世界のトップ企業はみんなIT系ですよね。
Google・Apple・FaceBook・Amazon・Microsoftなど、、、

 

また、ITはスキルがものを言う世界なので、年齢は一切関係ありません。

自分の実力があれば個人でも仕事がとれますし、公務員時代を大きく超える収入を得ることも普通に可能です。

(実力とは単純な技術だけでなく、コミュニケーションや営業力なども含みます)

そして、ITスキルは普遍的な価値がありますので、転職市場でも評価されやすいです。

未経験で公務員から転職するよりも、勉強をしてスキルを身につけた方が良い待遇で転職できますし、給料も上がりやすいでしょう。

 

また、パソコンとWi-Fi環境さえあれば仕事ができるので、リモートワークも可能。

(IT系の会社はリモートのところが多いです)

つまり、自分の努力次第で、公務員よりも高収入で、かつ公務員よりも良い環境で働けるんです。

 

実際に僕も、公務員を辞めてITの道に進んだひとり。

決して楽なことばかりではなく、大変なときもありましたが、退職から1年以内で公務員時代の月収を超えました

自分の仕事が価値を提供して、その対価としてお金をいただいているのが楽しく、公務員時代とは比べ物にならないやりがいがあります。

身につけるべきITスキルとは

  • プログラミング
  • Webマーケティング
  • Webライティング
  • 動画編集←マーケティング視点で編集ができると強い

上記のとおり。

いろいろ挑戦してみて、「楽しい」と思ったものをやるのがおすすめです。

継続していくうちに、おのずとスキルは伸びていきますので。

ちなみに僕もすべて挑戦し、どれもある程度できるようになりました。

この4つは非常にホットなスキルで、かつ掛け合わせられるとかなり強いですね。

Hiroshi
Hiroshi
僕はWebマーケティング×Webライティングが得意です。

ITスキルを身につける方法

上記のとおり。

いずれも解説記事を載せておきましたので、ぜひ色々と挑戦してください。

 

なお、勉強には多少なりともお金がかかります。

でも、それくらい課金できないようだとNGですね。

自分の未来に投資できない方が、将来的に成功できるとはとても思えませんので。。

お金を出したとしても、自分で努力してスキルを身につけていけば余裕で回収できるので、ぜひケチらずに挑戦してください。

まとめ。公務員を辞めたい40代の方は、情報を集めつつ行動すべき

まとめ。公務員を辞めたい40代の方は、情報を集めつつ行動すべき

公務員を辞めたい40代の方が行うべきことに関して、本記事の内容をまとめると…

  1. まずは実際に公務員を辞めた経験のある方の情報収集をする
    →「公務員、辞めたらどうする?」がおすすめ(Kindle Unlimitedで無料)
  2. ITスキルを身につけるべく努力する
    →プログラミング・Webマーケティング・Webライティング・動画編集等がおすすめ

という感じ。

まずは自分で動いてみないと何も変わらないので、行動するのをおすすめします。

Hiroshi
Hiroshi
本などで情報収集をした結果、公務員を続ける選択をしてももちろんOKだと思います。

 

なお注意点として、スキルを身につけるための勉強は、公務員としての在職中の今すぐに始めるようにしましょう

理由は単純。辞めると固定収入がなくなるから。

退路を絶って勉強するのも否定はしませんが、収入がなくなるとメンタル的に不安定になります。

日々預金残高が減っていくのを見るのは、精神的に辛いはず。

 

それだったら、在職中の今すぐに勉強を始めて、今後にある程度の目処がたったときに退職した方がメンタル的に確実に安定します。

転職にしても独立にしても、最初は公務員時代よりも収入的に減るので、退職金はそれを補填するのに使った方が良いでしょう。

 

仕事をしながら勉強するのは体力的にも確かにしんどいです。

本当に仕事が嫌な場合、毎日職場に行くのもつらいかもしれません。

でも、より良い未来のためには、少し歯を食いしばって頑張らないといけません。

Hiroshi
Hiroshi
どうしても仕事が辛いなら、病気休暇を取得しても良いかもしれません。
病気休暇を取れば、お金をもらいつつ時間が得られるので。

 

いずれにせよ、このページをこのまま閉じても何も変わりません。

公務員としての現状に悩んでいるなら、なにかしらのアクションを起こしましょう。

以下に行動用のリンク(関連記事)を貼っているので、この機会にぜひ動いてみてください。

【無料体験】Kindle Unlimitedはこちら

 

プログラミングの勉強

公務員こそプログラミングを学ぶべき理由【終身雇用崩壊に備えよう】本記事では、公務員がプログラミングを学ぶべき理由について解説しています。終身雇用・年功序列が続くかどうか読めない中、公務員がプログラミングを勉強してスキルを上げることは大きな意味があります。学習方法やおすすめのプログラミングスクールも解説しているので、公務員の方は必見です。...

ブログの開設方法

1時間でできる!WordPressブログの始め方完全版【初心者でもできます】WordPress(ワードプレス)でブログを作ってお金を稼ぎたい人向け。本記事では、WordPressでのブログの始め方を、初心者の方でもわかるように超絶丁寧に解説しています。さらに、収益化のためにすべきこともまとめている完全版のブログマニュアルなので、必見です。...

Webライティングの勉強法

【初心者向け】Webライターの勉強法!独学で文字単価5円の僕が解説Webライターの勉強法が気になりますか?この記事では、Webライターに必要なスキルを解説した上で、そのスキルを学ぶのにおすすめの勉強法について解説しています。おすすめの本やその後の仕事の取り方にも触れていますので、副業・フリーランスとわず、Webライターになりたい方は必見です。...

動画編集の勉強

動画編集教材MovieHacksをガチ評価。2ヶ月で案件ゼロの男が語る口コミ【ステマなしでレビュー】動画編集教材・MovieHacks(ムービーハックス)の口コミや評判が気になりますか?本記事では、MovieHacksを受講した筆者が、ムービーハックスのメリット・デメリットを正直にレビューしています。なお、筆者は受講後2ヶ月間案件ゼロなので、ポジショントークのしようがありません。リアルな声をお届けしますので、ムービーハックスの受講を考えている方はぜひご覧ください。...